探偵 業界団体

探偵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 01:36 UTC 版)

探偵(たんてい、英語:private detectiveあるいはprivate investigator[注釈 1])とは、隠された事実を調べること、またそれをする人[1]


注釈

  1. ^ 日常的には、「the private eye」とも。
  2. ^ 現在のパリ警視庁の前身。
  3. ^ 注 - ヴィドックのこの数奇な人生が、コナン・ドイルに「シャーロック・ホームズ」の着想を、またヴィクトル・ユゴーに『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン英語版や彼を追うジャベール英語版の着想を与えた、とも言われる
  4. ^ 免許制になっている州では、探偵の免許はたとえば3段階に分けられており、消費者との商談が許される最上位の免許については取得に5年以上かかる[要出典]
  5. ^ 警察官は法律で職務内容や権限が定められる。また、公務で知ったことを私的に金銭目的で使用してはならない、と関連法で定められることが一般的である。さらに、警察官は警察学校を卒業し“法に遵い正しく職務執行します”と宣誓していることが多い。職務絡みの違法行為を為した者はこの宣誓にも背くことになり、処罰や人事処分を受ける。

出典

  1. ^ a b c d e f 『スーパーニッポニカ』「探偵」。梶龍雄 執筆担当。
  2. ^ 探偵の日 社団法人探偵協会、2017年1月27日閲覧。
  3. ^ ファミリーヒストリー「さだまさし~スパイだった祖父 大陸の奥地へ~」 - NHK
  4. ^ 梶龍雄「探偵」 『日本大百科全書』 15巻、小学館、1987年5月1日、76頁。ISBN 4-09-526015-7 探偵”. コトバンク. 2018年4月7日閲覧。
  5. ^ private detective services
  6. ^ 探偵社新聞集成明治編年史. 第七卷、林泉社、1936-1940
  7. ^ DV被害者、逃げたら「探偵に後をつけられるように…」加害者の依頼、見極めに苦慮する業界”. 弁護士ドットコム2020年11月28日記事. 2021年4月13日閲覧。
  8. ^ 「先物取引の損失戻す」と勧誘 探偵会社「コム」に注意”. 朝日新聞2020年8月5日記事. 2021年4月13日閲覧。
  9. ^ 「商品先物取引で被った損失を取り戻せる」などとうたい、高額な金銭を支払わせる株式会社コムに関する注意喚起”. 消費者庁. 2021年4月13日閲覧。






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「探偵」の関連用語

探偵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



探偵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの探偵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS