膠原繊維とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 細胞 > 原繊維 > 膠原繊維の意味・解説 

こうげん せんいかうげんせんゐ [5] 【膠原繊維】


コラーゲン

(膠原繊維 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/13 05:06 UTC 版)

コラーゲン英語: collagenドイツ語: Kollagen)は、主に脊椎動物の真皮靱帯軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、食品、化粧品医薬品など様々に用いられている。




  1. ^ a b c d e f g 小山洋一「総説 天然素材コラーゲンの機能性」 (pdf) 、『皮革科学』第56巻第2号、2010年8月14日、 71-79頁。
  2. ^ a b c 松岡真理 (2012年11月11日). “たるみに効くコラーゲンのとり方(日経ヘルス2012年8月号)”. 日経ヘルス. 2018年9月23日閲覧。
  3. ^ a b コラーゲンって本当に効果があるの? - 「健康食品」の安全性・有効性情報(国立健康・栄養研究所) 2012年12月28日
  4. ^ a b ひざサポートコラーゲン”. 消費者庁 (2017年5月2日). 2018年9月23日閲覧。 関節ケア”. 消費者庁 (2016年9月9日). 2018年9月23日閲覧。
  5. ^ a b Kim DU, Chung HC, Choi J, Sakai Y, Lee BY (2018年6月). “Oral Intake of Low-Molecular-Weight Collagen Peptide Improves Hydration, Elasticity, and Wrinkling in Human Skin: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Study”. Nutrients 10 (7). doi:10.3390/nu10070826. PMC 6073484. PMID 29949889. http://www.mdpi.com/2072-6643/10/7/826/htm. 
  6. ^ a b Asserin J, Lati E, Shioya T, Prawitt J (2015年12月). “The effect of oral collagen peptide supplementation on skin moisture and the dermal collagen network: evidence from an ex vivo model and randomized, placebo-controlled clinical trials”. J Cosmet Dermatol 14 (4): 291–301. doi:10.1111/jocd.12174. PMID 26362110. 
  7. ^ a b Inoue N, Sugihara F, Wang X (2016年9月). “Ingestion of bioactive collagen hydrolysates enhance facial skin moisture and elasticity and reduce facial ageing signs in a randomised double-blind placebo-controlled clinical study”. J. Sci. Food Agric. 96 (12): 4077–81. doi:10.1002/jsfa.7606. PMID 26840887. 
  8. ^ a b Genovese L, Corbo A, Sibilla S (2017年). “An Insight into the Changes in Skin Texture and Properties following Dietary Intervention with a Nutricosmeceutical Containing a Blend of Collagen Bioactive Peptides and Antioxidants”. Skin Pharmacol Physiol 30 (3): 146–158. doi:10.1159/000464470. PMID 28528342. 
  9. ^ Taga, Yuki, et al.. “Site-specific quantitative analysis of overglycosylation of collagen in osteogenesis imperfecta using hydrazide chemistry and SILAC”. Journal of proteome research 12 (5): 2225-2232. doi:10.1021/pr400079d. PMID 23581850. 
  10. ^ Ricard-Blum, Sylvie, and Florence Ruggiero (2005年). “The collagen superfamily: from the extracellular matrix to the cell membrane”. Pathologie Biologie 53 (7): 430-442. doi:10.1016/j.patbio.2004.12.024. PMID 16085121. 
  11. ^ Kadler, Karl E., et al. (2007年). “Collagens at a glance”. Journal of cell science 120 (12): 1955-1958. doi:10.1242/jcs.03453. PMID 17550969. 
  12. ^ Myllyharju, Johanna, and Kari I. Kivirikko (2004年). “Collagens, modifying enzymes and their mutations in humans, flies and worms”. TRENDS in Genetics 20 (1): 33-43. doi:10.1016/j.tig.2003.11.004. PMID 14698617. 
  13. ^ Byers P (2012) “Recessively inherited forms of osteogenesis imperfecta.”Annu Rev Genet. 46, 475-97 PMID 23145505
  14. ^ Forlino A (2011)“New perspectives on osteogenesis imperfecta.” Nat Rev Endocrinol 7, 540-57. PMID 21670757
  15. ^ Nagai, N., et al.(2000)"Embryonic Lethality of Molecular Chaperone Hsp47 Knockout Mice Is Associated with Defects in Collagen Biosynthesis"The Journal of Cell Biology 150(6), 1499–1505. PMID 10995453
  16. ^ Furue, Miho, et al. (2005年). “Leukemia inhibitory factor as an anti-apoptotic mitogen for pluripotent mouse embryonic stem cells in a serum-free medium without feeder cells”. In Vitro Cellular & Developmental Biology-Animal 41 (1-2): 19-28. doi:10.1290/0502010.1. 
  17. ^ Mallon, Barbara S., et al. (2006年). “Toward xeno-free culture of human embryonic stem cells”. The international journal of biochemistry & cell biology 38 (7): 1063-1075. doi:10.1016/j.biocel.2005.12.014. http://stemcells.nih.gov/StaticResources/research/Xeno-free_hESC.pdf. 
  18. ^ 三木敬三郎 『ヒトコラーゲン 驚異の「美肌再生法」―エステ界が待望した夢の化粧品!!』 アクト出版、2010年9月25日[要ページ番号]ISBN 978-4-421-00805-0
  19. ^ a b c d Iwai K, Hasegawa T, Taguchi Y, Morimatsu F, Sato K, Nakamura Y, Higashi A, Kido Y, Nakabo Y, Ohtsuki K (2005年8月). “Identification of food-derived collagen peptides in human blood after oral ingestion of gelatin hydrolysates”. J. Agric. Food Chem. 53 (16): 6531–6. doi:10.1021/jf050206p. PMID 16076145. 
  20. ^ a b コラーゲンやはり美肌効果あり 京都府立大など機能の一端解明」『京都新聞』2009年1月24日
  21. ^ 菊池宏和「「コラーゲン10000mg含有飲料」の摂取による肌に対する効果試験」『診療と新薬』第65巻第4号:抄録 論文実績 総合健康開発研究所
  22. ^ a b 春日井昇平、小山洋一 (2004年). “コラーゲン経口摂取が結合組織 (骨, 皮膚) におよぼす作用” (pdf). コスメトロジー研究報告 12: 107-112. http://www.cosmetology.or.jp/research_report/archives/2004/overview/12-21.pdf. 
  23. ^ 野口知里、小林身哉、小山洋一「20代から50代日本人女性における食事由来コラーゲン推定摂取量の特徴」、『栄養学雑誌』第70巻第2号、2012年、 120-128頁、 doi:10.5264/eiyogakuzashi.70.120
  24. ^ 石見佳子 (2004年11月4日). “コラーゲンの安全性と機能性”. 国立健康・栄養研究所. 2015年5月23日閲覧。







膠原繊維と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「膠原繊維」の関連用語

膠原繊維のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



膠原繊維のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコラーゲン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS