感慨深いとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 形容詞 > 形容詞(心情) > 感慨深いの意味・解説 

感慨深い

読み方:かんがいぶかい
別表記:感慨ぶかい

しみじみと感じ入るものがある感じ入っている、という意味で用いられる表現。「感慨」の語そのものが「心に深く感じる」というような意味合いであり、「感慨深い」という表現感慨充分感じ取っているようなさまを表明する言い方として用いられる。

「感慨深い」という表現が用いられる場面としては、たとえば「積年努力が実って遂に念願がかなった」「過去色々な出来事があったことを思い出す」というような場面が挙げられる。喜び達成感充実感・誇らしさなどの感情があったり、人情助けられたり奇縁恵まれたりあるいは世間逆風にさらされたりといった幾多記憶思い出されていたりと、種類程度も容易には表現しがたいものが胸裡去来している、そのような心境が「感慨深い」と表現されているものと捉えられる。

「感慨深い」には、「しみじみとした趣を感じる」 「風情がある」というような意味合いは特にない。

「感慨深い」状況と似た心境を指す表現として「万感の思い」という言い方もある。「万感は文字通りさまざまな感情のことである。「万感交到る」(ばんかんこもごもいたる)という慣用的言い回しで用いられることもある。

「感慨深い」は「考え深い」(かんがえぶかい)と混同される場合があるが、「考え深い」は思慮深く慎重であるさまを形容する表現であり、意味も用法大きく異なる。ただし「感慨深そうな面持ち」と「考え深そうな面持ち」のように、どちらをどちらと取り違えてもそれなりに意味が通りそうな文脈少なからずある。

かんがい‐ぶか・い【感慨深い】

[形]しみじみと心に感じ度合いが強い。「―・い思い出話




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感慨深い」の関連用語

感慨深いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感慨深いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS