かいきとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > かいきの意味・解説 

改軌

読み方:かいき

鉄道軌間変更すること。レールの幅を広げること、あるいは狭めること。

かい‐き【海気/海黄】

絹織物の一。ふつう縦糸横糸もともに練り糸を用いた平織滑らかで光沢がある。近世初期渡来した中国産で、日本でも甲斐国郡内地方産するようになり、甲斐絹の字を当てた。夜具地・羽織地などに用いられる。


かい‐き〔クワイ‐〕【怪奇】

[名・形動

あやしく不思議なこと。また、そのさま。「怪奇な物語」「複雑怪奇

姿かたち不気味なこと。また、そのさま。グロテスク。「怪奇な風貌(ふうぼう)」

[派生] かいきさ[名]


かい‐き【皆既】

皆既食」の略。


かい‐き〔クワイ‐〕【会規】

会の規則会則


かい‐き〔かひ‐〕【貝器】

⇒ばいき(貝器)


かいき〔クワイキ〕【槐記】

江戸時代随筆近衛家熙(このえいえひろ)の侍医であった山科道安が、享保9年1724)から享保20年(1735)までの間、家熙の言行日録風に記述したもの茶道に関する記録が多い。下与聞。雲上語。

藤原頼長日記台記(たいき)」の異称


かい‐き〔クワイ‐〕【会記】

茶会記録。客の名前、道具立て、花・懐石菓子などを記したもの茶会記


かい‐き【開基】

[名](スル)

物事のもとを開くこと。基礎を築くこと。

ビホロ町では、…―六十周年町制施行三十周年祝典催される」〈武田泰淳森と湖のまつり

仏寺または一宗派を創立すること。また、その僧。開山

仏寺創建の際、財政的支持を行う世俗の人。特に禅宗で、開山区別していう。


かい‐き〔かひ‐〕【買(い)気】

物を買おうとする気持ち。⇔売り気

取引所などでの買い手人気


かい‐き〔クワイ‐〕【回忌】

《「年回忌」の略》人の死後毎年回ってくる祥月(しょうつき)命日。満1年目一回忌または一周忌、満2年目三回忌または三周忌以後は、七・十三・三十三五十・百回忌などといい、供養を行う。年忌周忌


かい‐き【海気】

海辺空気。「海気浴」


かい‐き〔クワイ‐〕【快気】

[名](スル)

さっぱりして気持ちがよいこと。

病気治ること。全快


かい‐き〔クワイ‐〕【会期】

集会などが行われる時期・期間。

国会地方議会活動する期間。通常国会の期間は原則として150日。臨時国会特別国会の期間は両議院一致決めるが、不一致のときは衆議院議決による。地方議会では、当該議会決める。


かい‐き〔クワイ‐〕【回帰】

[名](スル)ひとまわりして、もとの所に帰ること。「伝統への回帰」


痒き

読み方:かいき、かゆき

【文語】形容詞「痒い」の連体形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

かいき 【開基】

開山

回帰(かいき) remigration

動物特定の住み場所や繁殖場所から遠く離れても、それらの位置知って戻ってくること。ウミガメ場合複数産卵シーズンわたって、雌が同じ海岸産卵するために回遊してくることに対して使うことが多い。これまで生まれ砂浜産卵に戻る性質(母浜回帰)に対しても回帰という用語を用いることが多かったが、区別して使うのが望ましい。→母浜回帰説 

かいき

  1. 注射器器械反転したもの。〔覚〕

分類 覚/犯罪


械機

読み方:かいき

  1. 機械ノ逆語深更フケ)師ナド盗賊使用器具総称ス。〔第六類 器具食物
  2. 機械のこと。きかいを逆さに言ひし詞。盗賊用ふ隠語
  3. 機械の逆語にて機械の事。
  4. 深更師等が用ゆ器具を云ふ。
  5. 〔犯〕機械の逆語。
  6. 機械の逆語。

分類 犯罪者盗賊

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

皆木

読み方
皆木かいき

かいき

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 15:03 UTC 版)

名詞

かいき

  1. 買おうとする気持ち

関連語

同音異義語

かいき




かいきと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かいき」の関連用語

かいきのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かいきのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2020,Japan
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのかいき (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS