うしおそうじ 漫画家時代の作品

うしおそうじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/19 01:00 UTC 版)

うしお そうじ牛尾 走児とも、1921年12月4日 - 2004年3月28日[1])は日本の漫画家アニメーター特撮・映像作品プロデューサー演出家である。映像製作会社「ピー・プロダクション」創業者。


注釈

  1. ^ この頃、特技課は教材映画用のフィルムを娯楽作品へ回しており、俳優の長谷川一夫は撮影ができるのは特技課のおかげであるとして、鷺巣の出生時に演技部からの寄せ書きを贈っている[3]
  2. ^ 敬愛する詩人「潮騒児」の名を拝借したとする記述もある[2]
  3. ^ GHQの指導のもと、「アメリカ文化を日本国民に浸透させること」を目的に、国策的に設立されたアメリカ映画の統括配給窓口会社で、淀川長治も一時期在籍していた。1951年末に解体。
  4. ^ うしおはこの亀の特撮のデモフィルムが、後年『大怪獣ガメラ』(大映、1965年)の怪獣「ガメラ」のモデルになったものと主張している。
  5. ^ 1920年の初頭、経済学を学ぶためパリ大学に留学。下宿先の娘と恋愛関係となり現地で結婚し長男を儲ける。その後は絵に傾倒し藤田嗣治のアトリエで学ぶ。10年がかりで大学を卒業すると妻子を捨てて帰国。その後は洋画家としての活動とともに、「時事新報」特派員や外務省勤務を経て、帝國酸素(現・日本エア・リキード)に入社し同社社長となる。その後は映画界にも進出し新外映配給の社長としてヨーロッパ映画の上映に尽力した。同社は1952年設立、1963年倒産。1998年没。
  6. ^ うしおは手塚の評伝である『手塚治虫とボク』の執筆途中に没したため、編集者の一部補足などを受け、2007年に出版されている。
  7. ^ 三船プロから「先例になると困る」と抗議を受けたという。
  8. ^ ただし、「スペクトルマンVSライオン丸」p219のインタビューでは、「社員の熱意に押されて反対しきれなかった」と答えている。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t ザボーガー&ピープロ 2011, p. 81, 「うしおそうじプロフィール」
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as 特撮秘宝3 2016, pp. 102-109, 年表作成 但馬オサム「うしおそうじ&ピープロダクション年表」
  3. ^ a b 特撮秘宝3 2016, pp. 87-89, 取材・文 但馬オサム「INTERVIEW うしおそうじ実弟・エイケン元プロデューサー鷺巣政安
  4. ^ a b c 特撮秘宝3 2016, pp. 90-91, 文 但馬オサム「COLUMN うしおそうじ幻のニュー『スペクトルマン』企画」


「うしおそうじ」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

うしおそうじに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「うしおそうじ」の関連用語

うしおそうじのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

WX320KR

スモークマシン

ARROWS X LTE

リード罫

ブランデー・エッグノッグ

陸中海岸国立公園

千頭川の渓流とトロッコ

南極地域観測50周年記念500円ニッケル黄銅貨幣





うしおそうじのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのうしおそうじ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS