通州事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 通州事件の意味・解説 

通州事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/19 14:53 UTC 版)

通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日に中国の通州(現:北京市通州区)において冀東防共自治政府保安隊(中国人部隊)が日本軍の通州守備隊・通州特務機関及び日本人居留民を襲撃した事件[1]。通州守備隊は包囲下に置かれ、通州特務機関は壊滅し、猟奇的な殺害、処刑が行われた[1]通州虐殺事件とも[2]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 「支那駐屯軍ノ作戦計画策定」「其ノ四 補給及通信」 一、兵站ハ差当リ第一期掃蕩戦ニ応スル諸準備ヲ完了セシムルヲ主眼トス之カ為兵站主地ヲ天津ニ設ケ通州及豊臺ニ補給基点ヲ設ケ半会戦分ノ軍需品及一箇月分ノ糧秣ヲ集積ス[21]
  2. ^ 「支那駐屯軍ノ作戦計画策定」「其ノ四 補給及通信」 三、軍司令部ハ第一期、第二期作戦間天津ニ位置ス会戦間通州又は豊臺ニ戦闘司令所を進ムコトアリ[21]
  3. ^ 張慶餘(1895---1963)1933年任冀東特種警察隊第一總隊隊長。1935年11月改任偽冀東保安隊第一総隊隊長、1937年7月率部起義、転保定、洛陽、西安、於1938年隱居四川金堂県什坊鎮。後被委任為国民党軍委会中将参議[44]
  4. ^ 信夫は、朝鮮人の大多数は「アヘン密貿易者および醜業婦にして在住未登録なしりもの」のみ記述している[65]

出典

  1. ^ a b 中村 (1986)、pp.403-404
  2. ^ 児島 (1984)p.71
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad 通州事件について偕行社近現代史研究会報告第10回、平成19年(2007年)10月号。
  4. ^ a b 藤本一孝 『大東亜戦争と現在の日本: 陸軍最後の青年将校、傘寿の想い』 展転社2006年、111頁。
  5. ^ a b c d e f g 陸軍省新聞班 1937, p. 10.
  6. ^ 加藤久米四郎『戦線を訪ねて国民に愬ふ』東京朝野新聞出版部、昭和12年。近代デジタルライブラリー永続的識別子info:ndljp/pid/1090984 p.28.
  7. ^ 読売新聞1937年8月1日号外
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 小林元裕「通州事件の語られ方」 、国際ワークショップ「日中全面戦争と地域社会変容II」p62-3.
  9. ^ a b c 防衛庁防衛研修所戦史部 (1975)、228頁。
  10. ^ 中村 (1986)406頁。
  11. ^ a b c 渡部 (2006)、222頁。
  12. ^ a b c 広中 (2008)、120頁。
  13. ^ 張炳如「冀東保安隊瑣聞」, 中国人民政治协商会议全国委员会文史资料研究委员会《七七事变》编审组编《七七事变》, 北京 : 中国文史出版社, 1986.5 , 第77 - 第78頁。
  14. ^ 広中 (2008)、127頁。
  15. ^ 荒牧純介『痛々しい通州虐殺事件』私家版、1981年、5頁。
  16. ^ a b 大杉 (1996)、271頁。
  17. ^ 昭和11年11月22日付『東京日日新聞』夕刊
  18. ^ 昭和11年11月25日付『東京日日新聞』夕刊
  19. ^ 渡部 (2006)、210 - 211頁。
  20. ^ 広中 (2008)、123頁。
  21. ^ a b 臼井ほか (1964)、16頁。
  22. ^ a b c d e 岩谷將「日中戦争の展開塘沽停戦協定からトラウトマン工作まで」オープンフォーラム「近現代史研究会」(座長・藤井裕久、事務局長・古川元久)2015年06月03日。
  23. ^ 防衛庁防衛研修所戦史室 (1967)、455頁。
  24. ^ 寺平 (1970)、367頁。
  25. ^ a b c 中村 (1986)、402頁。
  26. ^ 寺平 (1970)、368頁。
  27. ^ a b c d e 寺平 (1970)、369頁。
  28. ^ 中村 (1986)、402頁。
  29. ^ a b c 信夫 (1992)、115頁。
  30. ^ a b c d e 渡部 (2006)、224頁。
  31. ^ 寺平 (1970)
  32. ^ 広中 (2008)[要ページ番号]
  33. ^ a b c d サンケイ新聞編『蒋介石秘録12 日中全面戦争』昭和51年、p43-44.
  34. ^ 陸軍省新聞班 1937, p. 7-10.
  35. ^ 陸軍省新聞班 1937, p. 7-9.
  36. ^ a b 陸軍省新聞班 1937, p. 9.
  37. ^ 陸軍省新聞班 1937, pp. 9-10.
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 中村 (1986)、p401-406.
  39. ^ a b 北 (1999)、158頁。
  40. ^ 北 (1999)、159頁。
  41. ^ a b c d 国立国会図書館法廷証番号2498:萱島高宣誓供述書、弁護側文書番号:1090
  42. ^ a b c d e f g 国立国会図書館法廷証番号2499:桂鎮雄宣誓供述書、弁護側文書番号: 1139
  43. ^ a b c d e f 国立国会図書館法廷証番号2500:桜井文雄宣誓供述書、弁護側文書番号:1140
  44. ^ 1937年通州事变:一场起义伪军对日军民的杀戮 2007年6月25日 網易NetEase
  45. ^ 陸軍省新聞班 1937, pp. 11-12.
  46. ^ 「通州の日本人大虐殺」文藝春秋昭和30年(1955年)8月号
  47. ^ 『東京裁判(上)』朝日文庫[要ページ番号]
  48. ^ 東京裁判資料刊行會 3 (1995)、56頁。
  49. ^ 東京裁判資料刊行會 8 (1995)、161頁。
  50. ^ 極東国際軍事裁判 (1947)、170 - 171頁。
  51. ^ 極東国際軍事裁判 (1947)、172頁。
  52. ^ 極東国際軍事裁判 (1947)、173 - 174頁。
  53. ^ 極東国際軍事裁判 (1947)、170 - 171頁。
  54. ^ 極東国際軍事裁判 (1947)、172頁。
  55. ^ 極東国際軍事裁判 (1947)、173 - 174頁。
  56. ^ 新道せつ子「ハンゼン氏病よさようなら」1963、主婦の友社[要ページ番号]
  57. ^ 調寛雅『天皇さまが泣いてござった』(1997年)収載
  58. ^ a b 調寛雅『天皇さまが泣いてござった』教育社、1997年11月。[要ページ番号]
  59. ^ 『各社特派員決死の筆陣「支那事変戦史」』新聞タイムズ編(皇徳泰賛会)昭和12年12月18日発刊 [要ページ番号]
  60. ^ 信夫 (1992)、117頁。
  61. ^ 「在通州居留民(内地人)人名簿」
  62. ^ 「在通州居留民(鮮人)人名簿」
  63. ^ 広中 (2008)、122頁。
  64. ^ 香月 (1940)、573頁。
  65. ^ 信夫 (1992)、116頁。
  66. ^ 児島 (1984)、79頁。
  67. ^ 中村 (1986)、406頁。
  68. ^ 東亜局『昭和十二年度執務報告』第2冊 第二課及第三課関係、1937 年12月1日(『外務省執務報告 東亜局』第4巻昭和十二年(2)、クレス出版、1993年.p586-609.
  69. ^ 信夫 (1992)[要ページ番号]
  70. ^ 長谷川(1997)196ー197頁
  71. ^ 鄒燦「盧溝橋事件の拡大とメディアの報道について『東京日日新聞』を中心に」OUFCブックレット3,2014.大阪大学中国文化フォーラム。p116.
  72. ^ a b Frederick Vincent Williams, Behind the news in China, New York: Nelson Hughes, 1938年。日本語訳:南支調査会調査部編訳『背後より見たる日支事変』1939年、田中秀雄訳『中国の戦争宣伝の内幕』芙蓉書房、2009年
  73. ^ 山川均「支那軍の鬼畜性」雑誌『改造』1937年9月号」
  74. ^ 信夫 (1992)、118頁。
  75. ^ 信夫 (1992)、120 - 121頁。
  76. ^ a b c 冀東政権大秘録 通州事変一周年を迎へて』(1938年、p52-54)近代デジタルライブラリー永続的識別子info:ndljp/pid/1274532 
  77. ^ a b c 『十五年戦争研究史論』校倉書房 p.239-241
  78. ^ 児島襄『日中戦争』下巻、文藝春秋、1984年.p.79-80.
  79. ^ 『新ゴーマニズム宣言スペシャル・戦争論』幻冬舎1998年[要ページ番号]
  80. ^ 太平洋戦争研究会『太平洋戦争・主要戦闘事典』PHP文庫、2005年。
  81. ^ 菊池一隆「抗日戦争時期における全日本華僑の動向と構造」歴史研究39、大阪教育大学歴史学研究室、2002.p41
  82. ^ a b 陸軍省新聞班 1937, p. 12.
  83. ^ 昭和12年12月23日『大阪朝日新聞』
  84. ^ 昭和12年12月25日付『東京日日新聞』
  85. ^ a b c d 張慶余「冀東保安隊通県反正始末記」『天津文史資料選輯』第21輯、1982年
  86. ^ 武月星、劉友于、林華、林治波共著『通州事件 廬溝橋事変風雲編』山辺悠喜子訳、中帰連 (9), 35-42, 1999-06に基づく中村粲の解説。
  87. ^ 張慶餘回想録。『盧溝橋事変風雲篇』(中国語)
  88. ^ a b c d 岡野篤夫「通州事件の真相」『正論』 1990年5月号[要ページ番号]
  89. ^ a b c 中村粲 1900, p. 407.
  90. ^ 今井 (1964)、50頁。
  91. ^ 森島守人『陰謀・暗殺・軍刀』(岩波新書、1950年)[要ページ番号]
  92. ^ 『裁かれる歴史』長崎出版 、1985年、p47-
  93. ^ a b 寺平忠輔『盧溝橋事件』など[要ページ番号]
  94. ^ 陸軍省新聞班 1937, p. 7-12.
  95. ^ 今井武夫『支那事変の回想』・『日中和平工作 回想と証言 1937-1947』[要ページ番号]
  96. ^ 秦 (1996)[要ページ番号]
  97. ^ 秦 (1996)[要ページ番号]
  98. ^ 中村 (1986)[要ページ番号]
  99. ^ a b 加藤久米四郎 1937, pp. 29-30.
  100. ^ a b c d 中国の日本人虐殺「通州事件」 鼻に針金通し青竜刀で体抉る SAPIO2015年5月号 2015.04.07
  101. ^ 中村粲 1900, p. 408.
  102. ^ 張慶余「冀東保安隊通県反正始末記」『天津文史資料選輯』第21輯、1982年。武月星、劉友于、林華、林治波共著『通州事件 廬溝橋事変風雲編』山辺悠喜子訳、中帰連 (9), 35-42, 1999-06に基づく中村粲の解説。
  103. ^ 信夫 (1992)、, p. 115-116.
  104. ^ 信夫 (1992)、, p. 115-116.
  105. ^ 今井清一「通州事件」『日本史大事典 第四巻 す - て』平凡社、1993年8月18日
  106. ^ 「冀東保安隊通県反正始末記」『天津文史資料選輯』第21輯、1982
  107. ^ 秦郁彦「盧溝橋事件の研究」 東京大学出版会 1996年12月 p.316-317
  108. ^ 大杉一雄「日中十五年戦争史―なぜ戦争は長期化したか」 中公新書 1996年1月 p.271-272
  109. ^ 人民網“通州大屠殺”:日本右翼認為可比南京大屠殺 [1]
  110. ^ 通州起义 [2]
  111. ^ 日军战争罪行 [3]
  112. ^ 中村粲 1900, p. 406.
  113. ^ 『諸君!』 1989年11月号 P216
  114. ^ [ http://www.sankei.com/life/news/151211/lif1512110039-n1.html 通州事件をユネスコ記憶遺産に申請] 産経ニュース、2015年12月11日。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「通州事件」の関連用語

通州事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

野良桶

数珠繋図鍔

ハイカウンター収納庫

皇太子殿下御成婚記念5,000円銀貨幣

WS009KE

ミヤマイラクサ

イエローサンセット・ツインバー・プラティ

VA26D/WX





通州事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通州事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS