信濃川とは?

しなのがわ -がは 【信濃川】 ◇

日本最長の川。中部山岳地帯水源とする犀川さいがわ千曲川とが長野盆地合流し,新潟県に入って信濃川と称し,新潟平野貫流して日本海に注ぐ。長さ367キロメートル

信濃川

越後平野潤す日本最長美し大河
信濃川は、長野新潟県境で「千曲川」から「信濃川」と名を変え新潟県入り中津川清津川及び谷川岳に源を発する魚野川合流して越後平野を潤しつつ、大河津分水路ならびに関屋分水路分派して日本海に注ぎます。流路延長水系全体で367kmと日本で最も長い河川です。水系全体流域面積新潟県面積とほぼ等し11,900km2で、利根川石狩川次いで第3位となっています。

新潟県長岡市上空より信濃川(越後平野)を望む
新潟県長岡市上空より信濃川(越後平野)を望む

河川概要
水系信濃川水系
河川信濃川
幹川流路延長367km
流域面積11,900km2
流域内人295万人
流域関係都県長野県

信濃川流域図
○拡大図
1.信濃川の歴史
"信濃川には、かつて「長岡船道」と呼ばれる船便長岡新潟の間を航行しており、陸路が全く発達していなかった時代には、大量年貢米を運ぶ運送路として重要な役割を担っていました。同じ頃に長岡城下町を守るために築かれた「左近堤」が今も名残をとどめています。また、信濃川の洪水から生命財産を守るために先人が築いた十日町市の「中山堤防」は現在も中魚沼地区全体を守っています。"

信濃川の舟運と今も残る先人が築いた堤防

明治時代まで続いた信濃川の舟運
信濃川の豊富なは、取水して利用するという面だけではなく鉄道自動車が今のように普及する以前は、信濃川は食料燃料日用雑貨などを舟で運ぶための重要な運送路としても利用されてきました。信濃川の舟運が最も栄え江戸時代において舟運主な役割年貢米川下げであり、商人積み荷は、そのあい間にだけにしか許されていませんでしたまた、米の輸送は「湊定法」によって義務づけられ、舟運以外には一切許されていませんでした
長岡船道
江戸時代における越後の主要通船系統は信濃川筋では、「長岡船道」と呼ばれる船便長岡新潟の間を航行しており、長岡より上流十日町には「妻有船道」・六日町方面には「上田船道」や「蒲原船道」「加茂川船道」などがありました。上流山岳地帯でとれた山の幸下流運び下流でとった海のものを上流に運ぶ物流や、大量年貢米を運ばなければならない幕府や藩にとって、信濃川の舟運貴重な存在となっており、信濃川の舟運中心であった「長岡船道」という一大組織長岡新潟間の信濃川の舟運独占して大きな利益上げ長岡発展つながりました。
長岡船道で信濃川を下った荷物は米、たばこ、織物下駄などが多く逆に新潟から運ばれたのは塩、、ござなどで海産物中心でした。塩や海産物信州まで送られていました。
明治時代に入ると和船代わる発動機船が、格段速さ往来するようになりましたが、明治末期から大正時代にかけて信越線開通道路整備により陸上輸送が始まると舟運徐々に衰退し、昭和34年最後川船廃業届け出して信濃川の舟運長い幕を降ろしました。

今も残る先人が築いた堤防
左近
俗に左近土手」と呼ばれるのは江戸時代名残りをとどめる堤防一部です。信濃川の右岸発達した長岡城下町は、築堤が不十分で毎年のように洪水に襲われました。寛保3年(1743)には浸水から人々を救うために用心船を試みましたが、破堤の防止第一考え洪水がもっとも激しく当たる場所に「左近堤」を築きました。
寛延元年(1748)、2万人を超す労力投入した大規模工事は、雪消えから半年足らず9月22日完成しました。喜びに湧いた人々新し提防踏み固めながら長岡甚句を唄い踊ったといわれています。近代になって本格的護岸堤防ができるまで、左近堤は人々生命財産守り続けました。
左近堤
左近堤(写真左の大きな木の下の提防、現在残っているのはこの附近だけである )


中山堤防
十日町市周辺の中魚沼地区は、信濃川の流れ急に速くなる場所で昔から水害にあっていました。そのため付近に田畑を持つ人々は、自分たちで堤防を作って水害から身を守っていました。しかし、自分土地を守るために作っているため、川全体のことを考え堤防ではなく堤防つぎはぎだらけで決壊し易いものでした。そんな状況見た中山龍次は、中魚沼地区全体を信濃川の洪水から守る堤防が必要だと考えました。昭和23年起工した工事は、今まで魚沼地区で作られていた堤防比べ大規模なものでした。ただ堤防作るだけではなく、川の島になっている部分を掘ってを流すようにし、たくさんのを流せるようにしました。
十日町橋付近
十日町橋付近右側堤防中山堤防呼ばれています。)
2.地域の中の信濃川
"信濃川の流域には古くから川にまつわる祭りや行事がいくつもあり、大河津分水路行われるおいらん道中」、長岡市街地を貫流する信濃川河川敷打ち上げられる「長岡まつり大花火大会」、魚野川行われる十五夜まつり」が代表的です。また、信濃川では、緩傾斜堤防や子供たちが自然とふれあう場である。「水辺プラザ」や「つまりっこ広場」が整備され、地域住民憩いの場として利用されています。"

信濃川と人々とのつながり

信濃川にまつわる祭り伝統行事
信濃川の流域には古くから伝わる、川にまつわる祭り伝統行事いくつもあります

 おいらん道中
おいらん道中
おいらん道中
分水町の「おいらん道中」は、大河津分水工事記念して植えられた3,000本の桜の木の下で催されます。祭り始まりは、昭和8年4月発足した「分水花路の会」がにちなん計画したお祭りです。芸妓一人おいらん見立て、かむろ役と共に仮装してねり歩きました。観光客評判もよく昭和11年から桜並木の下で賑やかに行われています。

長岡まつり
長岡花火
長岡花火
昭和20年8月1日長岡市上空B29襲来し、空襲により旧市街地のほとんどが焼き尽くされ、その悲しい日を忘れない為に始まった「長岡市戦災復興祭」が今の「長岡まつり」です。長岡まつりのビックイベントは信濃川河畔打ち上げられる二発の花火です。色とりどりの花火が、休むことなく信濃川上空に打ち上げられます。毎年数多く観光客が信濃川河畔の緩い勾配堤防(「緩傾斜堤防」と呼ばれています。)に集まり河川敷びっしり埋め尽くされます。
長岡まつり花火は、戦災犠牲者追悼花火でもあるのです。そのため花火打上の際には、空襲警報が鳴らされます。

神祭
王神祭
神祭
神祭は、古くから伝わる祭りで、いくつかの行事でできていますが、その要となるのが又倉行事年魚行事です。年魚行事とは、最高の神饌とされる信濃川を上ってきた雌のサケを、長い箸と包丁切り分け鳥居の形に並べる行事です。神に供えられるサケには一切手を触れずに執り行われます。緊張感漂う伝統神事は、サケ媒介として王神に信濃川の治水豊穣を祈った遠い昔想像させます

十五夜まつり
十五夜まつり
十五夜まつり
堀之内町で最も勇壮祭りがこの、十五夜まつりと言われています。
踊り屋台屋台囃子民謡流し花火大会・みこしパレード町内一周駅伝大会奉納演芸会と、楽しいイベント目白押しです。なかでも見どころは、魚野川でのみこし流しです。みこしを川に流すのは全国的にも珍しく、みこしを担いだまま、魚野川急流しぶきを上げて進む様は勇壮です。
3.信濃川の自然環境
"信濃川中流部は新潟長野県境から小千谷市にかけては河岸段丘が、さらに下流には越後平野広がる多様な地域環境であり、数多く動植物生息しています。新潟県生息するほとんどの鳥類確認できるほか、極めて貴重とされる注目種も多く生息しています。"

河岸段丘から扇状地平野流れ多様な自然環境

信濃川は、上流部を千曲川として、渓谷盆地繰り返されるなかで清流合わせつつ流れまた、下流部では信濃川と名を替え河岸段丘抜けると、広大平野を緩やかに流れ豊かな自然環境良好河川環境を有しています。
新潟県内に入るとまず、9段にも及ぶ大規模河岸段丘発達し、また、支川においては魚野川渓流とともに清津川清津峡に代表される渓谷美を誇っています。その後広大越後平野開け、その上を信濃川がとうとうと流れます。その下流には大河津分水路があり、治水重要性語りかけています。信濃川流域は、日本海側特有の豪雪地域であり、その融雪により年間159億m3という日本で最も多い川の流れを創り出しています。信濃川は、厳しくも豊かな自然に囲まれ、全国屈指の米どころとして、また、清冽な育む酒どころとしても知られています。広大河川敷には、その地域にある多様な自然が残されており、上流部にはハリエンジュアキグミ群落下流部にはヤナギヨシ群落分布し、その変化に富んだ植生と、広い河川敷地が、アユウグイオイカワサケといった魚類や、オオヨシキリホオジロカシラダカなど、新潟県内の河川見られるほとんどの鳥類見られる豊かな自然を形成しています。信濃川流域には、国指定天然記念物である「オジロワシ」、環境庁新潟県レッドデータブックにおいて絶滅危惧種指定されている「タコノアシ」(植物)、「ミヤマシジミ」(昆虫)、「ウケクチウグイ」「イトヨ」(魚類)など 珍しい動植物見られます。
オジロワシタコノアシ
オジロワシタコノアシ
環境庁レッドデータブック絶滅危惧種ⅠB
新潟県レッドデータブック絶滅危惧種Ⅰ類
環境庁レッドデータブック絶滅危惧種
新潟県レッドデータブック絶滅危惧種
ミヤマシジミ
ミヤマシジミ
環境庁レッドデータブック絶滅危惧種
新潟県レッドデータブック絶滅危惧種
4.信濃川の主な災害
"大河津分水路は、越後平野水害から守るため、信濃川の洪水越後平野流れ込む前に日本海流し出す人工的河川です。大河津分水路働きによってかつてのような水害がほとんどなくなり、美田広がるとともに高速交通網の整備行われるなど、越後平野めざましい発展をとげました。"


信濃川で発生した主な洪水

発生発生原因被災市町村被害状況
明治29年7月梅雨前線新潟市を含めた西蒲原郡全域湛水期間 3ヶ月
死者 48
床上浸水 約43000戸
昭和56年8月台風15号小千谷市床上浸水 1182戸
床下浸水 1281戸

5.その他

越後平野豊かな恵みをもらたす大河津分水路

大河津分水路は、越後平野水害から守る目的で、信濃川の洪水越後平野暴れまわる前に日本海流し出す人工的河川です。
越後平野はその昔海でした。それが、信濃川の運ぶ土砂によって沼地のような低い土地少しずつ作られてきたのです。このような地形なのでひとたび洪水になると河川はすぐにあふれ田畑家屋流し時には人々生命まで奪いました。
大河津分水路完成までの歴史古く享保年間寺泊町本間屋数右衛門らの幕府への請願発端200年余り繰り返された請願がついに認められ、明治42年1909年)に本格的工事始められました。工事が始まってからも大規模地滑り発生通水後の自在堰(現在の可動堰役割をしていたもの)の陥没などの困難を乗り越え22年歳月をかけ昭和6年1931年)に完成しました。
大河津分水路がなかった時は、平均3~4年に1回起きていた信濃川の水害大河津分水路働きによって、ほとんどなくなり、その後排水事業土地改良によって美田広がり上越新幹線北陸自動車道などの高速交通網の整備行われたことにより、越後平野めざましい発展をとげています。
特に昭和50年代後半には、越後平野のほぼ全域が浸かったであろう考え幾つも洪水から、越後平野を守っています。
当時の工事現場風景・河口部右岸
土運搬用機関車レールがしかれている。">
明治29年の横田切れによる水害
当時工事現場風景河口右岸
土運搬用機関車レールがしかれている
明治29年横田切れによる水害
絵巻横田切れ」の一部 松本湖風
自在堰の陥没(昭和2年)大河津分水路の完成により発展をとげた越後平野
自在堰の陥没昭和2年大河津分水路完成により
発展をとげた越後平野

(注:この情報2008年2月現在のものです)

信濃川

読み方:シナノガワ(shinanogawa)

所在 長野県新潟県

水系 信濃川水系

等級 1級


信濃川

読み方:シナノガワ(shinanogawa)

所在 愛知県

水系 信濃川水系

等級 2級


信濃川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/23 00:16 UTC 版)

信濃川(しなのがわ)は、新潟県および長野県を流れる一級河川。信濃川水系の本流である。このうち信濃川と呼ばれているのは新潟県域のみで、長野県にさかのぼると千曲川(ちくまがわ)と呼称が変わる。この項目では千曲川と呼称される上流部を合わせ記述する。全長367キロメートルのうち、信濃川と呼ばれている部分が153キロメートルなのに対し、千曲川と呼ばれている部分は214キロメートルと千曲川の方が長い。ただし、河川法上では千曲川を含めた信濃川水系の本流を信濃川と規定しているため、信濃川は日本で一番長い川となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ 新潟平野∼ 信濃川構造帯の地震と活断層(pdf)新潟大学理学部自然環境科学科地球環境科
  2. ^ 仁和の洪水信州発考古学最前線
  3. ^ 平安時代に起こった八ヶ岳崩壊と千曲川洪水 (PDF) 歴史地震 (26), 19-23, 2011
  4. ^ a b 長野県中・北部で形成された巨大天然ダムの事例紹介 (PDF) 歴史地震研究会 歴史地震第26号
  5. ^ a b c 千曲市及び千曲川の主な水害の被害状況 (PDF) 千曲市
  6. ^ 台風第7号 昭和34年(1959年)8月12日~8月14日
  7. ^ 昭和36年梅雨前線豪雨 昭和36年(1961年) 6月24日~7月5日
  8. ^ 昭和58年7月豪雨 昭和58年(1983年) 7月20日~7月29日
  9. ^ 梅雨前線 平成7年(1995年) 6月30日~7月22日
  10. ^ 熱帯低気圧 平成11年(1999年) 8月13日~8月16日
  11. ^ 平成18年7月豪雨 平成18年(2006年) 7月15日~7月24日
  12. ^ 平成26年度事業概要 千曲川・犀川 (PDF) 国土交通省 北陸地方整備局 千曲川河川事務所
  13. ^ 梅雨前線 平成10年(1998年) 8月3日~8月7日
  14. ^ 河川管理施設紹介 満願寺閘門と小阿賀樋門 阿賀野川河川事務所
  15. ^ a b c 新潟県の主な土地改良施設(大島頭首工と白根排水機場ほか2排水機場)”. 農林水産省北陸農政局. 2014年11月7日閲覧。
  16. ^ 施設管理係のホームページ”. 新潟県農地部農地建設課施設管理係. 2014年11月7日閲覧。
  17. ^ 片野修、中村智幸、山本祥一郎、阿部信一郎「長野県浦野川における魚類の種組成と食物関係」、『日本水産学会誌』第70巻第6号、公益社団法人日本水産学会、2004年11月15日、 902-909頁、 doi:10.2331/suisan.70.902NAID 110003161507
  18. ^ 千曲塾 第14回議事録 国土交通省千曲川河川事務所







信濃川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

信濃川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「信濃川」の関連用語

信濃川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

名取川

矢作川

加古川

小貝川

黒部川

物部川

菊川

草津川





信濃川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2016 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信濃川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS