利根川とは?

利根川

首都圏支え日本大河 「坂東太郎
利根川は、群馬県大水上山標高1,840m)に源を発し、幾つもの川と合流したり、分派 したりしたのち千葉県銚子市太平洋に注ぐ我が国を代表する大河川です。幹川流路延長は322kmあり、水源から河口までの支川を含めた流路延長は約6,700kmになります。流域東京都群馬県千葉県茨城県栃木県埼玉県の1都5県にまたがり流域面積16,840km2におよび我が国最大河川です。

埼玉県北埼玉郡大利根町で渡良瀬川と合流する利根川
埼玉県北埼玉郡大利根町渡良瀬川合流する利根川

河川概要
水系利根川水系
河川利根川
幹川流路延長322km
流域面積16,840km2
流域内人12,140,000
流域関係都県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都

利根川流域図
○拡大図
1.利根川の歴史
"江戸時代以前の利根川は、現在の東京湾に注いでいましたが、たび重なる洪水から江戸を守るため、徳川家康によって流れを東に替え大平洋に注ぐようにする大治工事行いました。これを「利根川の東遷と言います。"

利根川の東遷


古来、利根川は大平洋ではなく現在の東京湾に注いでいました。現在のような流れになったのは、数次に渡る瀬替え結果で、近世初頭ら行われた河川改修工事は「利根川東遷事業」と呼ばれ、徳川家康によって東京湾から銚子へと流れ替える工事が行われました。
東遷事業目的は、江戸を利根川の水害から守り新田開発推進すること、舟運を開いて東北との経済交流を図ることに加えて伊達政宗対す防備の意味もあったと言われています。
工事徳川家康伊奈備前守忠次命令し、1594年会の川締切皮切りに60年歳月をかけて、1654年完了しました。
利根川の東遷
[利根川の東遷
2.地域の中の利根川
"首都圏から比較近く位置する利根川は、貴重なオープンスペースとして、スポーツレジャー大勢の方に利用されています。また、利根川の首都圏約2,700万人飲み水になっており、多様な自然環境今でも残る歴史的施設学習教材として幅広く活用されています。"

地域社会とのつながり

水上スポーツ風景
水上スポーツ風景
首都圏から比較近く位置し、豊かな自然を誇る利根川は、貴重なオープンスペースとして年間600万人上の方に利用されております水面では釣り水上スポーツ河川敷では野球サッカーなどのスポーツ、その他、散策サイクリング等にも利用されているほか、広い敷地利用して花火大会など様々な行事が行われています。

サイクリング風景
サイクリング風景


総合学習の例 (赤岩の渡し)
総合学習の例
赤岩渡し
また、利根川の首都圏約2,700万人飲み水になっており、多様な自然環境今でも残る歴史的施設学習教材として幅広く活用されています。
3.利根川の自然環境
"様々な動植物生息する利根川の中で、渡良瀬遊水地全国でも有数低層湿原として位置付けられており、ヨシ原基盤とする豊かで貴重な自然環境形成しています。また、日本唯一利根川で自生しているハクレン毎年6月から7月頃にかけて埼玉県栗橋付近豪快な大ジャンプ見せてくれます。
利根川下流部、茨城県川内町付近ではのどかな放牧風景千葉県小見川付近では広大ヨシ原広がり野鳥観察の場となっており利根川河川敷でも、様々な自然環境ふれあうことができます。"

自然環境

渡良瀬遊水地の高大なヨシ原豪快なハクレンのジャンプ 埼玉県栗橋町付近
渡良瀬遊水地高大ヨシ原豪快ハクレンジャンプ
埼玉県栗橋町付近
様々な動植物生息する利根川の中で、渡良瀬遊水地全国でも有数低層湿原として位置付けられており、ヨシ原基盤とする豊かで貴重な自然環境形成しています。
また、明治以降食用として中国から輸入されたハクレンその後日本唯一利根川で自生し、毎年6月から7月頃にかけて産卵のために霞ヶ浦付近から遡り埼玉県栗橋付近豪快な大ジャンプ見せてくれます。


のどかな放牧風景 茨城県川内町付近野鳥観察ができるヨシ原 千葉県小見川町付近
のどかな放牧風景
茨城県川内町付近
野鳥観察ができるヨシ原
千葉県小見川町付近
利根川下流部、茨城県川内町付近ではのどかな放牧風景千葉県小見川付近では広大ヨシ原広がり野鳥観察の場となっており利根川河川敷でも、様々な自然環境ふれあうことができます
4.利根川の主な災害
"昭和22年(1947)9月関東東北大水害をもたらしたカスリーン台風により、埼玉県北埼玉郡東村新川通地先(現大利根町)において、延長340mの破提を生じ、この新川通りの破提による氾濫埼玉県下のみにとどまらず東京都足立区葛飾区江戸川区にまでおよび、浸水面積約440km2、当時で約70億円にも上る激甚被害をもたらしました。"

カスリーン台風

発生発生原因被災市町村被害状況
昭和22年9月16日カスリーン台風埼玉県北埼玉郡大利根町決壊箇所)ほか死者行方不明者 1,100
負傷者 2,420
家屋浸水 303,160
家屋流出倒壊 23,736
家屋半壊  7,645


カスリーン台風により利根川が決壊した様子
カスリーン台風により利根川が決壊した様子
5.その他
"昭和22年(1947)のカスリーン台風により9月16日に利根川が破堤し、未曾有の被害をもたらしました。今、同規模の洪水で破堤した場合、その被害額は最大で約33兆円になると想定されます。このカスリーン台風から758年前の9月15日静御前が利根川の畔の栗橋町亡くなった日とされていることから、静御前を利根川上流治水イメージキャラクターとして位置付けています。"

利根川と静御前

静御前
静御前
利根川上流治水イメージキャラクター栗橋町パンフレットより)
昭和22年カスリーン台風により9月16日午前0時20分に利根川が破堤し、その氾濫埼玉県もとより東京都にまで達するという未曾有の被害をもたらしました。今、同規模の洪水で破堤した場合、その被害額は最大で約33兆円になると想定されます。
このカスリーン台風から758年前の文治5年9月15日静御前源義経を慕い奥州平泉に向かう途中、利根川の畔の栗橋の地で亡くなった日とされており、今でも利根川周辺には静御前纏わるものが多数残されています。
この様な関係から、利根川上流河川事務所では静御前を利根川上流河川事務所治水イメージキャラクターとして位置付け、利根川の安全を願い治水事業を行うこととしています。
6.その他
"利根川の「トネ」の語源については様々な説がありますまた、利根川は坂東関東)で最も大きい川であり、日本の川の長男太郎ということ坂東太郎とも呼ばれています。"

川名ルーツ

トネ」の語源についてはいくつかの説があります
  1. アイヌ語で、巨大な谷を意味する「トンナイ」に由来する。
  2. 同じアイヌ語で沼や湖のように広く大きい川を意味する。
  3. 水源地辺りには、尖った峰、すなわち利き峰が多く、それが略されたものである
  4. 等禰直(トネノアタイ)あるいは、椎根津彦シイネ(=トネ)ツヒコ)という人名由来する。
  5. 水源大水上山別称、刀嶺岳、刀根岳、大刀嶺岳に由来する。
などですが、定説はありません。
なお、利根川の名称が出てくる最初文献万葉集』には、「刀禰トネ)」と記されています。
また、利根川は坂東太郎とも呼ばれ、これは坂東関東)で最も大きい川であり、日本の川の長男、つまり日本の川の代表であることを意味しています。

(注:この情報2008年2月現在のものです)

利根川


利根川

読み方:トネガワtonegawa

所在 山梨県

水系 富士川水系

等級 1級


利根川

読み方:とねがわにする

  1. 酒を飲み銚子限り収めんとする時にいふ。銚子刀根川の下流にして海に注ぐ所、酒の銚子に通はせて洒落たり。
  2. 酒を終わりにする。

分類 東京花柳界

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

利根川

読み方
利根川さねがわ
利根川とねかわ
利根川とねがわ

利根川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/01 07:44 UTC 版)

利根川(とねがわ)は、大水上山を水源として関東地方からへ流れ、太平洋に注ぐ河川河川法に基づく政令[1]により1965年昭和40年)に指定された一級水系である利根川水系本流である一級河川。「坂東太郎(ばんどうたろう)」の異名を持つ。河川の規模としては日本最大級で、東京都を始めとする首都圏の水源として日本国内の経済活動上で重要な役割を果たしている、日本を代表する河川の一つである。




[ヘルプ]
  1. ^ 烏川の支流・鏑川に注ぐ二次支流である南牧川へ合流する三次支流、馬坂川の上流が長野県佐久市を流域としている。
  2. ^ 年間流出量および年平均の流量は、信濃川、最上川阿賀野川北上川、利根川の順で多い。利根川より上位の河川は、冬季の降水量(すなわち積雪量)が山間部・平野部ともに利根川に比べて多い地域を流れており、流域に豪雪地帯も存在するため、これらの河川の年間流出量は日本最大の流域をもつ利根川よりも多い。
  3. ^ マスクラットによる河川施設への被害としてはチェコボヘミアでは1906年頃ため池の堤防に穴を開けたことが訴訟問題に発展。ドイツテューリンゲンでは1927年堤防決壊が6件発生し、ドレスデンのモーリッツブルクではダム決壊事故まで発生した。
  4. ^ 例えば淀川の場合滋賀県では瀬田川京都府では宇治川の別称で呼ばれており、淀川の名称は木津川桂川合流点より大阪湾河口までの名称となる。ただし河川法上では琵琶湖流出口から河口までを淀川本流としている。
  5. ^ 国土交通省直轄ダムおよび水資源機構管理ダムについては全て該当する。これを特定水利と専門的には呼ぶ。
  6. ^ 1539年(天文8年)説もある。
  7. ^ 「頃」とは当時の面積の単位で、1頃はおよそ1ヘクタールに相当する。この場合2,000ヘクタールの被害があった。
  8. ^ 武蔵国、相模国、伊豆国、下総国、上総国一円と沼田を除く上野国、下野国の南部。
  9. ^ 同名の用水路は茨城県水戸市にも存在する。名の由来は忠次の官職である備前守に由来する。
  10. ^ 『下総国旧事考』では1621年開削とするが、『新編武蔵風土記稿』では1642年(寛永19年)開削説を採る。
  11. ^ 豊田堰自体は1839年(天保9年)に完成しているが、その前身となった堰は忠常が建設している。
  12. ^ 棒出しについては根岸門蔵『利根川治水考』で天保説を挙げるが、土木学会『明治以前日本土木史』では寛永説を採っている。
  13. ^ 1725年成立。勘定奉行支配下で江戸川・鬼怒川・小貝川・利根川下流を管轄する。1732年(享保17年)廃止。
  14. ^ 利根川のほかには北上川鳴瀬川江合川最上川、信濃川、常願寺川、木曽川、淀川、吉野川、筑後川の各水系が指定された。信濃川と常願寺川以外はダム計画が立てられている。
  15. ^ 22地域の詳細は河川総合開発事業#特定地域総合開発計画を参照
  16. ^ 現在は利根川、淀川のほか荒川、豊川、木曽川、吉野川、筑後川の各水系が開発対象となっている。
  17. ^ 川治ダム以外では八ッ場ダム、桐生川ダム(桐生川)、南摩ダム(南摩川)、湯西川ダム(湯西川)および霞ヶ浦開発が対象となっている。
  18. ^ この時に徳島県で建設省が進めていた細川内ダム計画那賀川)が凍結、後に中止されている。以後大規模ダム事業の中止・凍結が相次ぐ。
  19. ^ 利根川水系で中止されたダム事業については中止したダム事業#関東の項目を参照
  20. ^ 完成年は導水先である佐久発電所の運転開始年とする。
  21. ^ 黒部川の川底を掘削して河道内の容量を増加させ、確保した容量を治水と上水道供給に利用する河川総合開発事業。
  22. ^ 貯水容量の1,400万m3は牛久沼の治水容量である。
  23. ^ 『疏水名鑑』では1000年以上前に長野康業が開削したと記すが、『群馬県史』などの長野氏関連文献に康業の名は確認できない。史料上で長野氏の動向が確認できるのは室町時代後期以降である。また1526年当時の長野氏当主も諸説ある。詳細は上野長野氏を参照。
  24. ^ 現在も東北電力三居沢発電所(1,000kW)として稼働している。
  25. ^ 重荒廃地域の定義は何れも大規模な1崩壊面積が0.3km2以上、1禿しょ面積が2km2以上、滑落崖地面積が1km2以上存在する山地を指し、日本全国で14地域が指定されている。
  26. ^ 一般荒廃地域の定義は崩壊地(1%以上)・禿しょ地(10%以上)・滑落崖地(5%以上)が点在し、延べ面積が地域の相当量を占め、治水上重大な被害を及ぼす可能性がある地域を指す。日本全国で26地域が指定されている。
  27. ^ 足尾地域では毎年春に山焼きを行うのが恒例であったが、突風に煽られ野火が延焼し大火となった。
  28. ^ マグニチュードは6.8と推定されている。
  29. ^ ただしこの値は相対的なもので、猪名川大和川鶴見川といったワースト常連の河川も急速に水質改善が進んでいるためである。
  30. ^ 常陸利根川を含む
  31. ^ 宮城県の長沼と同率7位である。
  32. ^ 利根川水系以外では琵琶湖、八郎潟児島湖諏訪湖野尻湖宍道湖中海および釜房ダム貯水池(釜房湖)が指定されている。
  33. ^ 久慈川、多摩川支流の浅川と並んで関東地方では最もBOD平均値が低い。
  34. ^ 成立順に行徳(市川市)・長島(江戸川区)・猿俣(葛飾区)・戸崎(三郷市)・大堺(八潮市)・鶴ヶ曽根(八潮市)・彦名(三郷市)と成立年代不明の鷲宮(久喜市)の8箇所。
  35. ^ 主なものとして大豆タバコ木材醤油綿などがある。
  36. ^ 1959年に現在の坂東橋が架橋され、旧橋は吾妻郡六合村の白砂川に架橋し直されている。
  37. ^ 1906年に国有化され、路線は国鉄を経て再度の民営化により現在は東日本旅客鉄道の所有である。
  38. ^ 1997年北陸新幹線の一部先行開通に伴いこの区間は廃止される。
  39. ^ アプト式ラックレールはその後1990年(平成2年)に長島ダム大井川)建設に伴う大井川鐵道井川線付け替えにおいてアプトいちしろ駅 - 長島ダム駅間で採用され復活している。
  40. ^ 年代は特記しない限り路線開通年とする。
  41. ^ 2011年は行われない。
  1. ^ 『河川法第四条第一項の水系を指定する政令』2011年10月1日閲覧
  2. ^ a b c 群馬県『県内の一級河川の一覧』2011年6月11日閲覧
  3. ^ 『利根川百年史』pp.5-7
  4. ^ 『利根川百年史』p.5
  5. ^ 『利根川百年史』p.4
  6. ^ a b 『利根川百年史』p.7
  7. ^ a b c 国土交通省関東地方整備局利根川ダム統合管理事務所『利根川の特徴』2011年5月21日閲覧
  8. ^ 『利根川百年史』pp.39-41,p.45
  9. ^ 『利根川百年史』p.39,p.42
  10. ^ 『河川便覧 平成十六年版』pp.102-103
  11. ^ 『利根川百年史』pp.15-16
  12. ^ a b 『利根川百年史』pp.15-19
  13. ^ 『利根川百年史』p.19
  14. ^ 『利根川百年史』pp.22-25
  15. ^ 『利根川百年史』pp.24-25
  16. ^ a b 『利根川百年史』pp.132-133
  17. ^ 『利根川百年史』pp.36-37
  18. ^ 『利根川百年史』p.59
  19. ^ 『利根川百年史』pp.59-60
  20. ^ a b 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所『植物と陸上昆虫』2011年5月21日閲覧
  21. ^ a b c d e 環境省『特定外来生物等一覧(外来生物法)』2011年7月2日閲覧。
  22. ^ a b c d 国土交通省関東地方整備局利根川下流河川事務所『利根川の生物(特定外来生物)』2011年5月21日閲覧
  23. ^ 『利根川百年史』pp.60-61
  24. ^ a b 『利根川百年史』p.61
  25. ^ a b c 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所『鳥と小動物』
  26. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』矢木沢ダム2011年5月21日閲覧
  27. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』藤原ダム2011年5月21日閲覧
  28. ^ a b 『利根川百年史』pp.63-65
  29. ^ a b 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所『魚と水生生物』2011年5月21日閲覧
  30. ^ 独立行政法人水資源機構利根導水総合事務所2011年5月21日閲覧
  31. ^ 財団法人日本自然保護協会『自然保護』 - 河口堰は河川生態系を大幅にかえた - 1998年2011年5月21日閲覧
  32. ^ 滝川弘史・植竹光一ほか『開腹により発見せる日本住血吸虫症5例:利根川流域における日本住血吸虫は滅亡したか?』2011年7月7日閲覧
  33. ^ 東京都健康安全研究センター『行政施策と肝硬変死亡』2011年7月7日閲覧
  34. ^ 水土里ネット北総東部『カワヒバリ貝対策について』2011年7月7日閲覧
  35. ^ 『利根川百年史』pp.133-135
  36. ^ a b c d 『利根川百年史』p.1
  37. ^ a b 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所『利根川の名称の由来』2011年6月13日閲覧
  38. ^ 『利根川百年史』p.2
  39. ^ 国土交通省中国地方整備局浜田河川国道事務所『江の川の概要』2011年4月22日閲覧
  40. ^ a b 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所『利根川の紹介』2011年4月22日閲覧
  41. ^ a b 『河川便覧 平成十六年版』pp.90-92
  42. ^ 『利根川百年史』pp.1596-1601
  43. ^ a b 国土交通省関東地方整備局利根川下流河川事務所『管理 川とその機能を保つ維持管理』2011年4月22日閲覧
  44. ^ 国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所『事業概要』2011年4月22日閲覧
  45. ^ a b 『利根川百年史』p.3
  46. ^ a b 『利根川百年史』p.1601
  47. ^ 『日本の多目的ダム 直轄編 1990年版』pp.448-449
  48. ^ 水生生物の保全に係る水質環境基準の水域類型指定(案)に関する意見の募集について 1.(4)個票(河川)
  49. ^ 国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所『昔はどうなっていたか』2011年4月23日閲覧
  50. ^ 『利根川百年史』pp.299-300
  51. ^ 水土里ネット見沼代用水『黒沼笠原沼用水路』2011年8月12日閲覧
  52. ^ 『利根川百年史』pp.663-664
  53. ^ 『利根川百年史』p.1245
  54. ^ 『茨城県史 市町村編III』pp.396-400
  55. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』総貯水容量順位表2011年4月22日閲覧
  56. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』矢木沢ダム2011年4月22日閲覧
  57. ^ 『利根川百年史』pp.1435-1440
  58. ^ 『水資源開発公団30年史』pp.121-126
  59. ^ 『利根川百年史』pp.1444-1445
  60. ^ 『水資源開発公団30年史』p.13
  61. ^ 『日本の多目的ダム 補助編 1990年版』pp.176-177
  62. ^ 『河川便覧 平成十六年版』pp.30-31
  63. ^ 邑楽町『都市公園 多々良沼公園』2011年6月16日閲覧
  64. ^ 国土地理院『湖沼面積』2011年6月16日閲覧
  65. ^ 小学館『デジタル大辞泉』
  66. ^ 先史時代の利根川水系とその変遷」菊地隆男、アーバンクボタ、1981年。
  67. ^ 『利根川百年史』pp.86-87
  68. ^ 『利根川百年史』p.87
  69. ^ 『利根川百年史』pp.77-78
  70. ^ 『利根川百年史』p.79
  71. ^ 『利根川百年史』p.289
  72. ^ 『利根川百年史』p.141
  73. ^ 『利根川百年史』p.88
  74. ^ a b c 『利根川百年史』p.89
  75. ^ a b 『利根川百年史』p.305
  76. ^ 行田市教育委員会『石田堤』2011年4月24日閲覧
  77. ^ 『利根川百年史』pp.308-309
  78. ^ 『利根川百年史』pp.315-320
  79. ^ 『利根川百年史』pp.311-312
  80. ^ 『利根川百年史』p.315
  81. ^ 『利根川百年史』pp.312-313
  82. ^ 『利根川百年史』pp.313-314
  83. ^ 『利根川百年史』pp.368-369
  84. ^ 『利根川百年史』p.366
  85. ^ 『利根川百年史』p.373
  86. ^ 『利根川百年史』pp.373-374
  87. ^ 『利根川百年史』p.372
  88. ^ 『利根川百年史』pp.371-372
  89. ^ 『利根川百年史』p.375
  90. ^ 『利根川百年史』pp.376-371
  91. ^ 『利根川百年史』pp.349-351
  92. ^ 『利根川百年史』pp.356-359
  93. ^ 『利根川百年史』pp.174-177
  94. ^ 『利根川百年史』pp.339-340
  95. ^ 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  96. ^ 『利根川百年史』p.188
  97. ^ 『利根川百年史』p.408
  98. ^ 『利根川百年史』p.418
  99. ^ 『利根川百年史』p.530
  100. ^ 『利根川百年史』pp.504-511
  101. ^ 『利根川百年史』pp.568-574
  102. ^ 『利根川百年史』pp.636-657
  103. ^ 『利根川百年史』pp.680-688
  104. ^ 『利根川百年史』pp.731-732
  105. ^ 『利根川百年史』pp.759-778
  106. ^ 『利根川百年史』pp.782-787
  107. ^ 『利根川百年史』pp.803-831
  108. ^ 『利根川百年史』pp.820-860
  109. ^ 『利根川百年史』p.880
  110. ^ 『利根川百年史』pp.874-880
  111. ^ 『利根川百年史』pp.923-960
  112. ^ 『利根川百年史』p.1208
  113. ^ 『利根川百年史』pp.1243-1244
  114. ^ 『利根川百年史』pp.1380-1382
  115. ^ 『国土総合開発特定地域の栞』pp.25-31
  116. ^ 『利根川水系の綜合改革』p.3
  117. ^ 『利根川水系の綜合改革』pp.5-18
  118. ^ 『利根川水系の綜合改革』p.30
  119. ^ 『水資源開発公団30年史』pp.110-170
  120. ^ 独立行政法人水資源機構房総導水路管理所『房総導水路の歴史』2011年5月7日閲覧
  121. ^ 国土交通省関東地方整備局霞ヶ浦河川事務所『霞ヶ浦開発事業』2011年5月7日閲覧
  122. ^ 『利根川百年史』pp.1067-1069
  123. ^ 国土交通省関東地方整備局江戸川河川事務所『首都圏外郭放水路』2011年5月7日閲覧
  124. ^ 日本水フォーラム『水関連災害(全般・世界)』2011年6月13日閲覧
  125. ^ 『利根川水系河川整備基本方針』利根川水系流域および河川の概要pp.64-65 2011年6月13日閲覧
  126. ^ a b c 『利根川水系河川整備基本方針』基本高水等に関する資料 p.25 2011年5月7日閲覧
  127. ^ 『利根川百年史』pp.516-523
  128. ^ 『利根川百年史』pp.950-951
  129. ^ 『利根川百年史』pp.564-569
  130. ^ 『湖水を拓く』pp.20-21
  131. ^ 『利根川百年史』p.1379
  132. ^ 『沼田市史 通史編三』pp.649-652
  133. ^ 『利根川百年史』p.1353
  134. ^ 『利根川百年史』pp.945-946
  135. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』水利権とダム(2) - 分水 -2011年5月10日閲覧
  136. ^ 尾崎三吉『尾瀬原・只見川・利根川の水力開発概要』土木学会誌第33巻5・6号2011年5月10日閲覧
  137. ^ 国土交通省河川局河川計画課『新たな基準に沿った検証の対象とするダム事業を選定する考え方について』 (PDF) 2011年5月10日閲覧
  138. ^ 産経ニュース2011年3月14日記事2011年5月10日閲覧
  139. ^ 内閣府中央防災会議『利根川の洪水氾濫時の死者数・孤立者数等の公表について』2011年5月10日閲覧
  140. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』2011年5月10日閲覧
  141. ^ 毎日新聞栃木版2011年3月25日記事
  142. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』丸沼ダム2011年5月14日閲覧
  143. ^ 国土交通省関東地方整備局利根川ダム統合管理事務所『位置図・諸元一覧』2011年7月8日閲覧
  144. ^ 埼玉県土地水政策課『川とダムの状況』2011年7月8日閲覧
  145. ^ 東京都水道局『安定した水源の確保』2011年7月8日閲覧
  146. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』都道府県別全項目インデックス2011年5月14日閲覧
  147. ^ 『利根川百年史』p.369,p.1041,p.1051,p.1233,pp.1669-1670
  148. ^ 安中市上下水道部『水道事業の紹介(ダム)』2011年5月14日閲覧
  149. ^ 『河川開発』第78号pp.20-21
  150. ^ 国土交通省関東地方整備局鬼怒川河川事務所『鬼怒川・小貝川の紹介』2011年5月11日閲覧
  151. ^ a b 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』ダムの書誌あれこれ(61)~鬼怒川のダム(上)2011年5月11日閲覧
  152. ^ 『流域紀行 - 鬼怒・小貝』pp.54-59
  153. ^ 『利根川百年史』p.935
  154. ^ 『利根川水系河川整備基本方針』基本高水等に関する資料 p.31
  155. ^ 『利根川百年史』p.1615
  156. ^ 千葉県『手賀沼の諸元及び利水状況』2011年5月28日閲覧
  157. ^ 写真集『手賀沼』2011年5月28日閲覧。写真中に河川占用許可看板がある。
  158. ^ 千葉県『印旛沼の諸元及び利水状況』2011年5月28日閲覧
  159. ^ 『利根川百年史』p.1061
  160. ^ 『利根川百年史』p.953
  161. ^ 埼玉県杉戸県土整備事務所『河川の改修や排水機場の管理など』中川上流排水機場・幸手放水路について2011年5月16日閲覧
  162. ^ 『利根川百年史』p,1051,pp.1101-1105
  163. ^ 草加市『綾瀬川放水路』2011年5月30日閲覧
  164. ^ 千葉県県土整備部河川環境課『平成16年千葉県水害報告書』第6章治水施設の効果について(1)小野川放水路 2007年2011年5月16日閲覧
  165. ^ 千葉県『利根川水系江戸川左岸圏域河川整備計画』第2章 河川の現況と課題2013年9月8日閲覧
  166. ^ 農林水産省『疏水名鑑』 - 長野堰用水 - 2011年5月14日閲覧
  167. ^ a b 『利根川百年史』p.1232
  168. ^ a b 農林水産省『疏水名鑑』疏水百選2011年5月14日閲覧
  169. ^ 全国流域連絡会議2011年5月14日閲覧
  170. ^ 『水資源開発公団30年史』pp.392-399
  171. ^ 東北電力『三居沢電気百年館』2011年6月2日閲覧
  172. ^ 『利根川百年史』pp.1284-1285
  173. ^ 『利根川百年史』p.1285
  174. ^ 社団法人電力土木技術協会『水力発電データベース』東京電力日光第二発電所2011年6月2日閲覧
  175. ^ 『利根川百年史』p.1287
  176. ^ a b 八ッ場あしたの会『八ッ場ダムと発電』2011年5月15日閲覧
  177. ^ 古河日光発電株式会社『当社水力発電の歴史』2011年5月15日閲覧
  178. ^ 『小水力発電データベース』日光二社一寺自家用協同組合滝尾発電所2011年5月15日閲覧
  179. ^ 『利根川百年史』pp.1288-1289
  180. ^ 独立行政法人水資源機構霞ヶ浦用水管理所『小貝川小水力発電設備の供用開始について(お知らせ)』2011年7月8日閲覧
  181. ^ 独立行政法人水資源機構霞ヶ浦用水管理所『小貝川発電所について』2011年7月8日閲覧
  182. ^ 社団法人電力土木技術協会『水力発電データベース』利根川水系発電所一覧
  183. ^ 『河川便覧 平成十六年版』p.206
  184. ^ 『利根川百年史』pp.1486-1489
  185. ^ 『利根川百年史』pp.1491-1494
  186. ^ 『利根川百年史』pp.1498-1499
  187. ^ 『利根川百年史』pp.1577-1578
  188. ^ 『利根川百年史』pp.1506-1507
  189. ^ 『利根川百年史』p.1508
  190. ^ 『利根川百年史』pp1565-1574
  191. ^ 『利根川百年史』p.1520
  192. ^ 『利根川百年史』pp.1561-1564
  193. ^ a b c d e 国土交通省『平成21年全国一級河川の水質現況』p.1592011年5月23日閲覧
  194. ^ 国土交通省河川局『利根川水系河川整備基本方針』6.河川の流況と水質2011年6月13日閲覧
  195. ^ 国土交通省『平成21年全国一級河川の水質現況』p.5
  196. ^ a b c d 環境省『平成21年度公共用水域水質調査結果』2011年6月13日閲覧
  197. ^ 『水資源開発公団30年史』p.161
  198. ^ 毎日新聞2011年3月25日付け記事
  199. ^ 毎日新聞千葉版2011年5月31日付け記事
  200. ^ 『日本の多目的ダム 1963年版』pp.418-419
  201. ^ 『利根川百年史』p.1774
  202. ^ 国土交通省関東地方整備局品木ダム水質管理所『中和事業について』2011年5月22日閲覧
  203. ^ 財団法人日本ダム協会『ダム便覧』こうして隅田川でレガッタが復活した2011年5月22日閲覧
  204. ^ a b c 我孫子市『手賀沼水質情報 全国湖沼汚濁度順位発表』2011年5月23日閲覧
  205. ^ 国土交通省関東地方整備局利根川下流河川事務所『北千葉導水路運転状況』2011年5月22日閲覧
  206. ^ 国立環境研究所『湖沼水質保全特別措置法に基づく指定地域』2011年5月22日閲覧
  207. ^ a b 『利根川百年史』p.376
  208. ^ 『戦国の魁 早雲と北条一族』p.89,p.94
  209. ^ 『利根川百年史』pp.376-377
  210. ^ 『利根川百年史』pp.96-97
  211. ^ 『利根川百年史』pp.378-379
  212. ^ 『新編藩史総覧』p.77
  213. ^ 『利根川百年史』pp.383-385
  214. ^ 『利根川百年史』pp.387-388
  215. ^ 『利根川百年史』p.128
  216. ^ 『利根川百年史』pp.452-462
  217. ^ a b 『利根川百年史』p.468
  218. ^ 『利根川百年史』p.97
  219. ^ 『利根川百年史』p.127
  220. ^ 『利根川百年史』p.96
  221. ^ a b 前橋観光コンベンション協会『前橋まるごとガイド』2011年5月25日閲覧
  222. ^ a b 『産業技術遺産探訪』旧・吾嬬橋(旧・坂東橋)2011年5月25日閲覧
  223. ^ a b c 『利根川百年史』p.130
  224. ^ 埼玉県都市整備課『利根サイクリングコース』2011年5月28日閲覧
  225. ^ 公益社団法人土木学会『田中賞作品部門受賞一覧』2011年6月11日閲覧
  226. ^ a b c 『利根川百年史』p.129
  227. ^ 『日本国有鉄道百年史』第2巻 pp.438 - 442 日本国有鉄道 1970年4月1日
  228. ^ 大町雅美『栃木県鉄道史話』pp.37 - 41 落合書店 1981年1月10日
  229. ^ 『日本国有鉄道百年史』第2巻 p.437,p.486
  230. ^ 『利根川百年史』p.1401
  231. ^ 産業計画会議『東京の水は利根川から - 8億トンの沼田ダムを建設せよ』2011年5月26日閲覧
  232. ^ 群馬県議会八ッ場ダム対策特別委員会議事録2011年5月26日閲覧
  233. ^ a b 『利根川百年史』p.68
  234. ^ 『利根川百年史』p.67
  235. ^ 社団法人栃木県観光物産協会『とちぎ観光・物産ガイド』2011年5月27日閲覧
  236. ^ 独立行政法人水資源機構沼田総合管理所2011年5月27日閲覧
  237. ^ 国土交通省関東地方整備局『利根川水系に関するご意見』2011年5月27日閲覧
  238. ^ 『利根川百年史』p.91
  239. ^ 板倉町公式ウェブサイト『板倉の水塚』2011年6月11日閲覧。水塚の間取り図や分布などが掲載されている。
  240. ^ 『利根川百年史』pp.92-93
  241. ^ 『利根川百年史』p.101
  242. ^ 『利根川百年史』pp.100-101
  243. ^ 『利根川百年史』p.102
  244. ^ 『利根川百年史』pp.101-102
  245. ^ 『利根川百年史』pp.102-103







利根川と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

利根川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「利根川」の関連用語

利根川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

鈴鹿川

霞ヶ浦

肝属川

阿武隈川

日野川

鬼怒川

吉野川

仁淀川





利根川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国土交通省河川局国土交通省河川局
Copyright© 2017 MLIT Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2017 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの利根川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS