仮面ライダー×仮面ライダー_ウィザード&フォーゼ_MOVIE大戦アルティメイタムとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 仮面ライダー×仮面ライダー_ウィザード&フォーゼ_MOVIE大戦アルティメイタムの意味・解説 

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/22 07:59 UTC 版)

仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム』(かめんライダーかめんライダー ウィザードアンドフォーゼ ムービーたいせんアルティメイタム)は、2012年12月8日より東映系で公開された、特撮テレビドラマシリーズ『仮面ライダーシリーズ』の『仮面ライダーウィザード』と『仮面ライダーフォーゼ』の劇場版作品で『仮面ライダーフォーゼ』としての完結編である。




  1. ^ 2014年記者発表資料(2013年度統計) (PDF)”. 日本映画製作者連盟 (2013年1月28日). 2013年1月28日閲覧。
  2. ^ イナズマンのデザイン・設定などは漫画版に近い物になっているが、ゼーバーといった映像作品由来のアイテムも登場している。
  3. ^ エンドロール終了後に登場するのみで、本編には直接関わらない。
  4. ^ 初代「美少女仮面ポワトリン」花島優子、22年ぶり当時の衣装で観客魅了!シネマトゥデイ 2012年12月18日
  5. ^ 賢吾は宇宙京都大学の大学院生、ユウキは宇宙飛行士、流星はインターポールの捜査官、美羽はモデル、隼はアメフト選手、友子は小説家、JKは週刊誌の編集部で働く自称ジャーナリスト。
  6. ^ ディレクターズカット版では逮捕直前に使用していたゾディアーツスイッチをメテオストームが握り潰すシーンが追加された。
  7. ^ 劇場パンフレットより記載。
  8. ^ 「宇宙船vol.140特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2013」、『宇宙船』vol.140(2013.春号)、ホビージャパン2013年4月1日、 別冊p.10、 ISBN 978-4798605944
  9. ^ 『平成仮面ライダー英雄伝II』(カンゼン)p.169
  10. ^ ディレクターズカット版より
  11. ^ Wの場合、肉体の交換が必要なファングジョーカーをハーフチェンジの状態から直接変身することが出来たり、オーズでは変身不可能になったプトティラコンボに変身することが出来るなど。
  12. ^ ディレクターズカット版のオーディオコメンタリー内での発言より。
  13. ^ 直接の変身ではなく、ライダーリングで召喚されたオーズの声を担当している。
  14. ^ 劇場公開版ではノンクレジット扱いであったが、ディレクターズカット版にてクレジットされた。
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n エンドクレジットより。
  16. ^ 「仮面ライダー」、ジェームズ・ボンドを抜き去る!安定した強さで初登場トップ!シネマトゥデイ 2012年12月11日


「仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「仮面ライダー×仮面ライダー_ウィザード&フォーゼ_MOVIE大戦アルティメイタム」の関連用語

仮面ライダー×仮面ライダー_ウィザード&フォーゼ_MOVIE大戦アルティメイタムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

柳蘭

ミラ

821SC

YZ250

染井吉野

マットコートステンレス

S-636

静趣活創棚田・番所





仮面ライダー×仮面ライダー_ウィザード&フォーゼ_MOVIE大戦アルティメイタムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮面ライダー×仮面ライダー ウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS