ソフトウェア開発技術者試験とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ソフトウェア開発技術者試験の意味・解説 

ソフトウェア開発技術者試験

読み方ソフトウェアかいはつぎじゅつしゃしけん
別名:ソフトウェア開発技術者試験(SW)
【英】Software Design & Development Engineer Examination

ソフトウェア開発技術者試験とは、経済産業省認定していた国家試験のひとつである。独立行政法人情報処理推進機構が、試験運営を行っていた。

2001年試験制度変更が行われた際、1994年登場した「プロダクションエンジニア試験」の一部と「第一種情報処理技術者試験」が合併して名称変更したものがソフトウェア開発技術者試験である。2009年には、さらに試験範囲拡大した「応用情報技術者試験」へと改名されている。

ソフトウェア開発技術者試験では、ソフトウェア開発プロジェクトや、プログラム対す一連の業務担当している者を対象とし、高度なアルゴリズムデータベース知識プログラム作成といったソフトウェア開発技術者としてだけではなく指導も含めた幅広い能力求められた。


参照リンク
ソフトウェア開発技術者試験(SW) 制度の概要 - (情報処理推進機構

応用情報技術者試験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/19 13:37 UTC 版)

(ソフトウェア開発技術者試験 から転送)

応用情報技術者試験(おうようじょうほうぎじゅつしゃしけん、Applied Information Technology Engineer Examination、略号AP)は、情報処理の促進に関する法律第7条第1項の規定に基づき経済産業大臣が行う国家試験である情報処理技術者試験の一区分であり、試験制度のスキルレベル3(スキルレベルは1~4が設定されている。)に相当する。




  1. ^ a b 情報処理技術者試験 推移表 (PDF) (情報処理技術者試験センター)


「応用情報技術者試験」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソフトウェア開発技術者試験」の関連用語

ソフトウェア開発技術者試験のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




ソフトウェア開発技術者試験のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリソフトウェア開発技術者試験の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの応用情報技術者試験 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS