按摩 視覚障害者とあんまさん

按摩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/12 04:24 UTC 版)

視覚障害者とあんまさん

戦中までの文学作品には、杖・黒めがね・あんま笛の三点セットを身につけて街を流して歩く視覚障害者である盲人のあんまさんの姿がよく見られる。最近のものでは、文藝春秋のエンターテインメント系文芸誌オール讀物2007年1月号に掲載された佐藤愛子の「離れの人」という短編小説に、「口に入るもんならあんまの笛でもええ」という表現がある。

かつては、あんまという言葉が視覚障害者の盲人を指す際に使われることがあった。そのため、実際には自宅などで、「按摩」をしていても、看板や広告には、「マッサージ」と表記する人が多い。またあんまという言葉自体も放送禁止用語扱いされており、『三つで五百円』(西条ロック)のように「歌詞にあんまという言葉が含まれている」ことが理由となって民放連要注意歌謡曲指定制度における「要注意歌謡曲」となり、事実上テレビ・ラジオでのオンエアが不可能になった曲も存在する[11]

相撲用語として

番付下位力士が上位力士の稽古相手をすること。実力が違い過ぎて、下位力士との稽古は体をほぐす按摩のようなものという意味からこの相撲用語が成り立っている。

脚注

[脚注の使い方]

参考文献

  • 傅維康/呉鴻州 著 川井正久/川合重孝/山本恒久 訳『中国医学の歴史』(東洋学術出版社、1997年) ISBN 978-4-924-95434-2
  • 公益財団法人日本相撲協会監修『ハッキヨイ!せきトリくん わくわく大相撲ガイド 寄り切り編』41p

関連項目

性質
資格
雑学
  • 座頭 - 江戸時代に下ると、按摩の代名詞ともなる。
異なるもの
その他

外部リンク


  1. ^ a b c d 東洋医療研究会『なる本 はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師』週刊住宅新聞社、2006年、20頁
  2. ^ 東洋医療研究会『なる本 はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師』週刊住宅新聞社、2006年、25頁
  3. ^ 丸山裕美子「按摩」『日本史大事典 1』(平凡社)
  4. ^ 遠藤元男「按摩」『日本史大事典 1』(平凡社)
  5. ^ 西山松之助「按摩」『国史大辞典 1』(吉川弘文館)
  6. ^ 加藤康昭「按摩」『日本歴史大事典 1』(小学館)
  7. ^ 遠藤元男「按摩」『日本史大事典 1』(平凡社)・西山松之助「按摩」『国史大辞典 1』(吉川弘文館)・加藤康昭「按摩」『日本歴史大事典 1』(小学館)
  8. ^ 増永静人 (1966年). “東洋医学に於ける指圧療法の立場”. 日本東洋醫學會誌. doi:10.14868/kampomed1950.17.66. 2018年7月7日閲覧。
  9. ^ Tui Na MTCP”. Academy of Chinese Culture and Health Sciences. 2012年7月24日閲覧。
  10. ^ a b c d 東洋医療研究会『なる本 はり師・きゅう師・あんまマッサージ指圧師』週刊住宅新聞社、2006年、24頁
  11. ^ 東京中日スポーツ・2009年8月27日付 16面。ただし「放送禁止歌」(森達也著、光文社文庫、2003年)pp.70 - 71に収録されている要注意歌謡曲リストには曲名がない。


「按摩」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「按摩」の関連用語

按摩のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



按摩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの按摩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS