IMFとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > IMFの意味・解説 

IMF(あいえむえふ)

世界銀行並び戦後国際金融支えてきた機関

世界銀行復興開発目的とする資金提供を担当する一方、IMFは通貨安定化目的とする資金融資担当してきた。現在では、融資対象国として発展途上国比重移している。IMFから融資を受ける場合には、金融政策財政政策引き締めとして作成されたプログラム遵守する必要がある

1994年メキシコ通貨危機、続く97年アジア通貨危機のとき、資金提供と通貨金融安定化支援するプログラム作成するなど大きな役割を果たしている。また、社会主義国市場経済体制への移行円滑に進めるための技術支援なども行っている。

IMFは、1944年7月アメリカブレトンウッズ開かれた連合国通貨金融会議設立が決まった。日本は、1952年加盟し、現在のIMF出資割当額はアメリカに次ぎ、ドイツと並ぶ第2位となっている。

設立から50年以上経ち、現在の国際金融におけるIMFの役割運営方針改革求める声も出始めている。

(2000.04.18更新


IMF(International Monetary Fund)


国際通貨基金(IMF:International Monetary Fund)


IMF

読み方アイ・エム・エフ
英文正式名International Monetary Fund
日本名(略称):国際通貨基金

1944年7月米国ブレトン・ウッズにおいて開催された連合国通貨金融会議通称、「ブレトンウッズ会議」)において調印されたIMF協定に基づき1946年3月設立された国際金融機関通貨に関する国際協力促進為替安定促進加盟国国際収支不均衡是正するための基金一般資金一時的加盟国利用させることなどを目的としている。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

IMF(アイ・エム・エフ)

International Monetary Fundの略、国際通貨基金のこと。126ヶ国の組織で、国際協調促進国際貿易拡大および均衡発展促進為替安定促進多国籍決済制度確立および外国為替制限排除促進などを目的としています。

インドメタシンファルネシル

分子式C34H40ClNO4
その他の名称:E-0710、1-(4-Chlorobenzoyl)-5-methoxy-2-methyl-1H-indole-3-acetic acid 3,7,11-trimethyl-2,6,10-dodecatrienyl ester、インドメサシンファルネシル、Indomethacin farnesil、Indometacin farnesil、インドメタシンファルネシル、IM-F、インフリー、インフリーS、Infree S、Infree
体系名:1-(4-クロロベンゾイル)-5-メトキシ-2-メチル-1H-インドール-3-酢酸3,7,11-トリメチル-2,6,10-ドデカトリエニル


IMF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/27 18:07 UTC 版)

IMF




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「IMF」の関連用語

IMFのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



IMFのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2019 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIMF (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS