居るとは? わかりやすく解説

お・る〔をる〕【居る】

[動ラ五][文]を・りラ変

㋐人が存在するそこにいる。「海外に何年—・られましたか」

㋑「いる」の古風な、または尊大な言い方また、「いる」に比べ方言的な響き帯びる。「君はそこに—・ったのか」「都会にはセミも—・らんようになった

(「おります」の形で自分自分の側の者についていう)「いる」の丁寧な言い方。「五時までは会社に—・ります」

動詞連用形に付いて用いる。

㋐(相手軽蔑する気持ちを込めて)…やがる。「あんなやつに負け—・って」

自分卑下する気持ちを表す

「私も隣の京屋にゐ—・ります」〈伎・夕霧七年忌

(「立つ」に対してすわっている。

しきたへの床の辺(へ)去らず立てれども—・れどもともに戯(たはぶ)れ」〈・九〇四〉

補助動詞動詞連用形接続助詞「て」を添えたに付いて用いる。

㋐「…ている」の古風な、または尊大な言い方。「そこに控えて—・れ」

㋑(「…ております」の形で)「…ている」の丁寧な言い方。「ただ今外出して—・ります」

[補説] (1)助動詞「れる」の付いたおられる」「…ておられる」の形で尊敬表現用いられる(2)もとはラ変活用室町時代以後四段活用変化

[可能] おれる


いる〔ゐる〕【居る】

[動ア上一[文][ワ上一《じっと動かないでいる、低い姿勢静かにしているのをいうのが原義で、「立つ」に対する語》

人や動物が、ある場所に存在する。「ペンギン北極にはない」「そこにいるのは誰ですか」

住む。滞在する。「ロンドンいる兄からの便り

移動するのをやめて、そこにとどまる。

静止している。「動かないで、そこにいるんですよ」

㋑すわる。しゃがむ。

「立ちて見れどもあやし」〈四〇〇三〉

鳥が、とまる。

「後徳大寺大臣(おとど)の寝殿に、させじとて」〈徒然一〇

などがかかり、じっととどまる。

筑波嶺(つくばね)の嶺ろ過ぎかてに息づく君を率(ゐ)寝て遣らさね」〈万・三三八八〉

㋔船が浅瀬つかえて動かないでいる。

「みさごゐる渚(す)にゐる舟の漕ぎ出なばうら恋しけむ後(のち)は相寝(あひぬ)とも」〈万・三二〇三〉

や氷などが生じる。できる。

「池などある所も水草(みくさ)」〈一七八〉

「つららて守る岩間の関なればよをへてかたくなりまさるかな」〈堀河百首

ある地位につく

春宮(とうぐう)には若宮給ひにけり」〈宇津保・国譲下〉

(「腹ゐる」の形で怒り治まる。「腹立つに対する語。

「妻(め)の腹にければ、重方がいはく」〈今昔二八・一〉

補助動詞動詞連用形接続助詞「て」が付いたに付く

動作・状態続いて現在に至ることを表す。「鳴いている」「花が咲いている

動作作用結果が、続いて現在もあることを表す。「枯れている」「窓があいている

現在の状態を表す。「彼の気持ちはもう変わっている


おる

・る【居る】[動ラ五] (人が)いる。〈高〉

おる【居る】

品詞動詞
標準語》いる、存在する、場を占め
用例》「橋の上に、がおる」(橋の上に、がいる)。
参照動詞活用表(おる)

お・る【居る】

方言味・解
お・る【居る】自動五)いる。

存在動詞

(居る から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 06:53 UTC 版)

存在動詞(そんざいどうし)とは、基本的には存在表現する動詞のことをいう。 また言語によって異なるものの、名詞形容詞などの補語を伴って主語の状態を表現したり(これを繋辞またはコピュラという)、助動詞として進行形受動態を表したりすることもある。英語に代表させて他の印欧語族の語の同じ性格の動詞を包括的に be 動詞と呼ぶこともある[1]


  1. ^ 例えばドイツ語においては,seinの活用形の総称を,その原形を用いて「sein動詞」と呼ぶことがある。これと同様に,一般に「be動詞」といった場合,英語のbeの活用形の総称を指すことが多い点に注意されたい。


「存在動詞」の続きの解説一覧

居(お)る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 05:16 UTC 版)

「居(い)る」の意。人や動物存在を表す動詞には、「いる」とともに「おる」も使用される。例:「あの衆らなら在所におるに」(=「あの人たちなら実家にいるよ」)。

※この「居(お)る」の解説は、「遠州弁」の解説の一部です。» 「遠州弁」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

居る

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:36 UTC 版)

動詞

  1. いる
  2. おる

「居る」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

居るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



居るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
北海道方言辞書北海道方言辞書
Copyright © 1997-2022 by akaringo. All rights reserved.
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2022 gonbe007
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの存在動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの遠州弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの居る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS