ファウスト (文芸誌)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ファウスト (文芸誌)の意味・解説 

ファウスト (文芸誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/25 14:06 UTC 版)

ファウスト』は、講談社が不定期に刊行している文芸雑誌。2003年9月創刊。キャッチコピーは「闘うイラストーリー・ノベルスマガジン」。編集は講談社の太田克史が1人で行っている。掲載される作品は「ファウスト系」と呼ばれることがある。また小説のジャンルとして「新伝綺」を提唱した。




[ヘルプ]
  1. ^ Vol.2編集後記参照
  2. ^ Vol.5 (p.136) 及びVol.6A (p.362) 参照
  3. ^ Vol.1編集後記および本物のDTPを目指した文芸誌「ファウスト」 Archived 2014年3月27日, at the Wayback Machine.参照
  4. ^ 本物のDTPを目指した文芸誌「ファウスト」 Archived 2014年3月27日, at the Wayback Machine.より
  5. ^ 導入してわかる新たな次世代DTP戦略 Archived 2007年1月2日, at the Wayback Machine.より
  6. ^ Vol.4「Editor×Editor」での矢野優の発言参照
  7. ^ 「カルチャー・ビッグバン発生中! 渡辺浩弐×『ファウスト』編集長トークセッション」『ファウスト』Vol.7 pp.573-575、講談社、2008年8月 参照
  8. ^ 『最小説』は2009年より月2回刊行となっており、上旬号は『最小説』、下旬号は『最小説 映刻』(通称『最映刻』)というタイトルで刊行されている。
  9. ^ http://twitter.com/FAUST_editor_J/status/116899965434998786
  10. ^ Vol.1のみキャッチコピーが異なり、「全台第一本專為青少年量身打造的文學MOOK」となっている。
  11. ^ Vol.6A p.332およびp.335参照
  12. ^ 台湾版Vol.3 SIDE-A編集後記 (p.256) 参照
  13. ^ 台湾版Vol.4 SIDE-A編集後記 (p.258) 参照
  14. ^ 『FAUST 2』収録の対談"Talk Session: On the Occasion of the Publication of the U.S. Edition of Faust" p.313参照
  15. ^ 講談社BOOK倶楽部 - ファウスト Archived 2007年1月20日, at the Wayback Machine.
  16. ^ Vol.7 p.18参照
  17. ^ 先端出版 2008年浮文誌新人奨(中国語)
  18. ^ 台湾版Vol.3 SIDE-B編集後記 (pp.290-291) 参照
  19. ^ 關於〈請勿挖掘〉這篇小說 - 作者の冷言による解説(中国語)
  20. ^ 烏奴奴的異想國度 - 推理作家烏奴奴のWebサイト(中国語)
  21. ^ 韓国版ファウストVol.6A p.781参照


「ファウスト (文芸誌)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファウスト (文芸誌)」の関連用語

ファウスト (文芸誌)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

返信ハガキの書き方

MCA無線システム

ハナミョウガ

フック

尻屋埼灯台

水源の森 木谷山

アイボリーマイカルタ

ボディ





ファウスト (文芸誌)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファウスト (文芸誌) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS