ファウスト (文芸誌)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ファウスト (文芸誌)の意味・解説 

ファウスト (文芸誌)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 19:54 UTC 版)

ファウスト』は、講談社が不定期に刊行している文芸雑誌。2003年9月創刊。キャッチコピーは「闘うイラストーリー・ノベルスマガジン」。編集は講談社の太田克史が1人で行っている。掲載される作品は「ファウスト系」と呼ばれることがある。また小説のジャンルとして「新伝綺」を提唱した。




  1. ^ Vol.2編集後記参照
  2. ^ Vol.5 (p.136) 及びVol.6A (p.362) 参照
  3. ^ Vol.1編集後記および本物のDTPを目指した文芸誌「ファウスト」 Archived 2014年3月27日, at the Wayback Machine.参照
  4. ^ 本物のDTPを目指した文芸誌「ファウスト」 Archived 2014年3月27日, at the Wayback Machine.より
  5. ^ 導入してわかる新たな次世代DTP戦略 Archived 2007年1月2日, at the Wayback Machine.より
  6. ^ Vol.4「Editor×Editor」での矢野優の発言参照
  7. ^ 「カルチャー・ビッグバン発生中! 渡辺浩弐×『ファウスト』編集長トークセッション」『ファウスト』Vol.7 pp.573-575、講談社、2008年8月 参照
  8. ^ 『最小説』は2009年より月2回刊行となっており、上旬号は『最小説』、下旬号は『最小説 映刻』(通称『最映刻』)というタイトルで刊行されている。
  9. ^ http://twitter.com/FAUST_editor_J/status/116899965434998786
  10. ^ 原作/ゆずはらとしゆき
  11. ^ 原作/ゆずはらとしゆき
  12. ^ Vol.1のみキャッチコピーが異なり、「全台第一本專為青少年量身打造的文學MOOK」となっている。
  13. ^ Vol.6A p.332およびp.335参照
  14. ^ 台湾版Vol.3 SIDE-A編集後記 (p.256) 参照
  15. ^ 台湾版Vol.4 SIDE-A編集後記 (p.258) 参照
  16. ^ 『FAUST 2』収録の対談"Talk Session: On the Occasion of the Publication of the U.S. Edition of Faust" p.313参照
  17. ^ 講談社BOOK倶楽部 - ファウスト Archived 2007年1月20日, at the Wayback Machine.
  18. ^ Vol.7 p.18参照
  19. ^ 先端出版 2008年浮文誌新人奨(中国語)
  20. ^ 台湾版Vol.3 SIDE-B編集後記 (pp.290-291) 参照
  21. ^ 關於〈請勿挖掘〉這篇小說 - 作者の冷言による解説(中国語)
  22. ^ 烏奴奴的異想國度 - 推理作家烏奴奴のWebサイト(中国語)
  23. ^ 韓国版ファウストVol.6A p.781参照


「ファウスト (文芸誌)」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファウスト (文芸誌)」の関連用語

ファウスト (文芸誌)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ファウスト (文芸誌)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファウスト (文芸誌) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS