らくらくホンベーシック らくらくホン ベーシック4 (2014年)

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > らくらくホンベーシックの解説 > らくらくホン ベーシック4 (2014年) 

らくらくホンベーシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/31 14:44 UTC 版)

らくらくホン ベーシック4 (2014年)

型番:F-01G

歴史

  • 2014年9月30日 - 2014-15冬モデルの1機種として開発を発表[7]
  • 2014年10月4日 - 発売開始

概要

  • らくらくホンベーシックとしては約3年半ぶりの新モデルとなるベーシック4では、ベーシックモデルで初となる防水(IPX5/IPX8等級相当)・防塵(IP5X等級相当)対応となり、水回り・雨の日での外出先・レジャーでも使用できるようになった。
  • また、上位機種のらくらくホン8で採用されている「光ガイド」機能も加わり、着信があった時には受話ボタンが点滅、設定完了画面では画面と連動して該当するボタンが光るため操作がしやすくなった。
  • カラーはらくらくホンベーシック3から継続設定のゴールドとピンク、らくらくホンベーシック以来の設定となるブラック、新色のブルーを加えた4色展開としている。

関連項目

外部リンク




[ヘルプ]
  1. ^ ドコモ、シンプル+使いやすさの「らくらくホン ベーシック」
  2. ^ 2009年(平成21年)3月11日総務省告示第121号「登録証明機関が技術基準適合証明及び工事設計認証をした件」
  3. ^ 2009年(平成21年)7月21日総務省告示第381号「端末機器の技術基準適合認定及び設計認証の報告に関する件」
  4. ^ 「docomo NEXT series GALAXY S II LTE SC-03D」「らくらくホン ベーシック3」に新色を追加 - NTTドコモ 報道発表資料 2012年1月5日(2012年1月9日閲覧)
  5. ^ 「ドコモ らくらくホン ベーシック3 F-08C」に新色を追加 - NTTドコモ 報道発表資料 2013年12月2日(2013年12月2日閲覧)
  6. ^ なお、この「スーパーはっきりボイス3」は後に同じ富士通東芝が開発したauKDDI沖縄セルラー電話連合)向けスマートフォンWindows Phone IS12T(TSI12)にも搭載された。
  7. ^ 2014-2015冬春モデルの16機種を開発・発売 - 株式会社NTTドコモ 報道発表資料 2014年9月30日(2014年10月5日閲覧)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

らくらくホンベーシックに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「らくらくホンベーシック」の関連用語


2
18% |||||

3
18% |||||

4
18% |||||

5
18% |||||

6
18% |||||

7
18% |||||

8
18% |||||

9
18% |||||


らくらくホンベーシックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series F-02B

docomo STYLE series SH-02B

らくらくホン ベーシック

Windows®ケータイ HT1100

AQUOSケータイ SH906iTV

FOMA SH706i

docomo STYLE series SH-08B

らくらくホンV





らくらくホンベーシックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのらくらくホンベーシック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS