らくらくホンベーシック らくらくホン ベーシック3 (2011年)

らくらくホンベーシック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/22 02:41 UTC 版)

らくらくホン ベーシック3 (2011年)

型番:F-08C

歴史

  • 2011年4月15日 - 開発を発表
  • 2011年4月22日 - 発売開始
  • 2012年1月5日 - 新色ホワイトを発表[4]
  • 2012年2月17日 - 新色ホワイト発売開始
  • 2013年12月2日 - 新色ペールピンクを発表[5]
  • 2013年12月6日 - 新色ペールピンク発売開始

らくらくホン ベーシック3はらくらくホン ベーシックIIの後継機種で、型番名はF-08C(エフ ゼロ はち シー)。NTTドコモから発売される初のSIMロック解除対応端末となる。 また、当該機種に於いては従来機種と比較しサポート面の充実が図られた。

概要

  • NTTドコモが2010年9月に開設した「らくらくホン」シリーズユーザーを対象に使い方などの説明を受けることができる「らくらくホンセンター」へボタン一つで接続できる「使い方」ボタンを追加。
  • 携帯電話の利用状況(歩数、開閉回数、電池残量など)を指定した最大5人の相手(つながりメンバー)に自動通知することができる「つながりほっとサポート」に対応(事前申し込み必要の有料オプションサービス、パケット定額サービス推奨)
  • 相手へのメッセージを録音して声を送ることができる「声の宅配便」に対応。メッセージは相手が聞きたいときに聞くことができ、メッセージが再生された場合にはSMS形式で自分の携帯に通知される。
  • カメラは有効画素数は約510万画素にアップ。機能面でも被写体が笑顔になると自動でシャッターを切る「笑顔撮影」、被写体を自動で追いかけてピントを合わせ続ける「追尾フォーカス」、最大ISO12800相当(待受サイズのみ)の高感度モードも搭載された。カメラを起動してかざすだけで撮りたいシーンを自動で判別して撮影モードを切り替える機能も搭載されており、QRコードも自動認識される。また、前機種のらくらくホン ベーシックIIで対応となったデコメールも新たにデコメ絵文字にも対応するとともに、簡単操作で文書にあったデコメールを自動作成してくれる「かんたんデコメ」機能を搭載した。
  • 「スーパーはっきりボイス2」は人ごみの中でも聞き取りやすい「スーパーはっきりボイス3」[6]に進化するとともに新幹線乗車中・歩行中・走行中の特定環境に合わせて適切に調整を行う「ぴったりボイス」を追加。さらに、事前に生年月日を入力しておくことで、年齢が高くなるにつれて聞き取りづらくなる通話音声の高音部分を自動で強調する「あわせるボイス」も搭載した。
  • また、メインディスプレイは約2.8インチに大画面化するとともにフォントも改良され、濁点半濁点は空間を広くとって潰れにくくし、「さ」や「き」などは文字の離れた部分を明確にして判別しやすくしたことで読みやすさも向上された。
  • 上位機種のらくらくホン7に採用されている一部の機能も搭載しており、ワンタッチで「らくらくiメニュー」へアクセスできる「らくらくサイト」ボタン、消去してしまった文字を1つ前の状態に戻して復活させるあんしん機能、操作方法を音声で検索できる「しゃべって検索」を備えるほか、富士通パソコンFMVらくらくパソコン3/4」との連携に対応。「FMVらくらくパソコン3/4」同梱のらくらくホン専用スタンドにセットするだけで写真や歩数・活動量を取り込むことができる(「FMVらくらくパソコン3」で歩数・活動量を取り込むにはパソコン側でアップデートが必要)。
  • サービスにおいても前述のデコメ絵文字に加え、iモーション・ビデオクリップ、i BodymoiコンシェルFOMAハイスピード(受信時最大7.2MbpsのHSDPA)に対応(らくらくホンシリーズにおけるFOMAハイスピード対応機種はらくらくホンプレミアム、らくらくホン7に次いで3機種目であるが、らくらくホン ベーシックにおいては初採用)。
主な対応サービス
タッチパネル FOMAハイスピード
(受信7.2Mbps)
Bluetooth DCMXおサイフケータイ
iアプリオンラインドコモ地図ナビ 直感ゲームメガiアプリ iウィジェット マチキャラiコンシェル
ホームUポケットU GPSケータイお探しサービス デコメールデコメ絵文字デコメアニメ iチャネル
着もじ テレビ電話キャラ電 ケータイデータお預かりサービス フルブラウザ
おまかせロックバイオ認証 外部メモリーへiモードコンテンツ移行 トルカ iC通信
きせかえツールダイレクトメニュー バーコードリーダ名刺リーダ 2in1 エリアメール/ソフトウェアーアップデート自動更新
GSM3GローミングWORLD WING 着うたフルうた・ホーダイ Music&Videoチャネルビデオクリップ デジタルオーディオプレーヤー

インストールiアプリ

アプリ名 概要
ケータイ能力ストレッチング らくらく版 東北大学川島隆太教授監修の脳トレーニングゲーム
お薬辞典+手帳 薬の管理や使用日時の通知、薬の情報の検索ができるアプリ
ケータイ脳力ストレッチング らくらく版 搭載されているGPS機能を利用して目的地を検索したり、交通手段によるルートを表示できる
E★エブリスタ携帯小説 コミュニティサイト「趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)」で人気の高い携帯小説を読むことができるアプリ
耳ヨミ for らくらくホン オーディオブックを再生するためのアプリ

そのほか、ドコモマーケットから様々なアプリをダウンロードし利用することも可能となっている。




[ヘルプ]
  1. ^ ドコモ、シンプル+使いやすさの「らくらくホン ベーシック」
  2. ^ 2009年(平成21年)3月11日総務省告示第121号「登録証明機関が技術基準適合証明及び工事設計認証をした件」
  3. ^ 2009年(平成21年)7月21日総務省告示第381号「端末機器の技術基準適合認定及び設計認証の報告に関する件」
  4. ^ 「docomo NEXT series GALAXY S II LTE SC-03D」「らくらくホン ベーシック3」に新色を追加 - NTTドコモ 報道発表資料 2012年1月5日(2012年1月9日閲覧)
  5. ^ 「ドコモ らくらくホン ベーシック3 F-08C」に新色を追加 - NTTドコモ 報道発表資料 2013年12月2日(2013年12月2日閲覧)
  6. ^ なお、この「スーパーはっきりボイス3」は後に同じ富士通東芝が開発したauKDDI沖縄セルラー電話連合)向けスマートフォンWindows Phone IS12T(TSI12)にも搭載された。
  7. ^ 2014-2015冬春モデルの16機種を開発・発売 - 株式会社NTTドコモ 報道発表資料 2014年9月30日(2014年10月5日閲覧)







固有名詞の分類

携帯電話端末 (富士通) F-05A  F703i  らくらくホンベーシック  UM02-F  F-06A

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「らくらくホンベーシック」の関連用語

らくらくホンベーシックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

らくらくホンIV

docomo PRIME series SH-01A

キッズケータイ SA800i

docomo STYLE series P-03A

docomo PRIME series L-06A

docomo STYLE series P-10A

Cyber-shotTMケータイ SO905iCS

docomo PRO series BlackBerry® BoldTM





らくらくホンベーシックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのらくらくホンベーシック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS