千種川とは?

千種川(ちくさがわ)

河川 兵庫県宍粟市
名水画像
兵庫県岡山県鳥取県県境、江浪峠に源を発し、兵庫県西南部を南流しながら播磨灘に注いでいる。人工改変度が小さく川沿いには景観を活かしたキャンプ場、オリエンテーリングコースなどの野外活動施設整備されている。
位置情報

おすすめの時期
現在おすすめです
春は山菜狩り、夏はキャンプ、秋は登山、冬はスキー一年中お勧め

周辺の自然環境
氷ノ山後山那岐山国定公園及び音水ちくさ県立自然公園
水質・水量
流域には工場なども少なく、また一時危惧されていた生活排水による汚染下水道事業進捗により年々解消されている。
由来・歴史
本河川は、兵庫県岡山県鳥取県県境、江浪峠に源を発し、県西南部を南流しながら播磨灘に注いでいる。流域面積は約750㎞2流路延長は約70kmに及び、南北細長い典型的羽状流域形成している。また極めて清流人工改変度が小さく本川支川の上流山間部には、今なお美し自然景観を残している。川沿いにはこれらを活かしたキャンプ場、オリエンテーリングコースなどの野外活動施設整備されている。
水質保全活動
小中学生による水生生物調査流域ライオンズクラブ婦人会等による水質検査行い地域住民活動通じて保全努めている。
アクセス
【 お車でお越し場合
中国自動車道山崎IC及び佐用IC⇒約40分(20km)

お問い合わせ
宍粟市千種市民局地振興
〒 671-3201
兵庫県宍粟市千種町千草168番地
TEL : 0790-76-2210
ch-chiikishinko-ka@city.shiso.lg.jp
http://www.city.shiso.lg.jp
その他
千種川源流付近にて、ラドン販売している。
アクセスマップ
アクセスマップ図

千種川

読み方:チグサガワ(chigusagawa)

所在 兵庫県

水系 千種川水系

等級 2級


千種川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/06 01:43 UTC 版)

千種川(ちくさがわ)は、兵庫県南西端部を流れる二級水系本流。「ちぐさがわ」とも呼ばれる。清流で知られ、名水百選に選ばれている。加古川市川揖保川夢前川と並び播磨五川と呼ばれる。






「千種川」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

千種川に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「千種川」の関連用語

千種川のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

宗祇水

小野川湧水

姫川源流湧水

穴の谷の霊水

御岳渓流

出合清水

龍泉洞地底湖の水

轟水源





千種川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2016 Kankyosho All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千種川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS