BLUE_RIVERとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 芸能人 > 芸人 > お笑い芸人 > BLUE_RIVERの意味・解説 

BLUE RIVER

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/03 04:20 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーリバー
メンバー 青木淳也
川原豪介
結成年 2007年4月1日
事務所 ワタナベエンターテインメント
活動時期 2007年4月 -
出会い 福岡県立筑紫中央高等学校
旧コンビ名 BLUE RIVER
現在の活動状況 ライブ、テレビ、ラジオ
ネタ作成者 川原豪介
公式サイト 公式ホームページ
テンプレートを表示

ブルーリバー日本のお笑いコンビ。ワタナベエンターテインメント九州事業本部所属。旧表記は『BLUE RIVER』。

メンバー

  • 青木 淳也(あおき じゅんや、 (1982-01-06) 1982年1月6日(37歳) - )
福岡県福岡市出身。ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。身長186cm、体重107kg。血液型はAB型。
九州産業大学卒業。
陸上競技短距離走・跳躍)をやっていた。
高校の地理歴史科の教員免許を持っている。
「胸に痛みを感じて症状が段々重くなって耐えきれなくなり仕事を一つ終えて2016年3月23日(水)に病院にて受診すると『A型急性大動脈解離』と診断され23日(木)19時から18時間に及ぶ緊急手術を受けた」と所属事務所が発表[1]。同年6月16日に退院[2]
「一般女性との婚姻届を手術1年・2017年3月22日(水)に福岡市博多区役所に提出した」と2017年3月22日(水)に発表。
  • 川原 豪介(かわはら ごうすけ、 (1981-08-21) 1981年8月21日(37歳) - )
福岡県筑紫野市出身。ボケ担当。立ち位置は向かって左。身長184cm、体重100kg。血液型はA型。
福岡大学卒業。
「 ロケ中にフォーチュン・クッキーを食べる機会があったがフォーチュン・クッキーをよく知らなかったので中に入っているおみくじに気付かず飲み込んでしまったことがある」と述べている。

経歴

2人は福岡県立筑紫中央高等学校の同級生。

2007年4月、ワタナベエンターテインメント九州事業本部所属となる。

2014年1月1日KBCラジオ『オールナイトPAO〜N』内および自身の公式ブログにて「2014年4月にワタナベエンターテインメントに移籍し活動拠点を東京に移す」と発表。東京転居後に事務所の方針を受けコンビ名を『ブルーリバー』に変更。

2017年1月4日(水)(14時05分)PAO~N・金の卵に出演し「活動拠点を東京から福岡へ2017年頭に戻し再出発します!」と述べている。

芸風

基本は主に漫才を行っている。単独ライブの時はコントも行っている。

戦歴

  • M-1グランプリ2006 - 三回戦進出(アマチュア時代)
  • M-1グランプリ2007 - 二回戦進出
  • M-1グランプリ2008 - 二回戦進出
  • キングオブコント2008 - 二回戦進出
  • M-1グランプリ2015 - 二回戦進出

出演

テレビ

ラジオ

CM

脚注

[ヘルプ]

外部リンク


ブルー川

(BLUE_RIVER から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/07 04:12 UTC 版)

ブルー川(Blue River)

  • アメリカ合衆国
    • ブルー川 - サンフランシスコ川支流
    • ブルー川 - コロラド川支流
    • ブルー川 - オハイオ川支流
    • ブルー川 - ミズーリ川支流
    • ブルー川 - レッド川支流
    • ブルー川 - マッケンジー川支流
    • ブルー川 - ウィスコンシン川支流
  • ニュージーランド
    • ブルー川 - 南島の河川



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「BLUE_RIVER」の関連用語

BLUE_RIVERのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



BLUE_RIVERのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBLUE RIVER (改訂履歴)、ブルー川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS