源家定とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 源家定の意味・解説 

徳川家定

(源家定 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/07 19:29 UTC 版)

徳川 家定(とくがわ いえさだ)は、江戸幕府の第13代征夷大将軍




注釈

  1. ^ 家定との結婚時(1841年)には父の政煕が死去していたため、兄である鷹司政通の養女として輿入れしている。

出典

  1. ^ 画像には入っていないが、画面右上に「温恭院様」の書込がある「院号本」。なお徳川記念財団には、ほぼ同図だが平緒が異なる狩野雅信筆の肖像画もある(岡崎市美術博物館編集・発行 『特別企画展 家康の肖像と東照宮信仰』 2017年6月2日、第115,116図。)。
  2. ^ a b 篠田達明『徳川将軍家十五代のカルテ』〈新潮新書〉、2005年5月。ISBN 978-4106101199
  3. ^ 芳即正「島津斉彬の証言に聞く」『日本歴史』551号、1994年4月。
  4. ^ 将軍継嗣問題と維新前後の篤姫


「徳川家定」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

源家定のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



源家定のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの徳川家定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS