抗凝固療法とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 生活習慣病用語 > 抗凝固療法の意味・解説 

抗凝固療法【こうぎょうこりょうほう】

心筋梗塞脳梗塞などの病気に使われる薬物療法のことです。血栓形成を防ぐために、血液固まりにくくする薬物 (ヘパリンワーファリンなど) を使用して行われます。

抗凝固薬

(抗凝固療法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/26 07:33 UTC 版)

抗凝固薬(こうぎょうこやく)は、血液凝固を阻害する薬物である。




  1. ^ Majerus PW. et al. (2006) p.1476
  2. ^ Connolly SJ. et al. (2009)
  3. ^ Olson ST. et al. (2002)


「抗凝固薬」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「抗凝固療法」の関連用語

抗凝固療法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



抗凝固療法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抗凝固薬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS