左宗棠鶏とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 左宗棠鶏の意味・解説 

左宗棠鶏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 09:55 UTC 版)

左宗棠鶏(さそうとうどり、英語: General Tso's chicken)またはツォ将軍のチキンは、揚げた鶏肉に甘辛いタレをかけた、アメリカ合衆国カナダの中華料理店もしくはアジア料理店で一般的な中華料理である。この料理は一般的に湖南料理と捉えられている[1]


  1. ^ a b c d Dunlop, Fuchsia (2007年2月4日). “Hunan Resources”. The New York Times Magazine: pp. Section 6, Page 75. http://www.nytimes.com/2007/02/04/magazine/04food.t.html?pagewanted=all 2009年1月9日閲覧。 
  2. ^ a b Browning, Michael (2002年4月17日). “Who Was General Tso And Why Are We Eating His Chicken?”. The Washington Post. http://www.washingtonpost.com/ac2/wp-dyn/A59302-2002Apr16 2007年2月24日閲覧。  Text available at WiredNewYork.com
  3. ^ a b c d e f Lee, Jennifer (2008). The Fortune Cookie Chronicles: Adventures in the World of Chinese Food. Twelve Books. ISBN 0-446-58007-4 
  4. ^ Lo, Eileen Yin-Fei (1999). “Transplanting Chinese Foods in the West”. The Chinese Kitchen. calligraphy by San Yan Wong (1st ed.). New York: William Morrow and Company. p. 416. ISBN 0-688-15826-9 
  5. ^ Victor Mair, "General Tso's chiken," Language Log 2013-06-11
  6. ^ a b c "The Curious History of General Tso's Chicken", Salon
  7. ^ Sheraton, Mimi (1977年3月18日). “A Touch of Hunan, A Taste of Italy”. ニューヨーク・タイムズ: pp. New Jersey Weekly section, Page 68. http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10816FD385D167493CAA81788D85F438785F9 2007年4月26日閲覧。 
  8. ^ The Search for General Tso (Movie)”. Ian Cheney (2014年). 2015年9月29日閲覧。
  9. ^ "Chinese Food: A Wok On The Wild Side", Center for Science in the Public Interest
  10. ^ a b "Nutritional Information For General Tso's Chicken", Lance Armstrong Foundation
  11. ^ "Grams of Protein in Chicken - Chicken Thighs", High Protein Foods


「左宗棠鶏」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「左宗棠鶏」の関連用語

左宗棠鶏のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



左宗棠鶏のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの左宗棠鶏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS