人格なき社団とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 公益法人関連用語 > 人格なき社団の意味・解説 

人格なき社団

法人格を有しない団体のこと。法人税制上は公益法人同様原則非課税で、収益事業のみ課税とされている。

権利能力なき社団

(人格なき社団 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/09 05:43 UTC 版)

権利能力なき社団(けんりのうりょくなきしゃだん、英語: Association without rightsドイツ語: nichtrechtsfähiger Verein)とは、社団としての実質を備えていながら法令上の要件を満たさないために法人としての登記ができないか、これを行っていないために法人格を有しない社団をいう。ドイツ法日本法における概念。人格なき社団、ないしは任意団体ともいう(日本国内における法令用語としては人格のない社団[1])。以下、日本法について概説する。




  1. ^ ここで「人格」という単語は法令上の用法として「権利能力」と同じ意味で用いられているものである。(『有斐閣 法律用語辞典』内閣法制局法令用語研究会 編、有斐閣、1993年、ISBN 4-641-00010-7 740頁目)
  2. ^ 地縁団体については、地縁を参照。
  3. ^ フリーメイソンリーは「一般財団法人日本メイスン財団」、コミックマーケット準備会は「有限会社コミケット」を別組織の法人として用意しているが、両者の関係は公知のものである。


「権利能力なき社団」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「人格なき社団」の関連用語

人格なき社団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人格なき社団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2018 公益法人協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権利能力なき社団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS