帰納法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 帰納法の意味・解説 

き のうほう -なふはふ [0] [2] 【帰納法】

帰納的推理による事象研究法。 F =ベーコン経てJ = Sミルにより自然科学方法として定式化された。結論蓋然的命題は「自然の斉一性」を仮定することで普遍的法則とみなされ因果関係確定される。ミルでは,一致法・差異法・一致差異併用法・剰余法・共変法の五方法に類別される。 ↔ 演繹法

帰納法

自然数 n についての命題 P(n) が成り立つ事項証明する方法数学的帰納法という。

  1. n=1 のとき、その命題 P(1) が成り立つことを証明する。
  2. n=k のとき、その命題 P(k) が成り立つと仮定して、n=k+1 のときその命題 P(k+1) が成り立つことを証明する。

帰納法

英訳・(英)同義/類義語:inductive reasoning, induction

演繹法とならび、科学で使われる考え方で、特定の観察に基づき一般的な結論導き出す演繹法では、ある一般的な仮説から特定の結論引き出される。

帰納

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/12/31 21:16 UTC 版)

(帰納法 から転送)

帰納(きのう、: Induction: επαγωγή(エパゴーゲー))とは、個別的・特殊的な事例から一般的・普遍的な規則法則を見出そうとする推論方法のこと。対義語演繹。演繹においては前提が真であれば結論も必然的に真であるが、帰納においては前提が真であるからといって結論が真であることは保証されない。






「帰納」の続きの解説一覧





帰納法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

帰納法に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「帰納法」の関連用語

帰納法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




帰納法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
グロービス・マネジメント・スクールグロービス・マネジメント・スクール
© 2014 GLOBIS CORPORATION All Rights Reserved.
グロービス・マネジメント・スクールMBA用語集
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2014 数理検定協会 All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの帰納 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS