Google AdSense Google AdSenseの概要

Google AdSense

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 00:27 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Google AdSense
開発元 Google
初版 2003年6月18日 (18年前) (2003-06-18)[1]
対応OS クロスプラットフォーム (WEBアプリケーション)
種別 インターネット広告
公式サイト www.google.com/intl/ja_jp/adsense/start/ 
テンプレートを表示
  • コンテンツ向けAdSense (AFC)
  • 検索向けAdSense (AFS)
  • 動画向けAdSense (AFV)
  • ゲーム向けAdSense (AFG)

といった4つの種類がある。

概要

日本では2003年12月一般向けに募集を開始[2]。ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。

広告の内容は、コンテンツに連動したものか、ユーザーのGoogle検索履歴をHTTP cookieに保存し、検索に関連した広告が自動的に配信される[3][4]

初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある[注 1]。Adsenseポリシーまたはウェブマスターガイドラインに準拠していることが求められる。アダルト関連のサイトや、暴力的なサイト、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で却下される。

審査基準

Adsenseポリシーやウェブマスターガイドライン、およびそれに付随する基準は一般公開されており、これに準拠するサイトであれば合格できる仕組みになっている。

報酬

所有するコンテンツにコードを貼り付けると広告が表示され、それがクリックされると報酬が得られる仕組みとなっている。

報酬は一時期、小切手のみであったが、その後銀行振り込みによる受領が可能となった[5]

報酬はアメリカドルで計算され、その支払いを受ける頃の為替によってに換算されて支払われる。2009年9月9日より、報酬は日本円で表示されるようになっている[6]

2004年から2007年頃までは、毎年一定以上の売り上げを上げたサイト運営者にGoogleからクリスマスプレゼントが届けられた[7]


注釈

  1. ^ ただし、報酬の受取人は18歳以上である必要がある

出典

  1. ^ Google Expands Advertising Monetization Program for Websites, June 18, 2004, Press Release, Google
  2. ^ グーグル、テキスト広告を表示する「AdSense」を一般サイト向けに提供”. INTERNET Watch. 2012年2月3日閲覧。
  3. ^ グーグル、サイトにテキスト広告を表示する「AdSense」を日本で開始”. INTERNET Watch. 2012年2月3日閲覧。
  4. ^ Google、サイト閲覧履歴に基づく広告配信のベータテスト”. INTERNET Watch. 2012年2月3日閲覧。
  5. ^ Google AdSenseの報酬支払いが銀行振込に対応、国内口座も指定可能”. INTERNET Watch. 2012年2月3日閲覧。
  6. ^ 日本円でレポートを表示できるようになりました”. Inside AdSense AdSense 日本版 公式ブログ. 2012年2月3日閲覧。
  7. ^ Googleからクリスマスプレゼントが届きます”. GIGAZINE. 2012年2月3日閲覧。


「Google AdSense」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Google AdSenseのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Google AdSenseのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGoogle AdSense (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS