サーチエンジンとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > DBM用語 > サーチエンジンの意味・解説 

サーチ‐エンジン【search engine】


サーチエンジン


検索エンジン

読み方けんさくエンジン
別名:サーチエンジン,Web検索エンジン
【英】Web search engine, search engine

検索エンジンとは、Web上で公開されている情報収集し、検索機能として提供するシステムのことである。または、そのようなシステムを提供しているサービスのことである。代表的サービスとしてGoogleYahoo!がある。

検索エンジンは、主にクローラ検索ロボット)と呼ばれるプログラム用いてWeb上のリンクを辿りWeb上の情報収集蓄積している。収集した情報検索アルゴリズムによって解析され、任意のキーワードに対して最も適切な情報最初に提供できるように、表示順の序列づけが行われる。クローラ検索アルゴリズムは検索エンジンごとに異なり品質に関する評価ユーザー好みが分かれる主な要因となっている。

Webサイトアクセスする手段としては、URL直接入力したり、他のWebサイトリンク集を辿ったりする方法もある。しかし検索エンジンを利用すれば、Web上の膨大な数のWebサイト対象として、任意のキーワードを手掛かりに、候補としてより適切な情報提示させることができる。

クローラによって自動的Webページ情報収集するタイプの検索エンジンに対して人手によってWebサイト情報収集整理して提供するタイプサービスは、ディレクトリ型検索エンジン呼ばれることがある初期Yahoo!のような、いわゆるWebディレクトリが、ディレクトリ型検索エンジン該当する。クローラ検索アルゴリズム利用するタイプは特にロボット型検索エンジン呼ばれる今日では、ロボット型検索エンジンディレクトリ型検索エンジン区別ほとんどない。単に検索エンジンと言った場合ロボット型検索エンジンを指す。Yahoo!も現在ではYST(Yahoo! Search Technology)と呼ばれるロボット型検索エンジンを提供している。

検索エンジンは、主にWebページ内のテキスト情報対象とし、テキスト全文検索によって特定のキーワードにマッチした情報提示している。最近では、メタデータ手掛かりとしてイメージ検索動画検索を行うサービスや、ブログニュース記事商品情報特化した検索サービスなども登場している。

検索エンジンは、ポータルサイトなどにおいて機能一部として提供される場合と、単独検索サイトで提供される場合がある。Yahoo!検索システムであるYSTは、ポータルサイトとしてのYahoo!における独自のサービスとして提供されている。また、Googleは、検索サイト「Google.com」上で単独で提供されている他、AOL日本livedoorといった他のポータルサイトへも機能提供が行われている。

検索エンジンは、Webページアクセスするための主要な手段として、今日では大きな位置占めるに至っている。そのため、検索エンジンの検索結果SERP)で、より上位表示されれば、最大限アクセス獲得することが期待できる。そこで、主要な検索エンジンの検索アルゴリズム対す最適化を図り、よりアクセスを稼ごうとする、検索エンジン最適化SEO)の動きも活発となっている。

代表的な検索エンジンの種類として、GoogleYahoo!(YST)、百度Live SearchAltaVistaAsk Jeeves(Teoma)、ブログ検索特化したTechnorati商品検索特化したBecomeなどがある。また、米国の「Mahalo」のように、フォークソノミーによりディレクトリ型検索エンジンに近いシステム構築するサービス新たに登場している。


参照リンク
Google - (英語)
Google - (日本語
Yahoo!検索
百度 - (日本語
Live Search - (日本語
Ask.jp - (日本語
AltaVista - (英語)
Technorati (テクノラティ) ブログ検索
ショッピングサーチ ビカム

検索エンジン

(サーチエンジン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 09:07 UTC 版)

検索エンジン(けんさくエンジン、: search engine)は、狭義にはインターネットに存在する情報(ウェブページウェブサイト画像ファイル、ネットニュースなど)を検索する機能およびそのプログラム。インターネットの普及初期には、検索としての機能のみを提供していたウェブサイトそのものを検索エンジンと呼んだが、現在では様々なサービスが加わったポータルサイト化が進んだため、検索をサービスの一つとして提供するウェブサイトを単に検索サイトと呼ぶことはなくなっている。広義には、インターネットに限定せず情報を検索するシステム全般を含む。


  1. ^ The Anatomy of a Large-Scale Hypertextual Web Search Engine(英語、Sergey Brin and Lawrence Page,Computer Science Department, Stanford University)
  2. ^ グーグルの検索順位決定についてーそのアルゴリズム
  3. ^ “「Yahoo!カテゴリ」終了へ 「役割終えた」”. ITmedia. (2017年6月29日). http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1706/29/news079.html 2020年1月10日閲覧。 
  4. ^ 渡辺隆広 (2006年6月26日). “バリューコマース、「ルックスマート」を閉鎖”. SEMリサーチ. 2020年1月10日閲覧。
  5. ^ goo カテゴリー検索 サービス終了のお知らせ”. goo (2019年7月29日). 2020年1月10日閲覧。
  6. ^ Internet Watchの記事 "プライバシーが保護される分散型サーチエンジン「YaCy」~地道な開発が続く"
  7. ^ a b c d e 時実象一、都築泉、小野寺夏生『新訂情報検索の知識と技術 第3版』情報科学技術協会、2010年、58頁。
  8. ^ 3/3 Yahhoという検索エンジンがあった [企業のIT活用 All About]”. 2017年10月18日閲覧。
  9. ^ たとえば 検索エンジンのキャッシュは著作権侵害か?(2002.3 スラッシュドット・ジャパン)などを見よ
  10. ^ コンテンツをめぐる課題(参考資料) (PDF) (2006.11 コンテンツ専門調査会 企画ワーキンググループ(第3回) - 知的財産戦略本部)
  11. ^ http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2000/0803/google.htm
  12. ^ Internet Archive検索エンジンに現れる広告サイトは2.4倍危険? - ワークスタイル - nikkei BPnet
  13. ^ Internet Archiveマカフィー、「検索エンジンの安全性に関する調査報告」第3版を公開 ~毎月2億7,600 万件を超える検索がユーザを危険なサイトへ誘導~ - マカフィー株式会社
  14. ^ ITmedia エンタープライズ検索エンジンは危険なリンクでいっぱい――McAfeeが調査報告
  15. ^ INTERNET Watch危険な検索結果が多いサーチエンジンは米Yahoo!~米McAfee調査
  16. ^ OCN navi(サーチエンジン登録ガイド)
  17. ^ 当時のMondouのサイト(2004.10.14収集、ウェブアーカイブ)
  18. ^ ディレクトリサービス"NTT DIRECTORY"(研究開発の歴史)(NTT)
  19. ^ Hole in One - マルチメディア/インターネット事典
  20. ^ エキサイトが検索ディレクトリ「Hole-in-One」を買収(1998.7 internet watch
  21. ^ 当時のCSJ INDEXのサイト (1999.2.18収集、ウェブアーカイブ)




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サーチエンジン」の関連用語

サーチエンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サーチエンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ検索エンジンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検索エンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS