コンテンツマッチ型広告とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > コンテンツマッチ型広告の意味・解説 

コンテンツ連動型広告

読み方コンテンツれんどうがたこうこく
別名:コンテンツターゲティング広告コンテンツマッチ広告,コンテンツマッチ型広告,コンテキスト広告コンテクスチュアル広告
【英】contextual advertising

コンテンツ連動型広告とは、インターネット広告のうち、Webページコンテンツ内容解析して、その内容に最も適した広告配信する方式である。または、そうした手法によって配信される広告のことである。

コンテンツ連動型広告では、Webページ内のキーワードや文意をもとに、コンテンツ内容に合った広告自動的配信される。このためWebページ内のコンテンツ広告との親和性が高く、閲覧しているユーザー興味をひきやすいまた、アフィリエイトプログラムどのように広告内容個別選定したり、そのつど広告タグ設置設定変更を行ったりする手間不要であるという利点もある。

コンテンツ連動型広告の代表的サービスとして、Googleが提供している「Google AdSense」(コンテンツ向けAdSense)や、Yahoo!が提供していた「コンテンツマッチ」などがある。なお、Yahoo!のコンテンツマッチは2009年7月終了し、「インタレストマッチ」に移行している。

コンテンツ連動型広告は、Web検索エンジンによる検索連動型広告と共にインターネット広告主要な広告手法一つとなっている。


参照リンク
コンテンツ向け AdSense - (Google)
インタレストマッチ - (Yahoo!リスティング広告)
Webマーケティングのほかの用語一覧
インターネット広告:  検索エンジンスパム  記事広  行動ターゲティング広告  コンテンツ連動型広告  クリック保証型広告  クローキング  クラシファイドサイト


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンテンツマッチ型広告」の関連用語

コンテンツマッチ型広告のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンテンツマッチ型広告のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコンテンツ連動型広告の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS