憑依とは? わかりやすく解説

憑依

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/30 00:04 UTC 版)

憑依(ひょうい)は、などが乗り移ること[1][2]。憑(つ)くこと[3]憑霊[4]神降ろし神懸り神宿り憑き物ともいう。とりつく霊の種類によっては、悪魔憑き狐憑きなどと呼ぶ場合もある[2]


  1. ^ 『広辞苑』第四版、第五版
  2. ^ a b c d e f g 羽仁礼『超常現象大事典』成甲書房、2001年、p.76。ISBN 978-4880861159
  3. ^ 『広辞苑』第四版、第五版
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 池上良正「第五章」『死者の救済史: 供養と憑依の宗教学』角川学芸出版、2003年、p.157-194。ISBN 4047033545
  5. ^ 『宗教学辞典』249頁 - 250頁、東京大学出版会 (1973/01) ISBN 9784130100274
  6. ^ 『宗教学辞典』555頁、東京大学出版会 (1973/01) ISBN 9784130100274
  7. ^ 日本テレビ謎の憑依現象を追え!」(ウェイバックマシン)
  8. ^ p.159
  9. ^ 秋葉降『朝鮮巫俗の現地研究』
  10. ^ p.159
  11. ^ 『憑霊信仰論』伝統と現代社、1982年
  12. ^ 川村邦光『憑依の視座』青弓社、1997年
  13. ^ p.167
  14. ^ a b c 古東哲明『現代思想としてのギリシア哲学』 <講談社選書メチエ> 講談社 1998年 ISBN 4062581272 pp.136-148.
  15. ^ Jeffers, Ann (1996). Magic and Divination in Ancient Palestine and Syria. Brill. p. 181 
  16. ^ 山崎ランサム和彦『平和の神の勝利』プレイズ出版 p.47
  17. ^ 『聖書語句大辞典』教文館
  18. ^ オルダス・ハックスリーが『ルーダンの悪魔』 - The Devils of Loudun (1952)を書き、これを原作にケン・ラッセル監督が『肉体の悪魔』(1971)として映画化。同じ事件はヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチ『尼僧ヨアンナ』(岩波文庫)などにも描かれていて、イェジー・カヴァレロヴィチが同名の映画化(1961)。
  19. ^ ミシェル・ド・セルトー『ルーダンの憑依』みすず書房 2008。原書はMichel de CERTEAU, LA POSSESSION DE L’OUDUN. PARIS, JULLIARD, 1970.
  20. ^ 『宗教学辞典』419頁、東京大学出版会 (1973/01) ISBN 9784130100274
  21. ^ 塩月亮子「憑依を肯定する社会 : 沖縄の精神医療史とシャーマニズム(憑依の近代とポリティクス,自由テーマパネル,<特集>第六十四回学術大会紀要)」『宗教研究』第79巻第4号、日本宗教学会、2006年、 1035-1036頁、 doi:10.20716/rsjars.79.4_1035ISSN 0387-3293NAID 110004752051
  22. ^ 塩月亮子 同上
  23. ^ 定本柳田國男集9巻 247頁
  24. ^ 笛「ヒシギ」洗足学園音楽大学伝統音楽デジタルライブラリー
  25. ^ 会報『さえずり』平成24年2号(平成24年10月13日発行)祭り囃子が聞こえる新潟県リコーダー教育研究会
  26. ^ 定本柳田國男集10巻 137頁
  27. ^ 小松和彦『憑霊信仰論』30頁 伝統と現代社 1982年
  28. ^ 『魔の系譜』『谷川健一著作集1』三一書房。29頁 書中で引用される石塚尊俊の『日本の憑き物』では犬神の一種として吸葛(スヒカツラ)が出る。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o リン・ピクネット『超常現象の事典』青土社、1994年、p.220-222。ISBN 978-4791753079






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「憑依」の関連用語

憑依のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憑依のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憑依 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS