不確実性 メディア

不確実性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/10 08:16 UTC 版)

メディア

科学、および科学全般の不確実性は、科学界とは異なる公共の領域で解釈が異なる場合がある。[15]これは、一部には一般の聴衆の多様性と、科学者が一般の聴衆を誤解し、したがってアイデアを明確かつ効果的に伝達しない傾向があるためである。一例は、情報不足モデルによって説明される。また、公共の領域では、多くの場合、単一のトピックに関する入力を与える多くの科学的な声がある。たとえば、公共圏での問題の報告方法によっては、方法論の違いによる複数の科学研究の結果の不一致は、実際にはコンセンサスが存在する状況でのコンセンサスの欠如として一般市民によって解釈される可能性がある。科学的な不確実性が特定の目標を達成するために管理されるかもしれないので、この解釈は意図的に促進されたかもしれない。たとえば、気候変動の否定論者はフランク・ルンツの助言をもとに、地球温暖化を科学的な不確実性の問題として扱い、これはジャーナリストが問題を報告するときに使用した紛争フレームの前兆だった。[16]

「不確定性は、システムとその相互作用のすべてのパラメーターが完全にわかっているわけではない状況に当てはまると大まかに言えるが、無知は、何がわからないのかわからない状況を指す。」[17]科学に存在するこれらの未知数、不確定性と無知は、問題をより扱いやすくするために一般に報告されると不確実性に「変換」されることがよくある。[15]逆に、不確実性は一般的に無知と解釈される。[18]不確定性と無知性の不確実性への変換は、不確実性を無知と誤解する国民の誤解に関連している可能性がある。

ジャーナリストは不確実性を膨らませたり(科学を実際よりも不確かに見せたり)、軽視した不確実性(科学を実際よりも確かに見せかけたり)を軽視したりする。[19]ジャーナリストが不確実性を膨らませる1つの方法は、変化の背景を提供せずに過去の研究と矛盾する新しい研究を説明することである。ジャーナリストは、問題に関する科学的コンセンサスの状態を適切に説明または説明せずに、少数派の見解を持つ科学者に多数派の見解を持つ科学者と同じ重みを与えることができる。同じように、ジャーナリストは非科学者に科学者と同じ量の注意と重要性を与えるかもしれない。

ジャーナリストは、「科学者の慎重に選択された暫定的な表現を排除し、これらの警告を失うことにより、情報が歪んで、実際よりも確実で決定的なものとして提示される」ことにより、不確実性を軽視する場合がある。[19]また、単一のソースのあるストーリー、または以前の研究のコンテキストがないストーリーは、目前の主題が実際よりも決定的で確実なものとして提示されることを意味する。科学ジャーナリズムには、不確実性の軽視を助長する「プロダクトオーバープロセス」アプローチがよくある。最後に、特にこの調査では、科学が勝利の探求としてジャーナリストに囲まれている場合、不確実性は誤って「削減可能で解決可能」と見なされる。

一部のメディアルーチンおよび組織的要因は、不確実性の誇張に影響する。他のメディアルーチンおよび組織的要因は、問題の確実性を膨らませるのに役立つ。一般市民(米国内)は一般的に科学者を信頼しているため、科学記事が特別利益団体(宗教団体、環境団体、政治派など)からの警報を発することなくカバーされる場合、ビジネス関連の意味でカバーされることがよくある。経済発展の枠組みや社会の進歩の枠組みの中で。[20]これらの枠組みの性質は不確実性を軽視または排除することであるため、米国の植物バイオテクノロジーおよびナノテクノロジーのカバレッジで起こったように、経済的および科学的約束が問題サイクルの早い段階に集中している場合、問題はより決定的である。

時には、株主、所有者、または広告が科学的問題のビジネス面を宣伝するようメディア組織に圧力をかけるため、ビジネスの利益を損なう可能性のある不確実性の主張は軽視または排除される。[19]


  1. ^ Peter Norvig. “Introduction to Artificial Intelligence”. Udacity. 20201012閲覧。
  2. ^ Kabir, H. D., Khosravi, A., Hosen, M. A., & Nahavandi, S. (2018). Neural Network-based Uncertainty Quantification: A Survey of Methodologies and Applications. IEEE Access. Vol. 6, Pages 36218 - 36234, doi:10.1109/ACCESS.2018.2836917
  3. ^ Gärdenfors, Peter; Sahlin, Nils-Eric (1982). “Unreliable probabilities, risk taking, and decision making”. Synthese 53 (3): 361–386. doi:10.1007/BF00486156. 
  4. ^ David Sundgren and Alexander Karlsson. Uncertainty levels of second-order probability. Polibits, 48:5–11, 2013.
  5. ^ Audun Jøsang. Subjective Logic: A Formalism for Reasoning Under Uncertainty. Springer, Heidelberg, 2016.
  6. ^ Douglas Hubbard (2010). How to Measure Anything: Finding the Value of Intangibles in Business, 2nd ed. John Wiley & Sons. Description Archived 2011-11-22 at the Wayback Machine., contents Archived 2013-04-27 at the Wayback Machine., and preview.
  7. ^ Jean-Jacques Laffont (1989). The Economics of Uncertainty and Information, MIT Press. Description Archived 2012-01-25 at the Wayback Machine. and chapter-preview links.
  8. ^ Jean-Jacques Laffont (1980). Essays in the Economics of Uncertainty, Harvard University Press. Chapter-preview links.
  9. ^ “The ethics of uncertainty. In the light of possible dangers, research becomes a moral duty.”. EMBO Rep. 8 (10): 892–6. (2007). doi:10.1038/sj.embor.7401072. PMC 2002561. PMID 17906667. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2002561/. 
  10. ^ 中野 & 柴山 2011, pp. 112–113.
  11. ^ 中野 & 柴山 2011, p. 121.
  12. ^ 中野 & 柴山 2011, p. 117.
  13. ^ 日本経済新聞社 2012, pp. 287–288.
  14. ^ Standard Uncertainty and Relative Standard Uncertainty”. CODATA reference. NIST. 2011年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年9月26日閲覧。
  15. ^ a b Zehr, S. C. (1999). Scientists' representations of uncertainty. In Friedman, S.M., Dunwoody, S., & Rogers, C. L. (Eds.), Communicating uncertainty: Media coverage of new and controversial science (3–21). Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum Associates, Inc.
  16. ^ Nisbet, M.; Scheufele, D. A. (2009). “What's next for science communication? Promising directions and lingering distractions”. American Journal of Botany 96 (10): 1767–1778. doi:10.3732/ajb.0900041. PMID 21622297. 
  17. ^ Shackley, S.; Wynne, B. (1996). “Representing uncertainty in global climate change science and policy: Boundary-ordering devices and authority”. Science, Technology, & Human Values 21 (3): 275–302. doi:10.1177/016224399602100302. 
  18. ^ Somerville, R. C.; Hassol, S. J. (2011). “Communicating the science of climate change”. Physics Today 64 (10): 48–53. Bibcode2011PhT....64j..48S. doi:10.1063/pt.3.1296. 
  19. ^ a b c Stocking, H. (1999). “How journalists deal with scientific uncertainty”. In Friedman, S. M.; Dunwoody, S.; Rogers, C. L.. Communicating Uncertainty: Media Coverage of New and Controversial Science. Mahwah, NJ: Lawrence Erlbaum. pp. 23–41. ISBN 978-0-8058-2727-9. https://archive.org/details/communicatingunc0000unse/page/23 
  20. ^ Nisbet, M.; Scheufele, D. A. (2007). “The Future of Public Engagement”. The Scientist 21 (10): 38–44. 
  21. ^ Gregory, Kent J.; Bibbo, Giovanni; Pattison, John E. (2005). “A Standard Approach to Measurement Uncertainties for Scientists and Engineers in Medicine”. Australasian Physical and Engineering Sciences in Medicine 28 (2): 131–139. doi:10.1007/BF03178705. PMID 16060321. 
  22. ^ Archived copy”. 2015年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月29日閲覧。
  23. ^ Pyrrho, Internet Encyclopedia of Philosophy https://www.iep.utm.edu/pyrrho/


「不確実性」の続きの解説一覧




不確実性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不確実性」の関連用語

不確実性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不確実性のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの不確実性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS