黄金比率とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 現象 > 波動 > 黄金比率の意味・解説 

黄金比率

視覚上の調和求めて古代ギリシャ考えられた比例黄金分割ともいう。基本的には8:13比率だが、これはあくまで彼らが理想具体的な視覚化のために考え出し比率ギリシャ彫刻規範になっているレオナルド・ダ・ビンチの描いた「ヴィトルヴィウス人間」の図は、これによっている。

黄金比

(黄金比率 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/13 20:21 UTC 版)

黄金比(おうごんひ、英語: golden ratio)とは、次の値で表されるのことである:




  1. ^ 美観についての話とは全く無関係に、白銀比は長辺を2分の1にすると、ちょうど逆の比になるという実用上の便利さは事実であるが。
  2. ^ マリオ・リヴィオ『黄金比はすべてを美しくするか?』共立出版 ISBN 4152086912




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「黄金比率」の関連用語

黄金比率のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



黄金比率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2020 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄金比 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS