美保関灯台とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > 灯台 > 日本の灯台 > 美保関灯台の意味・解説 

美保関灯台

image
所在地
島根県八束郡美保関町
点灯年月日
明治31年11月8日
塗色
白色
構造:
円形石造
光り方:

単閃白光
12秒に1閃光
光りの強さ
490,000cd
光りが届く距離:
23.5海里
構造物の高さ:
14.0 m
海面から光りまでの高さ:
82.91m
レンズ:
LB−M 60型
電源:
商用電源

灯塔石造である。

灯塔荒々しい石の肌を持つ美しいもので,当時の姿を残している。

明治32年7月勅令342をもって浜田」と「境」の両港が開港場指定を受け外国貿易活発化に伴い,経ケ岬・美保関出雲日御碕の各灯台設けられた。

灯台隣接した旧事務室宿舎払い下げられて食堂売店改造されているが,外観明治そのまま佇まいを損なわないよう細やかな配慮がなされている。

image

image


美保関灯台

名称: 美保関灯台
ふりがな みほのせきとうだい
登録番号 32 - 0048
員数(数): 1
員数(単位):
構造 石造直径5.7m、高さ14m、付属舎付
時代区分 明治
年代 明治31年
代表都道府県 島根県
所在地 島根県松江市美保関町美保関1338-17
登録基準 国土歴史的景観寄与しているもの
備考(調査): 島根県近代化遺産』(島根県教育委員会 2002)。
昭和10年までの名称は「地蔵灯台」。
施工者:
解説文: 島根半島東端地蔵崎位置する。底部直径5.7m、半円形付属舎付の円形灯塔砂岩の布積で築き、その上にガラス青銅ドーム及び斜骨子より構成される灯籠をのせ、総高は14mとする。山陰海運振興寄与し、地域シンボルとして今も親しまれている。

美保関灯台

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/14 13:47 UTC 版)

美保関灯台(みほのせきとうだい)は、山陰最古の石造灯台1898年明治31年)、島根半島の東端 地蔵崎の馬着山に、フランス人の指導により建設された。






「美保関灯台」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「美保関灯台」の関連用語

美保関灯台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

室戸岬灯台

犬吠埼灯台

金華山灯台

禄剛埼灯台

鍋島灯台

姫埼灯台

男木島灯台

鍋島灯台





美保関灯台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人燈光会社団法人燈光会
Copyright (C) 2017 社団法人燈光会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2017 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美保関灯台 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS