渋川景佑とは?

しぶかわかげすけ しぶかは- 【渋川景佑】 ○

1787~1856江戸後期天文学者暦学者大坂の人。高橋至時よしとき)の次男寛政暦改め西洋暦法を取り入れ天保暦作製

渋川景佑(しぶかわかげすけ 1787-1856)

 天文方暦学蘭学者ラランデ暦書訳解した「新巧暦書」の著者
 渋川景佑は、伊能忠敬の師であった高橋至時次男として、天明 7年大阪生まれ、名を高橋善助といった。兄景保とともに暦学蘭学などを学び文化2年(1805)から3年にかけて忠敬の測量隊の一員として近畿中国地方測量副隊長格で参加した(第5次測量)。
 文化5年毎年の暦を調製するなどの職務をする、天文方渋川正陽養子になり、家督継ぎ若くして天文方となった。渋川家は初代天文方渋川春海から続く家柄ではあったが、その後当主早世養子縁組が相次いだため、世襲どころか天文方としての力も低下し、その地位代々引き継ぐだけの家となっていた。
 天文方となった景佑は、兄の景保とともに父至時の意志継ぎフランス天文学者ジェローム・ラランド (1732-1807)の天文書ラランデ暦書」の翻訳取り組む。しかし、シーボルト事件(1828)によって景保が捕らえられて獄死。そののちは天文方足立信頭協力得て、同暦書をもとにした「新巧暦書」全40巻を完成させた(天保7年 1836年)。また、景保らが作成した天保壬寅暦(1844)は、明治 5年太陽暦採用されるまで使用された。
当時天文学暦学日本第一人者である。
画像

測量台(「寛政暦書」渋川景佑)

渋川景佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/10 07:07 UTC 版)

渋川 景佑(しぶかわ かげすけ、天明7年10月15日1787年11月24日) - 安政3年6月20日1856年7月21日)は、江戸時代後期の天文学者で、江戸幕府天文方。幼名は善助。通称助左衛門。号は滄州・三角堂。高橋至時の次男で、天文方の渋川正陽の養子となった。同じく天文方の高橋景保の弟。子に渋川敬直(六蔵)、佑賢がいる。日本最後の太陽太陰暦である天保暦の作成者として知られている。


  1. ^ 『江戸の天文学』202頁


「渋川景佑」の続きの解説一覧



渋川景佑と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「渋川景佑」の関連用語

渋川景佑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



渋川景佑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
おもしろ地図と測量のページおもしろ地図と測量のページ
copyright (c) オフィス 地図豆 All right reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの渋川景佑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS