治憲王とは?

治憲王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 00:50 UTC 版)

治憲王(はるのりおう、1926年7月3日 - 2011年6月5日[1])は、日本旧皇族外交官賀陽宮恒憲王の第2王子。海軍兵学校75期




  1. ^ a b “賀陽治憲氏死去(旧皇族、元外交官”. 時事ドットコム (時事通信社). (2011年6月6日). http://www.jiji.com/jc/c?g=obt_30&k=2011060600614 2011年10月13日閲覧。 
  2. ^ 「奴隷条約につきましては、強制労働の概念が不明確でございますとか、わが国の現状において特に奴隷問題を把握しなければならない緊要性がないというような点、そういった点から必ずしも必然性を感じておりません」などの答弁がある。1979年5月28日参議院外交委員会会議録
  3. ^ a b 親王・諸王略伝
  4. ^ http://www.tokiwakai.org/11.html


「治憲王」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「治憲王」の関連用語

治憲王のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



治憲王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの治憲王 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS