プルーフとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プルーフ > プルーフの意味・解説 

proof

別表記:証拠、プルーフ

「proof」の基本的な意味

「proof」の主要な意味は「(決定的な証拠」である。名詞として使われる場合には「試験」「検査」「校正刷り」と訳す場合もある。「proof」は形容詞あるいは他動詞としても使える単語だ。形容詞としては「耐えられる」「保証付いている」「検査済んでいる」といった意味で捉えられることが多い。また、〇〇耐える」「負けない」「抵抗する」などの意味合い用いられる場合もある。他動詞では「試験する」「検査する」が主な意味だ。これらから派生して校正する」とも訳せる。なお、アメリカ英語ではパンやドーナツに使う生地発酵指して「proof」ということもある。

「proof」の発音・読み方

「proof」はプルーフと読む。アメリカ英語の場合、発音伸ばす部分強調する

「proof」を含む英熟語・英語表現

「proof of concept」とは


Proof of Concept」は主にIT業界使われている用語で「PoC」と略されている。直訳すると「コンセプトの証明」であるが、IT用語としては「概念実証」と訳されている。主に試作に入る前段階で、システム概念理論原理アイデアといったもの検証、あるいはデモンストレーションとして確認をすることを指す。

「waterproof」とは


waterproof」は防水あるいはレインコートの意味を持つ。「耐水の」「水の入らない」「防水加工)の」といった意味合い形容詞としても使える言葉だ。また、他動詞としては「〇〇防水加工する」の意味となる。「waterproof」は日本おいても語の意味とそう変わらない言葉として使われている。ただし、「waterproof」の後ろに加工」あるいは「処理」といった言葉が付く場合が多い。

「bulletproof」とは


「bulletproof」は形容詞あるいは他動詞。「防弾の」「〇〇防弾にする」といった意味だ。しかし「bulletproof」を名詞としては使えない名詞化たい場合は「bulletproof」の後ろに名詞をつなげるとよい。防弾服と言いたい場合後ろにarmor付けて「bulletproof armor」とする。防弾車であるなら「bulletproof car」となる。

「proofreading」とは


proofreading」は現在動詞である。元となる動詞は「proofread」で「〇〇校正する」「校正するという意味だ。ときおり日本語プルーフリーディング校正作業のことを言うことがあるが、英語では名詞として扱ってはいない。日本語と同じように使わないように注意が必要である。

「No proof」とは


「No proof」は「証拠がないという意味。「No proof」と言い切るように使うか、「There is no proof that」のような言い回しで使うのが一般的である。なお、「There is no proof that」は「○○という証拠はない」と訳す。

「proof」を含む様々な用語の解説

「Proof(ラッパー)」とは


Proof(プルーフ、本名DeShawn Dupree Holton)は1990年代から2000年代にかけてアメリカで活躍したラッパーである。Eminemエミネム)が参加していたD12メンバー1人として知られている2006年デトロイト市クラブにおいて銃撃を受け他界した発表したスタジオアルバムには「ヒップホップショップが恋しい(I Miss the Hip Hop Shop)」と「ジェリー・ガルシア探して(Searching for Jerry Garcia)」の2枚がある。

「Proof(BTS)」とは


「Proof(BTS)」は韓国のグループBTS」が2022年6月10日発表した初のアンソロジーアルバムである。発売日だけで全世界において200万枚ダウンロード含む)以上を売り上げた韓国・オーストラリア・オーストリア・ベルギー・カナダ・フィンランド・ドイツ、そして日本において、「Proof」は初登場1位獲得2022年9月28日10月5日に、「BTS」は「Proof」のタイトル曲Yet To Come」をテーマにした「2022 BTS EXHIBITION : PROOF」というエキシビション展示会)を開催した。なお、CD特典として封入されていたトレーディングカードは、コレクションアイテムとして大変高い人気がある。

「proof」の使い方・例文

Please show me the proof.(証拠を見せてください
The man have proof that he did it.(その男は彼がやったという確かな証拠を持っている)
・We need more proof.(さらなる証拠必要です
There's no proof that he is the culprit.(彼が有罪であるという証拠はない)
・How do you use proof?(証拠をどう使うつもり?)
How to get proof of vaccination.(予防接種証明取得方法
Examples of proof in a Sentence.(文章中の証明例)
・What is the synonym of proof?(証拠の対義語何ですか?)
Definition of proof.(証明の定義)
・What is the full meaning of proof?(「証明」の完全な意味とは何か?)

プルーフ【proof】

読み方:ぷるーふ

多く複合語形で用い、防ぐ、よける、などの意を表す。「ウオーター―」

洋酒などでアルコール強度を示す単位

証拠証明

試験吟味。特に品質試験

特製極印使って鋳造した貨幣

校正刷り試し刷り


プルーフ

アメリカイギリスでは、伝統的習慣的に蒸溜酒アルコール度数を表す単位として「プルーフ」が使われることがあります。アメリカンプルーフの半分、たとえば80アメリカンプルーフがアルコール度数40度を意味しますイギリスでは、ブリティッシュプルーフの0.571倍、つまり70ブリティッシュプルーフが約40度です。

プルーフ

名前 Proof

プルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 07:46 UTC 版)

Proof(プルーフ、本名:ドゥショーン・デュプリー・ホルトンDeShawn Dupree Holton1973年10月2日 - 2006年4月11日)は、アメリカ合衆国ヒップホップMCエミネムが所属するグループ、D12の一員として有名である。




「プルーフ」の続きの解説一覧

プルーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 14:15 UTC 版)

アルコール度数」の記事における「プルーフ」の解説

詳細は「アルコールプルーフを参照 英語圏では、度数のほかプルーフも使われるUSプルーフ度数2倍UKプルーフ度数の約1.75倍である。例えば、アルコール度数 4% は 8 USプルーフと同じ、7 UKプルーフとはほぼ同じエタノール濃度である。 ただし、アメリカでは連邦規則集 (Code of Federal Regulations; CFR) により度数表示義務付けられている。併記は可。イギリスも、EU標準国際法定計量機関に従い1980年からは度数切り替わった英語圏アルコール度数もっぱら%で表しdegree や ° はプルーフに用いる。

※この「プルーフ」の解説は、「アルコール度数」の解説の一部です。
「プルーフ」を含む「アルコール度数」の記事については、「アルコール度数」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「プルーフ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「プルーフ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



プルーフと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「プルーフ」の関連用語

プルーフのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



プルーフのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2023 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプルーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアルコール度数 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS