ビザなし交流とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ビザなし交流の意味・解説 

ビザなし交流

読み方:ビザなしこうりゅう

ロシア実効支配下にある北方領土日本との間でビザ発行せずに行き来できるようにする枠組み日ソ共同声明により1991年から開始されている。

北方四島交流事業

(ビザなし交流 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/24 10:37 UTC 版)

北方四島交流事業(ほっぽうよんとうこうりゅうじぎょう)は、内閣府北方対策本部の補助のもと、北方四島交流北海道推進委員会並びに独立行政法人北方領土問題対策協会が実施している、日本人色丹島国後島及び択捉島(以下、北方四島)に居住するロシア人との交流事業。一般的にはビザなし交流と呼ばれている。


  1. ^ “ビザなし交流で記者証要求 宗男氏がロに善処要請”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年5月13日). オリジナルの2010年9月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100914043359/http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100513/erp1005130138001-n1.htm 
  2. ^ “「ビザなし」不安の船出…14日に第1陣出発”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年5月14日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20100514-OYT8T00002.htm [リンク切れ]
  3. ^ “ロシア外務省、日本公使呼び抗議 国旗事件立件見送り”. asahi.com (朝日新聞社). (2011年3月3日). オリジナルの2011年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110304171813/http://www.asahi.com/international/update/0303/TKY201103030143.html 
  4. ^ “ビザなし16回で合意 今年の交流 日本側提案通り”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2011年3月17日). オリジナルの2011年3月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110321182248/http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/279192.html 
  5. ^ “放射線検査や義援金寄付も 国後島訪問のビザなし第1陣が帰港”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2011年5月16日). オリジナルの2011年10月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111018015424/http://sankei.jp.msn.com/world/news/110516/erp11051618430005-n1.htm 
  6. ^ “ビザなし新造船 根室でお披露目 バリアフリーに”. どうしんウェブ (北海道新聞社). (2012年4月20日). http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/366581.html [リンク切れ]
  7. ^ “北方墓参、択捉訪問を見送り”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2012年7月12日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hokkaido/news/20120712-OYT8T00870.htm [リンク切れ]


「北方四島交流事業」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビザなし交流」の関連用語

ビザなし交流のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ビザなし交流のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北方四島交流事業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS