オノマトペとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > オノマトペの意味・解説 

オノマトペ

別表記:オノマトペー、オノマトペアオノマトピア、オノマトペイア、オノマトピーア
英語:onomatopée

オノマトペ(仏: onomatopée)とは、現実の音や声人間言語でそれらしく表した言葉や、現実には音の聞こえない状況あたかもそのような音がしているかのように表したり、音の抱かせる感覚利用して表現した言葉総称である。「オノマトペー」とも発音表記する。英語onomatopeia由来で「オノマトペア」「オノマトピア」「オノマトペイア」「オノマトピーア」ともいう。
用例:「オノマトペを使いこなす」「日本語はオノマトペが多い」「オノマトペの動詞化」
フランス語onomatopée、英語onomatopeiaは、いずれも古代ギリシャ語造語することを意味するonomatopoiía由来する。onomatopoiíaは、名を意味するónomaと、作ることを意味するpoieînを組み合わせた語である。
オノマトペは、擬音語および擬態語包括的な呼び名であると捉えられる。擬音語は「わんわん」「がさり」のように音や声を表したもの擬態語は「にっこり」「てきぱき」のように実際に音の聞こえないものを感覚的に表したものであるが、両者境界曖昧である。擬音語は「擬声語」ともいう。音や声を表したもののうち、特に人や動物の声を表したものを「擬声語」、その他の音を表したものを「擬音語」と呼び分けることもある。また、擬態語のうち、「ぎくり」など感情を表すものを「擬情語」、「ひらひら」など情景描写するものを「擬容語」と区別することもあるが、これらも明瞭に区分しがたい
「オノマトペ」と同じく擬音語擬態語総称した言葉に「声喩」「象徴詞」「象徴辞」がある。「声喩」は、それを用いた修辞技法指していうことも多い。「象徴詞」「象徴辞」はごく専門的な用語で、一般にはほとんど用いられないまた、便宜的に「擬音語」「擬声語」が「オノマトペ」と同義として用いられることもある。
日本語のオノマトペは一定の型を持っている現代語では、ふつう語根が1拍ないし2拍で、語根単独で用いたり、語根繰り返したり、これらの語尾語中に「っ」「ん」「ー」「り」をつけて表されるものが多い(例、「つ」「ばっ」「ぷい」「さっさ」「がたん」「がーがー」「かきーん」「するり」「どしんどしん」)。「うろちょろ」「がたぴし」のように、複数語根組み合わせるものもある。
執筆稲川



オノマトペと同じ種類の言葉

このページでは「実用日本語表現辞典」からオノマトペを検索した結果を表示しています。
Weblioに収録されているすべての辞書からオノマトペを検索する場合は、下記のリンクをクリックしてください。
 全ての辞書からオノマトペを検索

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オノマトペ」の関連用語

オノマトペのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オノマトペのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS