京都文教大学 京都文教大学の概要

京都文教大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/30 07:10 UTC 版)

京都文教大学
Kyoto Bunkyo Univ.jpg
大学設置 1996年
創立 1904年
学校種別 私立
設置者 学校法人京都文教学園
本部所在地 京都府宇治市槙島町千足80
学部 総合社会学部
臨床心理学部
研究科 文化人類学研究科
臨床心理学研究科
ウェブサイト 京都文教大学公式サイト
テンプレートを表示

概観

大学全体

  • 京都文教大学は、京都府宇治市内にある日本私立大学。2学部3学科。現在の経営母体は学校法人京都文教学園
  • 京都文教大学の設置構想は、1990年(平成2年)に京都文教短期大学が創立30周年を迎えるにあたり、21世紀に向けた学園の将来構想として、大学院を含めた四年制大学の設立を策定、この実現に向けて光暁館、同唱館の建設に着手したことに始まる。
この工事は、1991年(平成3年)に完成し、同年8月に学園内に大学設置検討委員会が設けられ、大学の基本理念と設置構想の策定作業に着手し、次の通りの結論を得た。
  1. 仏教精神にもとづく「人間」教育という学園の創立理念を生かしたものであること。
  2. 人間の「心」、「行動」、「文化」を主題とする学問・教育のトポス(場)として設立するものであること。
  3. 豊かな教養と人格を備え、幅広い視野と専門的能力を有して、人類社会の発展に寄与・貢献する人材の育成を目指すこと。
  4. 学術研究の進展、社会経済の発展に伴う新たな需要に対応する、極めて必要性の高い分野で、かつ近隣に類似の学部・学科が十分に設置されていないものであること。
  5. 男女共学の大学にすると共に、地域社会・市民に広く「開かれた大学」を実現すること。
  6. 四年制大学の設置にとどまらず、続いて大学院を設置する枠組みの中で全体構想を考えること。
このような基本構想を踏まえ、大学設置検討委員会は、「文化人類学科」と「臨床心理学科」の2学科からなる「人間学部」の設置案をまとめ、当時、学園の学術顧問であった梅棹忠夫川喜田二郎河合隼雄樋口和彦(元学長)らの指導のもと、1993年(平成6年)学園理事会の決議を経て設置申請を行い、1996年(平成8年)京都文教大学人間学部の開学に至った。

建学の精神

京都文教学園の建学の精神は、仏教の基本とも言うべき「三宝帰依」であり、これを三枝樹正道初代学園長は

  • 謙虚にして真理探究 (帰依仏)
  • 誠実にして精進努力 (帰依法)
  • 親切にして相互共同 (帰依僧)

と表現した。

この精神をうけ、京都文教大学は「四弘誓願」を建学の理念とする。 これは菩薩(ブッダの生き方を模範にして人生を歩む人)の立てる四つの誓いのことで、

(1) かぎりなき他者貢献
(2) たえまなき自省自戒
(3) たゆみなき真理探究
(4) ゆるぎなき人格完成

の4つを言う。

これは、自己研鑽して自己の目的を達成したら、その知識や経験に
基づいて社会や他者の幸せに貢献し、またその社会や他者の幸せに
貢献できる喜びを自らの喜びとする生き方である。
この生き方をわかりやすく表現すれば、「響きあうこころ 生かしあういのち」となる。

学風および特色

  • 浄土宗に則った思想をベースとしている。
  • 男女共学。

沿革






「京都文教大学」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

京都文教大学に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「京都文教大学」の関連用語

京都文教大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

秋桐

920T

200系

パット

小原和紙

玉串奉奠の作法

黒木鳥居

ウォード・カニンガム





京都文教大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの京都文教大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS