卒業式 卒業式の呼称

卒業式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/06 14:15 UTC 版)

卒業式の呼称

小学校中学校義務教育学校高等学校中等教育学校および特別支援学校では、式典で「卒業証書」を授与することから「卒業証書授与」と呼ばれる(これについては次の「#歴史」を参照)。

一方で大学においては、大学院修了者に対しては「卒業証書」は授与されず「学位記」のみが授与されるため、大学院のみで行う場合は「学位記授与式」、学部と合同で行う場合は「大学院修了式・大学卒業式[2][3]」「学位記授与式[4][5]」など各校によって呼称には差が見られる。

幼稚園および特別支援学校の幼稚部においては「卒園式」と呼ばれ、「卒園証書」が授与される。なお、保育所(保育園)[注釈 1]でも「卒園式」が行われる。

歴史

日本では1872年(明治5年)の学制の施行に伴い、各等級学年)ごとに試験修了者に対して卒業証書を授与したことに起源を持つ[6]。その後、明治10年代ごろ(1870年代半ばから1880年代にかけて)に現在のような独立した儀式として定着した。

2020年(令和2年)は新型コロナウイルス感染症拡大の問題に直面し、この年の卒業式が相次いでキャンセルとなった[7]。一方で感染の拡大状況を見ながら延期して行った学校もあり、その際には参加者同士の密集を防ぐために式を複数回に分けて行う、身体的距離を保つために席の間隔を空けるなどといった工夫がなされた[8]。これらの対策は翌年以降も継続して取り入れられている[9]

日本における卒業式

日本の卒業式(北海道室蘭市
2006年3月1日撮影

通常、3月に実施される(早春歳時記的なものにされるほどである)が、一部の私立中学校高等学校では2月に実施される。小中学校では従来は3月20日頃が多かったが、近年、小学校・中学校は3月中旬ごろに行われている[要出典]

教育課程における位置づけ

小学校中学校義務教育学校高等学校中等教育学校および特別支援学校においては、学校教育法施行規則における教育課程の中の特別活動[注釈 2]に位置づけられ、始業式終業式入学式修了式などと並ぶ学校行事となっている[注釈 3]

なお文部科学省が定める学習指導要領では、特別活動領域における「儀式的行事[注釈 4]の一種とされており、入学式などと同様に「その意義を踏まえ、国旗を掲揚するとともに、国歌斉唱するよう指導するものとする」と定められている。

海外における卒業式

日本国外でも学位授与のための卒業式は存在するが、西欧諸国など学校の課程終了が公的試験(バカロレアアビトゥーアの取得)によって認定される国では、卒業という概念はなく、そのため卒業式も存在しない[10]

アメリカでは6月ブラジルでは1月、韓国では2月が多い。これは学年年度(アメリカでは6月に年度終了、9月から新学期)による違いである。


注釈

  1. ^ 学校ではなく、児童福祉法第7条に規定される児童福祉施設である。
  2. ^ 学校教育法施行規則では、小学校は第50条、中学校は第72条、高等学校は第83条、中等教育学校は第108条第1項(前期課程)および第2項(後期課程)、そして特別支援学校は第126条(小学部)・第127条(中学部)・第128条(高等部)にそれぞれ規定される。なお義務教育学校についても、第79条の6第1項で小学校の規定が前期課程に、同条第2項で中学校の規定が後期課程にそれぞれ準用となる。
  3. ^ 学校教育法施行規則第58条において、「校長は、小学校の全課程を修了したと認めた者には、卒業証書を授与しなければならない」(第79条で中学校、第79条の8で義務教育学校、第104条で高等学校、第113条で中等教育学校、そして第135条第2項で特別支援学校(小学部・中学部・高等部)にそれぞれ準用する)と規定されているが、学校行事も教育課程という意味では、「全課程」とは「入学式から卒業式に至るまでの、学校行事を含めた全課程」ということになる。
  4. ^ 学校生活に有意義な変化や折り目を付け、厳粛で清新な気分を味わい、新しい生活の展開への動機付けとなるような活動を行うこと」を目的としている。
  5. ^ 防衛省設置法第14条および第15条に規定された自衛隊幹部自衛官養成機関(諸外国の軍隊における士官学校に相当する)であり、学校教育法に規定する大学ではない。
  6. ^ 受験当日のため式に出席できない者や式後に受験を控えている者など、式時点において進路未決定の者もいるため。
  7. ^ すなわち、手持ちの学生証を卒業証書と交換する形になる。
  8. ^ 教育基本法第15条により、宗教に関する「寛容の態度」や「一般的な教養」および「社会生活における地位」は、「教育上尊重されなければならない」とされている。なお、国公立学校においては同条第2項により「宗教教育」や「宗教的活動」が禁止されている。
  9. ^ 教育基本法第8条では、「国及び地方公共団体は、その自主性を尊重しつつ、(中略)私立学校教育の振興に努めなければならない」とされている。また私立学校法第1条により、私立学校に対しては「特性にかんがみ、その自主性を重んじ、公共性を高める」ことが求められている。

出典

  1. ^ Commencement、Convocation(コンボケーション)という言葉もよく使われる
  2. ^ 2021(令和3)年度 名古屋外国語大学 大学院修了式・大学卒業式の挙行について | News&Topics | 名古屋外国語大学 The World with Us! 世界はわたしたちとともに”. www.nufs.ac.jp. 2022年7月24日閲覧。
  3. ^ 令和4年度卒業式、大学院修了式・学位記授与式を挙行しました千葉大学
  4. ^ 2021年度3月学位記授与式が挙行されました | お知らせ | キャンパスライフ | 名古屋商科大学 - AACSB国際認証校”. 名古屋商科大学. 2022年7月24日閲覧。
  5. ^ 2021年度学位記授与式を挙行 - NEWS”. 愛知大学. 2022年7月24日閲覧。
  6. ^ 「卒業証書授与式」は「卒業式」の正式名称じゃないの? - エキサイトニュース
  7. ^ "卒業式、入学式の延期・中止相次ぐ 新型コロナ感染拡大で". 毎日新聞(2020年2月25日作成). 2021年2月26日閲覧
  8. ^ “「特別な卒業式に」 コロナで行われなかった卒業式開催 東京”. NHKニュース (日本放送協会). (2020年11月3日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201103/amp/k10012693421000.html 2021年2月26日閲覧。 
  9. ^ 学位記授与式(対象:大学院修了者)”. 東京大学. 2022年3月10日閲覧。
  10. ^ ブリタニカ国際大百科事典(電子辞書対応小項目版2006年)
  11. ^ 横浜市生涯学習ページ 「はまなび」 - 横浜市歌
  12. ^ 2019年3月8日中日新聞朝刊27面
  13. ^ 学校教育法第117条ただし書き





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「卒業式」の関連用語

卒業式のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



卒業式のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの卒業式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS