bumpとは?

バンプ

英語 bump

バンプは、ぶつかる、衝突するの意。転じて自動車用語では、タイヤ上向きに動くことをバンプという。サスペンションには、コーナリング中のローリング悪路からの衝撃ジャンプ着地時の衝撃など、サスペンションを縮ませる方向の力が働く。とくに、悪路グラベル走行ジャンピングスポットが多いラリーでは、サスペンション十二分ストロークをもっていないと、縮み切ってしまい、その衝撃がすべて車体入力される。跳ね上がって走行姿勢を乱したり、ときには衝撃により車体破損してしまうこともある。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

Bump

raiseレイズ)すること。

Bump

名前 バンプ

BUMP!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/22 16:56 UTC 版)

BUMP!!
La PomPonシングル
初出アルバム『BEST OF La PomPon』
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
レーベル Being
作詞・作曲 藤末樹
チャート最高順位
  • 週間57位(オリコン
  • デイリー26位(オリコン)
La PomPon シングル 年表
- BUMP!!
(2015年)
HOT GIRLS
(2015年)
テンプレートを表示

BUMP!!」(バンプ)は、2015年1月28日に発売されたLa PomPonの1枚目のシングルビーイングから発売された。

解説

メジャーデビュー作。初回盤は表題曲のプロモーションビデオ及びそのメイキングとブックレットを付属[1]。表題曲は昨年夏の活動開始から各地イベントの全てのステージでパフォーマンスをしてきた楽曲で、ファンからCD化の声を多数受けため、メジャーに至った[2]日本テレビ系「ミュージックドラゴン」1月度エンディング・テーマ。カップリング「恋のABC」はテレビ金沢となりのテレ金ちゃん」1月度エンディング・テーマ。

プロモーションビデオ

彼女達の可愛らしさやダンスをハツラツと踊る姿がフィーチャーされている。撮影は冬の海岸で行われ、海岸ではしゃぐ6人のシーンやプールサイドでのダンスシーンなど様々なシチュエーションで撮影が行われた。撮影時は天候に恵まれたこともあり、早朝からの撮影にも関わらず、おもいっきりパフォーマンスをする彼女達の活き活きした表情が見られる作品になった[3]。楽曲の制作はビーイング外部の作家を多く起用している

批評

CDジャーナルは「はつらつとした勢いと透明感あふれるコーラスは彼女たちの代名詞となるはず。可愛らしさとは裏腹の底力を秘めた今後が楽しみな名刺代わりの一枚」と評した[4]

収録曲

CD
  1. BUMP!!
    作詞・作曲:藤末樹 編曲:大島こうすけ
  2. 恋のABC
    作詞・作曲:藤末樹 編曲:Mitsu.J
  3. ろっぽんぎのうた♪[5]
    作詞:T.ぽんたろう(C) 作曲:藤末樹 編曲:奥山アキラ・藤末樹
  4. BUMP!!(Instrumental)
DVD
  1. BUMP!! (PV)
  2. BUMP!! (Making)

脚注

[ヘルプ]

BUMP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/29 05:27 UTC 版)

BUMPとは


バンプ

(bump から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/28 08:49 UTC 版)

バンプ (bump) は英語で「こぶ」「隆起」「衝突」などを意味する単語。

人名

関連項目


BUMP!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/11 14:49 UTC 版)

BUMP!
藤木直人スタジオ・アルバム
リリース 2000年12月6日
ジャンル J-POP
時間 49分33秒
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
藤木直人 年表
BUMP!
2000年
WARP
2002年
BUMP! 収録の シングル
  1. 世界の果て〜the end of the world〜
    リリース:1999年7月7日
  2. 虹〜waiting for the rainbow〜
    リリース:1999年11月17日
  3. パーフェクトワールド
    リリース:2000年7月19日
  4. コズミックライダー
    リリース:2000年11月1日
テンプレートを表示

BUMP!』(バンプ)は、藤木直人の1枚目のアルバム2000年12月6日ポニーキャニオンより発売。

概要

先行シングル「コズミックライダー」と、それまでのシングル表題曲3曲を含む、全10曲収録の1stアルバム。初のアルバムを携えての3回目のライブツアー「Naohito Fujiki Live Tour ver2.0 〜Hop!Step!BUMP!渡り鳥越冬編!!〜」が、2000年12月16日から2001年2月17日まで、全国19ヶ所で23公演行われた。

“BUMP”には“衝突する”や“ぶつかる”の意味があり、音楽シーンにぶつかっていけたらとアルバムタイトルに決定した[1]

寺岡呼人が手がけた楽曲や共作楽曲に加え、自身が作詞、作曲共に手がけた楽曲も4曲収録。

CD-EXTRA仕様になっており、ボーナス映像が収録されている。

収録曲

  1. パーフェクトワールド
    (作詞・作曲:寺岡呼人/編曲:寺岡呼人、藤井謙二
    3rdシングルの表題曲。
  2. 陽のあたる場所
    (作詞・作曲・編曲:寺岡呼人)
    テレビ朝日系『人気者でいこう!』のエンディングテーマ。寺岡呼人のカバー曲。2009年6月、ポニーキャニオン実施のファン人気投票1位。
  3. 哀しみの花
    (作詞・作曲:藤木直人/編曲:寺岡呼人)
    2009年に歌入れし直し、NAO-HIT WORKS VERSIONとしてベストアルバム『HISTORY of NAOHITO FUJIKI』に収録。
  4. 虹〜waiting for the rainbow〜
    (作詞:寺岡呼人/作曲・編曲:寺岡呼人、藤井謙二)
    2ndシングルの表題曲。
  5. オリオン座
    (作詞・作曲:藤木直人/編曲:寺岡呼人)
    アルバムのために完成させた自作曲。
  6. シナモン
    (作詞:寺岡呼人/作曲:寺岡呼人、藤井謙二、藤木直人/編曲:寺岡呼人、藤井謙二)
    2ndシングルのカップリング曲。アルバムのために歌入れし直した、寺岡呼人、藤井謙二、藤木直人共作の楽曲。
  7. Night&Day
    (作詞・作曲:藤木直人/編曲:寺岡呼人)
    自身作詞、作曲のアップナンバー。
  8. コズミックライダー
    (作詞:寺岡呼人/作曲:藤木直人/編曲:寺岡呼人)
    先行シングルの表題曲。
  9. 世界の果て〜the end of the world〜
    (作詞:寺岡呼人/作曲・編曲:寺岡呼人、藤井謙二)
    デビュー曲。
  10. Hallelujah
    (作詞・作曲:藤木直人/編曲:寺岡呼人)

脚注

  1. ^ 『Growth』(2002年3月29日、ソニー・マガジンズ)参考。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「bump」の関連用語

bumpのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



bumpのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日本ポーカープレーヤーズ協会日本ポーカープレーヤーズ協会
日本ポーカープレーヤーズ協会 All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBUMP!! (改訂履歴)、BUMP (改訂履歴)、バンプ (改訂履歴)、BUMP! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS