Maleとは? わかりやすく解説

エム【M/m】

読み方:えむ

英語のアルファベットの第13字。

〈M〉ローマ数字1000

〈M〉《medium衣服サイズM判。→S →L

〈M〉

㋐《man男性を表す略号。⇔W。

㋑《male》男性を表す記号。⇔F。

㋒《(ラテン)membrum virile陰茎を表す略号

〈M〉《nautical mile海洋航海上の距離の単位海里の記号

〈m〉《(フランス)mètre長さの単位メートル記号

〈M〉《magnitude地震大きさ単位マグニチュード記号

〈M〉《(ドイツ)Mach高速飛行速度の単位マッハ記号

〈m〉《minute時間の単位分の記号。→H →S

10 〈M〉《mastermaster course修士修士課程を表す記号M1修士課程1年生)、M2修士課程2年生)のように用いる。

11 数の単位

㋐〈m〉《(フランス)milliミリ記号

㋑〈M〉《megaメガ記号

12 〈M〉《「明治」のローマ字書きmeiji頭文字から》元号明治を表す記号

13money金銭

「—の心配は要らん」〈魯庵くれの廿八日

14 〈M〉《masochistmasochism俗にマゾヒストのこと。また、マゾヒズム


マレ【Male】

読み方:まれ

モルジブ首都モルジブ諸島のほぼ中央北マレ環礁最南端マレ島およびビリンギリ島からなる同国政治・経済中心地世界で最も人口密度が高い都市の一。観光業漁業が盛ん。同国最大のモスクであるイスラミックセンター、イスラム教布教した聖人バルベリを祭る墓地国立博物館などがある。マーレ


マーレ【Male】

読み方:まーれ

マレ


メール【male】

読み方:めーる

男性。雄。植物の雄株。Mで男性を表す記号として用いる。⇔フィーメル


人口学では普通、子供323-3)を含む全年齢それぞれの性別人口を指す場合、男 1と女 2という表現代りに、男性 1女性 2という用語が用いられる同じように少年 3少女 4代えて男の子供 3女の子供 4という用語が用いられる


同義/類義語:オス
英訳・(英)同義/類義語:male

有性生殖をする生物で、精子雄性配偶子)を作る個体

Male

名前 マールメール

(Male から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 20:59 UTC 版)

オス: Male)は、動物性別のうち、精巣を有し、精子をつくる側のこと。植物の場合は、雄花をつけるもの[1]対義語メス






「雄」の続きの解説一覧

Male

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/13 15:59 UTC 版)

マレ (曖昧さ回避)」の記事における「Male」の解説

ウィクショナリー関連の辞書項目あります。male、mâle

※この「Male」の解説は、「マレ (曖昧さ回避)」の解説の一部です。
「Male」を含む「マレ (曖昧さ回避)」の記事については、「マレ (曖昧さ回避)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Male」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Maleのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Maleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリオスの記事を利用しております。
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの雄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマレ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS