金星の日面通過とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 金星の日面通過の意味・解説 

金星の日面通過

読み方:きんせいのにちめんつうか

金星太陽表面を横切るように見え現象一般的に地球上から太陽観測した際に見え現象をさす。大きめ黒点移動しているように見える。

金星の太陽面通過

(金星の日面通過 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/20 21:30 UTC 版)

地球における金星の太陽面通過(きんせいのたいようめんつうか)は、金星太陽面を黒い円形のシルエットとして通過していくように見える天文現象である。金星が地球と太陽のちょうど間に入ることで起こる。日面通過日面経過太陽面経過とも呼ばれる[1]。記録に残る初の観測は、1639年エレミア・ホロックスによってなされた。




  1. ^ a b 国立天文台. “2012年6月6日 〜21世紀最後の「金星の太陽面通過」〜(国立天文台)”. 2012年6月6日閲覧。
  2. ^ a b ウルフ 2012, p. 18.
  3. ^ a b 2012年6月6日 金星の太陽面通過”. アストロアーツ. 2016年2月11日閲覧。
  4. ^ 金星”. 国立天文台. 2016年2月11日閲覧。
  5. ^ a b c d 2006年11月9日 水星太陽面通過”. 国立天文台. 2016年2月11日閲覧。
  6. ^ 相馬 充「金星の日面経過」『天文年鑑2012年版』天文年鑑編集委員会、誠文堂新光社、2011年、初版、54頁。ISBN 978-4-416-21130-4
  7. ^ 2004 June 8th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年3月19日閲覧。
  8. ^ 2012 June 5th-6th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年3月19日閲覧。
  9. ^ The 2004 Transit of Venus”. NASA. 2016年2月11日閲覧。
  10. ^ 金星の日面通過、21世紀最後”. ナショナルジオグラフィック (2012年6月6日). 2016年2月11日閲覧。
  11. ^ a b c 国立天文台. “地球-太陽間距離を求める”. 2012年6月6日 〜21世紀最後の「金星の太陽面通過」〜. 2016年4月2日閲覧。
  12. ^ a b Venus compared to Earth”. European Space Agency (2000年). 2006年9月25日閲覧。
  13. ^ Juergen Giesen (2003年). “Transit Motion Applet”. 2006年9月26日閲覧。
  14. ^ 太陽面通過、星の子館。
  15. ^ a b c Cyclical Nature of the Transits of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h 国立天文台. “周期的に起こる?”. 2012年6月6日 〜21世紀最後の「金星の太陽面通過」〜(国立天文台). 2012年6月6日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i Fred Espenak. “Six Millennium Catalog of Venus Transits: 2000 BCE to 4000 CE”. NASA. 2016年2月11日閲覧。
  18. ^ Seven Century Catalog of Mercury Transits: 1601 CE to 2300 CE”. NASA. 2016年2月11日閲覧。
  19. ^ a b c 松下健次郎. “安全な観測のための三箇条”. 2012年5月21日は金環食をみよう! 全国市区町村別 金環日食・部分日食観測ガイド. 2016年3月20日閲覧。
  20. ^ Transit of Venus - Safety”. University of Central Lancashire. 2006年9月21日閲覧。
  21. ^ Fred Espenak. “Eye Safety During Solar Eclipses(Adapted from NASA RP 1383 Total Solar Eclipse of 1998 February 26, April 1996, p. 17.)”. 2006年9月21日閲覧。
  22. ^ 日本天文協議会、財団法人日本眼科学会、社団法人日本眼科医会. “2012年5月21日(月曜日) 日食を安全に観察するために”. p. 5. 2016年3月20日閲覧。
  23. ^ ウルフ 2012, pp. 10, 13–14.
  24. ^ ウルフ 2012, pp. 13–14.
  25. ^ Dr. Carme Jordi (2004年6月2日). “Calculation of the distance between the earth and the Sun from measurements taken in occasion of a transit of Venus”. serviastro.am.ub.edu. 2016年2月11日閲覧。
  26. ^ a b c 相馬 充、1872、「天文学 定数最前線(2)-天文単位」、『天文月報』80巻2号、1872年2月 p. 62
  27. ^ 矢野 太平『拡がる宇宙地図―宇宙の構造はどう解明されてきたか』技術評論社〈知りたい!サイエンス〉、2008年7月25日、88頁。ISBN 978-4-7741-3516-8
  28. ^ たいようしさ【太陽視差】―大辞林 第三版の解説”. コトバンク. 三省堂. 2016年5月11日閲覧。
  29. ^ 暦の改訂について(2016)”. 暦計算室. 国立天文台天文情報天文情報センター. 2016年4月14日閲覧。
  30. ^ 2015 Selected Astronomical Constants”. The Astronomical Almanac. the U.S. Naval Observatory. 2016年4月23日閲覧。
  31. ^ a b c d e f Robert H. van Gent. “The Transits of Venus of 1631 and 1639”. Transit of Venus Bibliography. 2016年3月22日閲覧。
  32. ^ a b Simaan 2004, p. 247.
  33. ^ HM Nautical Almanac Office. “1631 Transit of Venus”. 2016年3月22日閲覧。
  34. ^ a b Chapman 2004, p. 26.
  35. ^ a b c HM Nautical Almanac Office. “1639 Transit of Venus”. 2016年3月27日閲覧。
  36. ^ トム・ジャクソン『歴史を変えた100の大発見 宇宙―果てのない探索の歴史』平松 正顕訳、丸善出版、2014年10月30日、30頁。ISBN 978-4-621-088579
  37. ^ a b Chapman 1994, p. 337.
  38. ^ Chapman 2004, p. 30.
  39. ^ Simaan 2004, pp. 247–248.
  40. ^ Simaan 2004, p. 248.
  41. ^ Chapman 1994, p. 348.
  42. ^ William B. Ashworth, Jr. (2014年12月4日). “Scientist of the Day - William Crabtree and Jeremiah Horrocks”. Linda Hall Library. 2016年3月27日閲覧。
  43. ^ Chapman 2004, p. 31.
  44. ^ Pogge, § Edmund Halley Plans Ahead.
  45. ^ ウルフ 2012.
  46. ^ ウルフ 2012, pp. 11, 15–16.
  47. ^ ウルフ 2012, pp. 24, 28.
  48. ^ Simaan 2004, pp. 248–249.
  49. ^ ウルフ 2012, p. 31.
  50. ^ a b c d e Simaan 2004, p. 249.
  51. ^ ウルフ 2012, pp. 6–7.
  52. ^ MEASURING THE UNIVERSE: THE 1761 AND 1769 TRANSITS”. Chasing Venus: Observing the Transits of Venus 1631-2004. Smithsonian Libraries. 2016年4月2日閲覧。
  53. ^ a b c Pogge, § The First Transit: 1761 June 6.
  54. ^ Pogge, § The Venus Transit Expeditions of 1761 and 1769.
  55. ^ キティー・ファーガソン『宇宙を測る―宇宙の果てに挑んだ天才たち』加藤賢一訳、講談社〈ブルーバックス〉、2002年2月20日、129頁。ISBN 4-06-257361-X
  56. ^ ウルフ 2012, pp. 30, 36.
  57. ^ a b Edwin Danson (2002年1月). “"Mason, Charles, and Jeremiah Dixon"”. American National Biography Online. Oxford University Press. 2016年4月3日閲覧。
  58. ^ ウルフ 2012, pp. 91, 112–113.
  59. ^ ウルフ 2012, pp. 40–41.
  60. ^ Hudon 2004, p. 10.
  61. ^ ウルフ 2012, pp. 42–43, 51–53, 101–103.
  62. ^ ウルフ 2012, p. 67.
  63. ^ ウルフ 2012, pp. 73–74.
  64. ^ ウルフ 2012, pp. 74.
  65. ^ ウルフ 2012, p. 148.
  66. ^ Alvin Powell (2012年5月29日). “The last dance between Venus and the sun”. Harvard Gazette. The President and Fellows of Harvard College. 2016年4月9日閲覧。
  67. ^ ウルフ 2012, pp. 80–83.
  68. ^ ウルフ 2012, pp. 110–111, 116–118.
  69. ^ Mikhail Ya. Marov (2004). “Mikhail Lomonosov and the discovery of the atmosphere of Venus during the 1761 transit”. Proceedings of the International Astronomical Union (Cambridge University Press): 209–219. http://adsabs.harvard.edu/full/2005tvnv.conf..209M. 
  70. ^ Jay M. Pasachoff, Glenn Schneider, and Leon Golub (June 2004). “The black-drop effect explained”. Proceedings of the International Astronomical Union (International Astronomical Union) (196): 243–244. doi:10.1017/S1743921305001420. 
  71. ^ a b c Pogge, § The Venus Transit Data (remember that?).
  72. ^ Cottam et al. 2012, p. 184.
  73. ^ ウルフ 2012, p. 134.
  74. ^ a b c d Pogge, § The Second Transit: 1769 June 3-4.
  75. ^ ウルフ 2012, pp. 140–141.
  76. ^ ウルフ 2012, pp. 160.
  77. ^ ウルフ 2012, pp. 183–184.
  78. ^ ウルフ 2012, pp. 115, 188–191.
  79. ^ Silvio A. Bedini. "Rittenhouse, David"; http://www.anb.org/articles/13/13-01396.html American National Biography Online Feb. 2000. Access Date: Mon Apr 11 2016 21:24:10 GMT+0900
  80. ^ ウルフ 2012, pp. 152–158.
  81. ^ Andrea Wulf (2016年2月12日). “Venus, the Best and Brightest”. The Atlantic Monthly Group. 2016年4月11日閲覧。
  82. ^ a b c d e f g h i Simaan 2004, p. 250.
  83. ^ Simone Dumont; Monique Gros (2013). “The Important Role of the Two French Astronomers J.-N. Delisle and J.-J. Lalande in the Choice of Observing Places during the Transits of Venus in 1761 and 1769”. The Journal of Astronomical Data (Sliedrecht, the Netherlands : Twin Press) 19: 209–219. ISSN 1385-3945. http://www.vub.ac.be/STER/JAD/JAD19/jad19_1/jad19_1n.pdf. 
  84. ^ a b ウルフ 2012, pp. 244–245.
  85. ^ ウルフ 2012, pp. 145–146.
  86. ^ Hudon 2004, p. 11.
  87. ^ ウルフ 2012, pp. 166.
  88. ^ Hudon 2004, p. 12.
  89. ^ クック【James Cook】―世界大百科事典 第2版の解説”. コトバンク. 日立ソリューションズ・クリエイト. 2016年4月13日閲覧。
  90. ^ Hudon 2004, pp. 14–15.
  91. ^ Hudon 2004, p. 15.
  92. ^ ウルフ 2012, pp. 258.
  93. ^ Hudon 2004, pp. 15–16.
  94. ^ a b Hudon 2004, p. 16.
  95. ^ Dick et al. 1998, p. 226.
  96. ^ a b Christine Allen (2004). “The Mexican expedition to observe the 8 December 1874 transit of Venus in Japan”. Proceedings of the International Astronomical Union (International Astronomical Union) (196): 111–123. doi:10.1017/S1743921305001316. 
  97. ^ a b c HM Nautical Almanac Office. “1874 December 9th Transit of Venus”. 2016年4月23日閲覧。
  98. ^ Cottam et al. 2012, p. 183.
  99. ^ Canales 2002, p. 588.
  100. ^ a b c Kiss of the goddess”. The Economist. The Economist Newspaper Limited (2004年5月27日). 2016年3月20日閲覧。
  101. ^ Canales 2002, p. 594.
  102. ^ 松村 巧『日本天文名所旧跡案内』、1982年9月10日、108-109頁。
  103. ^ a b 日本の天文学の百年』日本天文学会百年史編纂委員会、丸善出版、2008年3月25日、初版、6-7頁。ISBN 978-4-7699-1078-7
  104. ^ 金星の太陽面通過”. 明石市立天文科学館. 2016年2月11日閲覧。
  105. ^ a b 中村 士『東洋天文学史』丸善出版〈サイエンス・パレット〉、2014年10月30日、194-195頁。ISBN 978-4-621-08862-3
  106. ^ Canales 2002, pp. 603–304.
  107. ^ a b 米田 昭二郎、1996、「日本燐寸工業の父: 清水誠 (<特集>科学風土記 : 沖縄から北海道まで)」、『化学と教育』44巻1号、日本化学会 pp. 28-29
  108. ^ a b 箱岩 英一、2004、「測量・地図歴史散歩 3 日本の経度は金星日面経過観測から」、『測量』4号、日本測量協会 pp. 28-29
  109. ^ Dick et al. 1998, p. 240.
  110. ^ Hudon 2004, p. 18.
  111. ^ Dick et al. 1998, p. 241.
  112. ^ a b c Dick et al. 1998, p. 223.
  113. ^ a b c Cottam et al. 2012, p. 185.
  114. ^ Dick et al. 1998, p. 242.
  115. ^ Simaan 2004, pp. 250–251.
  116. ^ a b Cottam et al. 2012, pp. 192–196.
  117. ^ a b Alex Young; Bryan Stephenson. “John Philip Sousa's March”. Transit of Venus, Sun-Earth Day 2012. NASA. 2016年4月3日閲覧。
  118. ^ a b Hudon 2004, p. 19.
  119. ^ Dick et al. 1998, pp. 248–249.
  120. ^ a b c ESO (2004年11月2日). “Summing Up the Unique Venus Transit 2004 (VT-2004) Programme”. 2016年5月2日閲覧。
  121. ^ ESO. “ESO - Introduction”. 2016年5月2日閲覧。
  122. ^ David Shiga (2012年5月25日). “The Disappearing Black Drop”. F+W Media, Inc.. 2016年5月3日閲覧。
  123. ^ The "Black Drop" Phenomenon”. ESO. 2016年5月3日閲覧。
  124. ^ Jay M. Pasachoff, Glenn Schneider, and Leon Golub (June 2004). “The black-drop effect explained”. Proceedings of the International Astronomical Union (International Astronomical Union) (196): 243–244. doi:10.1017/S1743921305001420. 
  125. ^ Maggie McKee (2004年6月6日). “Extrasolar planet hunters eye Venus transit”. New Scientist. 2006年9月27日閲覧。
  126. ^ Fred Espenak (2002年6月18日). “2004 and 2012 Transits of Venus”. NASA. 2006年9月25日閲覧。
  127. ^ Venus transiting the sun – in pictures”. The Guardian (2012年6月6日). 2016年5月3日閲覧。
  128. ^ a b c A Black Shape Passing Across the Face of the Sun—The 2012 Transit of Venus”. NAOJ (2014年6月6日). 2016年5月3日閲覧。
  129. ^ a b Venus' Aureole”. ESO. 2016年5月3日閲覧。
  130. ^ Refraction and scattering phenomena during the transit of Venus on June 5-6, 2012”. 2016年5月3日閲覧。
  131. ^ Tony Phillips (2012年6月5日). “The Mysterious Arc of Venus”. NASA. 2016年5月3日閲覧。
  132. ^ Paolo Tanga (2016年4月5日). “The Venus Twilight Experiment – what we learned from the last transit of Venus”. Europlanet. 2016年5月3日閲覧。
  133. ^ 1631 December 7th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  134. ^ 1761 June 6th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  135. ^ 1769 June 3rd-4th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  136. ^ 1882 December 6th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  137. ^ 2004 June 8th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  138. ^ 2012 June 5th-6th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  139. ^ 2117 December 11th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  140. ^ 2125 December 8th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  141. ^ 2247 June 11th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  142. ^ 2368 December 10th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  143. ^ 2368 December 10th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  144. ^ 2368 December 10th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  145. ^ 2490 June 12th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  146. ^ 2498 June 10th Transit of Venus”. HM Nautical Almanac Office. 2016年5月6日閲覧。
  147. ^ a b Fred Espenak (2003年5月5日). “1999 Transit of Mercury”. NASA. 2016年5月18日閲覧。
  148. ^ a b Meeus et al. 2004, p. 132.
  149. ^ a b Meeus et al. 2004, p. 133.
  150. ^ Meeus et al. 2004, p. 134.
  151. ^ de La Lande, M.; Charles Messier, M. (1769). “Observations of the Transit of Venus on 3 June 1769, and the Eclipse of the Sun on the Following Day, Made at Paris, and Other Places. Extracted from Letters Addressed from M. De la Lande, of the Royal Academy of Sciences at Paris, and F. R. S. to the Astronomer Royal; And from a Letter Addressed from M. Messier to Mr. Magalhaens”. Philosophical Transactions(1683–1775) 59: 374–377. http://www.jstor.org/stable/105848. 
  152. ^ Fred Espenak. “Catalog of Solar Eclipses: 1701 to 1800”. NASA. 2016年5月18日閲覧。
  153. ^ Transits of Mercury from Moon Fourmilab
  154. ^ Transits of Mercury from Earth Fourmilab
  155. ^ Transits of Mercury from Saturn Fourmilab
  156. ^ Transits of Venus from Earth Fourmilab
  157. ^ Transits of Venus from Moon Fourmilab
  158. ^ Transits of Venus from Saturn Fourmilab
  159. ^ Transits of Earth from Saturn Fourmilab
  160. ^ Transits of Moon from Saturn Fourmilab
  161. ^ Jessica Ratcliff (2008). The Transit of Venus Enterprise in Victorian Britain. Routledge. p. 165. ISBN 978-1851965410. https://books.google.co.jp/books?id=LWhECgAAQBAJ&pg=PA165&lpg=165#v=onepage&q&f=false 
  162. ^ Transit of Venus”. Manitoba Opera. 2016年4月3日閲覧。
  163. ^ 3.7. The Transit of Venus”. Doctor Who - The Companion Chronicles. Big Finish Productions. 2016年4月3日閲覧。
  164. ^ Mary Ouellette (2012年6月5日). “Three Days Grace Announce New Album Title and Release Date”. LOUDWIRE.COM. Townsquare Media. 2016年4月3日閲覧。
  165. ^ Rock Album of the Year 2014”. The Canadian Academy of Recording Arts and Sciences. 2016年4月3日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「金星の日面通過」の関連用語

金星の日面通過のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



金星の日面通過のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの金星の太陽面通過 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS