足利義尹とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 足利義尹の意味・解説 

足利義稙

(足利義尹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/19 08:43 UTC 版)

足利 義稙(あしかが よしたね)は、室町幕府第10代将軍。父は室町幕府第8代将軍・足利義政の弟で、一時兄の養子として継嗣に擬せられた足利義視。母は裏松重政の娘・日野良子(日野富子の妹)。




注釈

  1. ^ 義稙は細川澄元細川成之と大内義興を和睦させようと工作している[14]
  2. ^ 中国で大領国を支配し対貿易の利もあった義興の実力が圧倒的に大きかった[17]
  3. ^ 財政的な負担も大きかったためという(『公卿補任』『相良家文書』)[21]
  4. ^ 5月1日に義稙は細川澄元に細川家家督の相続を許していたためであり、また高国も義稙を無視して幕政を専横したためである[26]
  5. ^ 淡路に着いたのは3月10日である[29]
  6. ^ 阿南市立阿波公方・民俗資料館の館内解説によると、義冬が当地に納めたのは遺髪。
  7. ^ 三条西家旧蔵『不審申条条』にその問い合わせの内容が残されている。
  8. ^ 公卿補任では、延徳2年7月5日付、右中将兼帯となっているが、翌年以降の記事では、左中将となっている。また、足利義稙御判御教書(延徳2年8月18日付。東寺文書 書12)では参議左近衛権中将の官職名となっている
  9. ^ 『公卿補任』には、明応9年(1500年)まで「征夷大将軍」の記載がある。
  10. ^ a b 晴重(稙信)のもう一人の子(守信(稙清)の弟)である葛西晴胤の別名が義稙復職前の将軍・足利義澄(初め義高)から1字を受けたとみられる「高信」であることから逆転現象が生じてしまっており矛盾している。このため、実際に名乗っていたか否かはわからない。

出典

  1. ^ 『多聞院日記』・永正4年8月23日条
  2. ^ 『後法成寺尚通公記』・永正5年6月8日条
  3. ^ 『二水記』・大永元年6月28日条
  4. ^ a b 『佐竹系図』続群書類従第5輯上系図部p.494。昭和34年5月15日訂正3版
  5. ^ a b 『佐竹系図』続群書類従第5輯上系図部p.507。昭和34年5月15日訂正3版
  6. ^ 『足利家官位記』
  7. ^ 『足利系図』続群書類従第5輯上系図部p.306。昭和34年5月15日訂正3版
  8. ^ 『清和源氏系図』続群書類従第5輯上系図部p.286。昭和34年5月15日訂正3版
  9. ^ 『平島殿先祖并細川家三好家覚書』
  10. ^ 『阿州将裔記』
  11. ^ 浜口 2014, p. 222-225.
  12. ^ 井原今朝男「室町廷臣の近習・近臣と本所権力の二面性」『室町期廷臣社会論』塙書房、2014年。
  13. ^ 長江 1989, p. 13.
  14. ^ a b 長江 1989, p. 19.
  15. ^ 萩藩閥閲録
  16. ^ 『堺鑑』(続々群書類従第8地理部 明治39年8月25日発行 p.635,p636)
  17. ^ 長江 1989, p. 18.
  18. ^ 浜口 2014, p. 88-90.
  19. ^ 浜口 2014, p. 112-116・280-282.
  20. ^ 浜口 2014, p. 225-227.
  21. ^ a b 長江 1989, p. 24.
  22. ^ 『御内書案』永正15年12月2日条〈続群書類従第23輯下武家部 昭和50年4月15日訂正3版〉286頁。
  23. ^ 長江 1989, p. 25.
  24. ^ 浜口 2014, p. 230-231.
  25. ^ 浜口 2014, p. 231-232.
  26. ^ 長江 1989, p. 30,36.
  27. ^ 浜口 2014, p. 232-234.
  28. ^ 水野智之『室町時代公武関係の研究』吉川弘文館、2005年、246-249頁。
  29. ^ a b 長江 1989, p. 36.
  30. ^ 4月7日とも。
  31. ^ 長江 1989, p. 37.


「足利義稙」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「足利義尹」の関連用語

足利義尹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



足利義尹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの足利義稙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS