竿竹商法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > 商法 > 竿竹商法の意味・解説 

竿竹商法

読み方:さおだけしょうほう
別表記:竿だけ商法さおだけ商法

いわゆるさおだけ屋」が主に行っている商品販売形態で、自動車商品を乗せて住宅などを低速巡回し、客に呼び止めさせて販売する方式

竿竹商法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 14:57 UTC 版)

竿竹商法(さおだけしょうほう)とは、竿竹を積載した自動車で住宅地などを巡回し、客の求めに応じて竿竹を販売する商法。


  1. ^ 最近の相談内容 : さおだけ屋から買ったさお”. 青森県消費生活センター. 2007年7月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年8月5日閲覧。


「竿竹商法」の続きの解説一覧



竿竹商法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竿竹商法」の関連用語

竿竹商法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



竿竹商法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの竿竹商法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS