火炙りの刑とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 火炙りの刑の意味・解説 

火刑

(火炙りの刑 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 03:11 UTC 版)

火刑(かけい)は、受刑者にをつける、あるいは火であぶることにより絶命させる死刑のひとつ。火罪(かざい)、火焙り(ひあぶり)、焚刑(ふんけい)とも呼ばれる。


  1. ^ 『御仕置裁許帳』6巻「火を付る者之類丼投火仕者之類」の部、元禄3年-4年の記録、江戸幕府作成、国会図書館蔵書より
  2. ^ 石井良助校正並編集『近世法制史料叢書.第1』訂正版、創文社、1959年、pp.194-195
  3. ^ イスラム国の操縦士焼殺、狙いは「恐怖」による優位性 専門家フランス通信社、2015年2月6日、同年2月7日閲覧
  4. ^ 「イスラム国」冒涜の焼殺でアラブ社会全体を敵に 有志連合が大規模報復へ - ZAKZAK、2015年2月5日


「火刑」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火炙りの刑」の関連用語

火炙りの刑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



火炙りの刑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火刑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS