和の心とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 全国NPO法人 > 和の心の意味・解説 

特定非営利活動法人和の心

行政入力情報

団体名 特定非営利活動法人和の心
所轄 大阪府
主たる事務所所在地 茨木市彩都やまぶき三丁目11番4号
従たる事務所所在地
代表者氏名 阿部 学
法人設立認証年月日 2018/08/29 
定款記載され目的
この法人は、「和の心」をそなえた思いやりにあふれるまちづくり実現寄与することを目的とする。上記の目的のもと、安心して暮らせるまちづくりへの寄与観光推進イベントを通じコミュニケーションを図る所作り、防犯対策等、またはこれらの啓発活動を行う。これによって海外含めた観光客にとって魅力あるまた、地元住民にとって過ごしやすいまちづくり目指す。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

和の思想

(和の心 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 05:34 UTC 版)

和の思想(わのしそう)[1][2]、あるいは、和の精神(わのせいしん)[3]和の心(わのこころ)[4][5]とは、一部の(保守的な)知識人評論家思想家らが日本の精神文化・社会特性を説明するときに用いる用語、およびその用語を用いた日本の文化に関するナラティブ(日本人論)の一つである。「日本民族の精神文化の本質は、個の自律を重視する精神文化ではなく、集団の秩序と安寧、また礼儀と作法を重視した精神文化である。」といったものである。




「和の思想」の続きの解説一覧

和の心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 03:00 UTC 版)

ファイアーエムブレムif」の記事における「和の心」の解説

ターン開始時、周囲2マス以内味方がいる時、最大HP10%回復

※この「和の心」の解説は、「ファイアーエムブレムif」の解説の一部です。
「和の心」を含む「ファイアーエムブレムif」の記事については、「ファイアーエムブレムif」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「和の心」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「和の心」の関連用語

和の心のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



和の心のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2023 the Cabinet Office All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの和の思想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファイアーエムブレムif (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS