バイオミミクリーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > バイオミミクリーの意味・解説 

バイオミミクリー

英語:biomimicry

自然界生物有する構造機能模倣し、新し技術開発することを意味する語。「バイオミメティクス」とも言い、日本語では「生体模倣」や「生物模倣」と訳されることが多い。代表的な例として、「ハス」を模倣して作られた反発する素材や、「クモの糸」を模倣して作られた強靭繊維などを挙げることができる。

生体模倣

別名:生物模倣、バイオミミクリー、バイオミミックリー生物模倣技術生物模倣工学生物規範技術生物規範工学生体模倣技術生体模倣技術生体模倣工学生体規範技術生体規範工学
英語:bipomimicrbiomimetics

生体の組成形状研究し、その優れた機能工学技術として応用すること。またはそうして開発されたもの。「ミミクリー」(mimicry)は真似模倣擬態模造品などを意味する英語、「ミメティクス」(mimetics)は模倣物といった意味の英語。

 生物身体長い年月をかけて進化し、生息生存への最適化が行われている。そうした生体の機能研究し、模倣することで、従来製品よりも遥かに優れた効果効率性を得ることが可能になることは少なくない

生物模倣技術は、平たく言ってしまえば自然をお手本にする技術開発一環であると言えるしかしながら近年ナノテクノロジー進展によって超微細レベルでの観察および加工が可能になったことにより、生物模倣工学飛躍的進歩遂げつつある。

 生物模倣技術成果の例として、蓮の葉見られる微細密な凹凸再現優れた撥水力を得た素材などが挙げられる。この素材実用化され、撥水生地表面加工などに用いられている。

生体模倣を研究対象とする学問分野バイオニクス生体工学)とも呼ばれる
関連サイト
進化する生物模倣の世界 - 科学技術振興機構

生体工学

(バイオミミクリー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 01:08 UTC 版)

生体工学(せいたいこうがく、: bionics)は、科学的方法自然界にあるシステムを応用して工学システムや最新テクノロジーの設計や研究を行う学問領域である。アメリカ空軍の医師ジャック・E・スティール英語版1958年に提唱した。「bionics」の語源は、ギリシア語βίον生命体)に接尾辞 -ic(-的、-の方法で)が付いたもので、「生命体的」を意味する。 近い概念として、生体模倣(英: Biomimetics,Biomimicry)がある。




「生体工学」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バイオミミクリー」の関連用語

1
18% |||||

バイオミミクリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バイオミミクリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生体工学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS