生体模倣とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 生体模倣の意味・解説 

生体模倣

別名:生物模倣バイオミミクリーバイオミミックリー生物模倣技術生物模倣工学生物規範技術生物規範工学生体模倣技術生体模倣技術生体模倣工学生体規範技術生体規範工学
英語:bipomimicrbiomimetics

生体の組成形状研究し、その優れた機能工学技術として応用すること。またはそうして開発されたもの。「ミミクリー」(mimicry)は真似模倣擬態模造品などを意味する英語、「ミメティクス」(mimetics)は模倣物といった意味の英語。

 生物身体長い年月をかけて進化し、生息生存への最適化が行われている。そうした生体の機能研究し、模倣することで、従来製品よりも遥かに優れた効果効率性を得ることが可能になることは少なくない

生物模倣技術は、平たく言ってしまえば自然をお手本にする技術開発一環であると言えるしかしながら近年ナノテクノロジー進展によって超微細レベルでの観察および加工が可能になったことにより、生物模倣工学飛躍的進歩遂げつつある。

 生物模倣技術成果の例として、蓮の葉見られる微細密な凹凸再現優れた撥水力を得た素材などが挙げられる。この素材実用化され、撥水生地表面加工などに用いられている。

生体模倣を研究対象とする学問分野バイオニクス生体工学)とも呼ばれる
関連サイト
進化する生物模倣の世界 - 科学技術振興機構

バイオミメティクス

(生体模倣 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 08:38 UTC 版)

バイオミメティクス英語: Biomimetics)とは、「生物の構造や機能、生産プロセスを観察、分析し、そこから着想を得て新しい技術の開発や物造りに活かす科学技術」の意[1]。用語としては、1950年代にアメリカ合衆国の神経生理学者オットー・シュミット英語版が初めて使用した[1]


  1. ^ a b c 最相葉月「バイオミミクリーとはなにか」『理系という生き方 東工大講義 生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』ポプラ社、2015年。ISBN 978-4591147405
  2. ^ a b 谷田貝光克「第1章 自然に帰ろう 3.天然物の複雑な構造式は天からの貴重な授かりもの」『自然浴のすすめ』フレグランスジャーナル社、2017年。ISBN 978-4894792777
  3. ^ バイオミミクリーの提唱者が語る、生物模倣技術の過去・現在・未来. 事業構想大学院大学. https://www.projectdesign.jp/201304/mimi-bio-cree/000448.php. 
  4. ^ Vincent, Julian F. V.; Bogatyreva, Olga A.; Bogatyrev, Nikolaj R.; Bowyer, Adrian; Pahl, Anja-Karina (2006-08-22). “Biomimetics: its practice and theory” (英語). Journal of The Royal Society Interface 3 (9): 471–482. doi:10.1098/rsif.2006.0127. ISSN 1742-5689. PMID 16849244. http://rsif.royalsocietypublishing.org/content/3/9/471. 
  5. ^ DaytonDailyNews: Dayton, Ohio, news and information” (2011年6月4日). 2018年5月22日閲覧。
  6. ^ Francesca., Romei, (2008). Leonardo da Vinci. Sérgio., Ricciardi, Andrea., Ashley, Susan.. Minneapolis, MN: Oliver Press. ISBN 1934545007. OCLC 213812382. https://www.worldcat.org/oclc/213812382 
  7. ^ 1910-, Howard, Fred, (1998). Wilbur and Orville : a biography of the Wright brothers. Mineola, N.Y.: Dover Publications. ISBN 0486402975. OCLC 39085427. https://www.worldcat.org/oclc/39085427 
  8. ^ a b Vincent, Julian F.V; Bogatyreva, Olga A; Bogatyrev, Nikolaj R; Bowyer, Adrian; Pahl, Anja-Karina (2006-08-22). “Biomimetics: its practice and theory”. Journal of the Royal Society Interface 3 (9): 471–482. doi:10.1098/rsif.2006.0127. ISSN 1742-5689. PMC: PMC1664643. PMID 16849244. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1664643/. 
  9. ^ Otto H. Schmitt - Como History”. sites.google.com. 2018年5月22日閲覧。
  10. ^ Compact Oxford English dictionary of current English. Soanes, Catherine., Hawker, Sara. (3rd ed., revised ed.). Oxford: Oxford University Press. (2008). ISBN 9780199532964. OCLC 214305988. https://www.worldcat.org/oclc/214305988 
  11. ^ M., Benyus, Janine (1998, ©1997). Biomimicry : innovation inspired by nature (1st Quill ed ed.). New York: Quill. ISBN 0688160999. OCLC 39709676. https://www.worldcat.org/oclc/39709676 
  12. ^ Scientific American”. 2018年5月23日閲覧。
  13. ^ “Nature Knows Best | Qualcomm” (英語). Qualcomm. https://www.qualcomm.com/news/onq/2010/01/07/nature-knows-best 2018年5月22日閲覧。 
  14. ^ 光を反射しない蛾の目 - 東北大学大学院環境科学研究科ネイチャーテクノロジーデータベース
  15. ^ “蛾の目”を参考にしたフェイスシールド、シャープが発売 液晶パネルの技術活用、映り込み大幅減 - ITmedia
  16. ^ Bhushan, Bharat (2009-04-28). “Biomimetics: lessons from nature–an overview” (英語). Philosophical Transactions of the Royal Society of London A: Mathematical, Physical and Engineering Sciences 367 (1893): 1445–1486. doi:10.1098/rsta.2009.0011. ISSN 1364-503X. PMID 19324719. http://rsta.royalsocietypublishing.org/content/367/1893/1445. 
  17. ^ “The Biomimicry Institute - Examples of nature-inspired sustainable design” (英語). Biomimicry Institute. http://biomimicry.org/biomimicry-examples/#architecture 2018年5月22日閲覧。 
  18. ^ Determing Control Strategies”. 2018年5月23日閲覧。
  19. ^ Journal of the American Chemical Society. American Chemical Society (ACS). https://doi.org/10.1021/issn.0002-7863 
  20. ^ Ahn, B. Kollbe; Das, Saurabh; Linstadt, Roscoe; Kaufman, Yair; Martinez-Rodriguez, Nadine R.; Mirshafian, Razieh; Kesselman, Ellina; Talmon, Yeshayahu et al. (2015-10-19). “High-performance mussel-inspired adhesives of reduced complexity” (英語). Nature Communications 6 (1). doi:10.1038/ncomms9663. ISSN 2041-1723. http://www.nature.com/articles/ncomms9663. 


「バイオミメティクス」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生体模倣」の関連用語

生体模倣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



生体模倣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバイオミメティクス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS