トリビュートとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > トリビュートの意味・解説 

トリビュート【tribute】

読み方:とりびゅーと

感謝賞賛尊敬などの気持ちを表すしるし。賛辞捧げ物。「—アルバム」「—作品


トリビュート

英語 Tribute

2000年10月発表したライトクロカン・モデル。車名のトリビュートは、感謝証として捧げるもの、賛辞、を意味する英語に由来し、「マツダ創造性および技術力お客様捧げアクティブなライフスタイル実現寄与するという思い込めて命名したものという。

ライトクロカンとしては後発であることから、広い室内相対的に安価なこと、優れたハンドリングなどが開発テーマ選ばれたフォードとの共同開発プロジェクトで、共通プラットフォームをもつ最初のクルマフォードモデル名はエスケープ。そのエスケープとはエンブレムが違うだけでなく、ルックスなどを含め別のクルマ仕上がっている。つまり、アッパーボディのデザイン異なりエンジントランスミッションフォードボディ足まわりマツダという担当分け結果できたクルマだった。

エンジン直4・2LとV6・3Lの2種。ロータリーカップリング式の4WD車がメインで、FF2WD車は2Lの1モデルだけ。4WDにはロック機構付いているので、悪路走破性は高い。

大きさ全長4395mm、全幅1790~1825mm、全高1750~1760mm。背の高い5ドアSUVである。バックドアガラスハッチ付き荷物出し入れには便利。価格1798000円~2548000円。定員5名。

2001年5月V6・3Lエンジン搭載2WDモデル追加した同時に4WDモデル本革シートクロムめっきアルミホイール採用したGL-XLパッケージ設定続いて11月ボディカラー変更インテリアブラック化、シート地変更、新メーターパネル採用などがあった。

トリビュート

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/09/03 07:01 UTC 版)

トリビュート



トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/26 15:52 UTC 版)

COLOR (ロックバンド)」の記事における「トリビュート」の解説

妃阿甦 with Ra'S TESTARS『回顧録第五章-』(2009年8月26日妃阿甦COLOR楽曲カバーした4曲入りCD

※この「トリビュート」の解説は、「COLOR (ロックバンド)」の解説の一部です。
「トリビュート」を含む「COLOR (ロックバンド)」の記事については、「COLOR (ロックバンド)」の概要を参照ください。


トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/04 23:45 UTC 版)

第50回アカデミー賞」の記事における「トリビュート」の解説

サミー・デイヴィスJr.マーヴィン・ハムリッシュは以下の8名に捧げるため"Come Light the Candles" を演奏したリチャード・カールソン ゼロ・モステル ピーター・フィンチ ジョーン・クロフォード ビング・クロスビー エルヴィス・プレスリー グルーチョ・マルクス チャールズ・チャップリン

※この「トリビュート」の解説は、「第50回アカデミー賞」の解説の一部です。
「トリビュート」を含む「第50回アカデミー賞」の記事については、「第50回アカデミー賞」の概要を参照ください。


トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 10:46 UTC 版)

サンディ・デニー」の記事における「トリビュート」の解説

デニー死後多数デニーへのトリビュートが音楽と、それ以外作られたフェアポート・コンヴェンションのデイヴ・ペッグ(英語版)は、自身の1983年ソロアルバム The Cocktail Cowboy Goes It Alone にトリビュート曲 "Song for Sandy" を録音したストローブスのデイヴ・カズンズ(英語版)は、デニー死後すぐにデニー偲んで "Ringing Down the Years" を作った。よりデニー死に特化した楽曲としては、バート・ヤンシュの "Where Did My Life Go" や、リチャード・トンプソンの "Did She Jump or Was She Pushed?" がある。ブリテッシュ・フォーク仲間のスプリガンズ(英語版)は、レコーディング中にデニー訃報接した1978年アルバムのタイトルMagic Lady へと変更した1998年ワスレグサ品種サンディ・デニーにちなん名付けられた。 デニー楽曲は、死後何年にもわたって数多くアーティストカバーされた。デニー音楽特筆すべきカバーにはヨ・ラ・テンゴ自身のソロアルバム Songs from the Mirror で「ソロ」をカバーしたマリリオンフロントマンであるフィッシュキャット・パワージュディ・コリンズ、ナンシー・グリフィス(英語版)およびニーナ・シモンなどがある。ケイト・ブッシュは "Blow Away (For Bill)" の歌詞の中でデニー天国ビル出迎えミュージシャン一人して言及している。同曲はブッシュ1980年アルバム、『魔物語』の3曲目納められている。1984年、クラン・イーデアはフィル・ライノットボーカル迎えてシングル "A tribute to Sandy Denny" をリリースした。 BBC Radio 2(英語版)の The Sandy Denny Story: Who Knows Where the Time Goes などの、いくつもデニー生涯音楽についてラジオ特番製作された。2007年デニー楽曲時の流れを誰が知る」がBBC Radio 2の2007年フォーク・アウォードで「史上最高のフォーク曲」を受賞した2010年デニーNPRの特別シリーズ50 Great Voices選出された。 2008年4月ロンドントルバドール英語版)で、デニー死後30年記念してトリビュートコンサートがもよおされた。このコンサートにはマーティン・カーシー、リンダ・トンプソン (歌手)(英語版)、ジョー・ボイド英語版)などが参加した。 その翌年12月に、ベロウヘッド(英語版)のメンバー構成されるバンドとともにThe Lady: A Tribute to Sandy Denny題したより大規模なトリビュートがサウスバンク・センターのクイーン・エリザベス・ホール(英語版)で開催され、ジム・モレイ(英語版)やリサ・ナップなどの若いフォークアーティストが、デイヴ・スウォーブリックジェリー・ドナヒューなどのデニー一緒に働いていたミュージシャンとともに参加したこれらの公演にはフォークジャンル以外からもPPアーノルド英語版)やマーク・アーモンドなどが参加した主としてデニーによって作られた曲をフィーチャーしたこのコンサートは、ザ・ガーディアン紙のレビューで星4つ受けた2012年5月にサウスバンク・コンサートは The Lady: A Homage to Sandy Denny題されて、8回公演全英ツアー拡大された。このツアーは、フェアポート・コンヴェンションフォザリンゲイソロ活動およびティア・ギルモアアルバム Don't Stop Singing完成させた曲の総合的なソングブックの展示となっていた。 バンドは再びベロウヘッドのメンバー構成されていた。その他に上述ティア・ギルモアをはじめ、トレンブリング・ベルズ(英語版)のラヴィニア・ブラックウォール、ブレア・ダンロップ(英語版)とサム・カーター英語版)などの新進気鋭のフォーク・アーティストや、マディ・プライヤーデイヴ・スウォーブリックおよびジェリー・ドナヒューといった著名なフォーク・スターが出演していた。さらにグリーン・ガートサイト(英語版)、ジョーン・ワッサー(英語版)(ジョーン・アズ・ポリス・ウーマンとして知られる)やPPアーノルドといった、普段はフォーク・シーンに関わらない出演者参加していた。このツアー好評博しタイムズ紙では星4つレビュー獲得したバービカンでのロンドン公演BBC4向けに録画され、The Songs of Sandy Denny題された90分の番組として、2012年11月放送された。 2012年アイルランド映画 Silenceハーベスト映画およびサウス・ウィンド・ブロウズ)では「時の流れを誰が知る」が劇中エンドクレジット使用されている2016年4月デニーBBC2フォーク・アウォードの殿堂入り果たした。 アレラ・ダイアン(英語版)は2018年2月リリースされアルバム Cusp でトリビュート曲 "Song for Sandy" を録音した。この曲ではデニー悲劇的な最後の日々と、孤児になった赤ん坊だった娘が反映されている。

※この「トリビュート」の解説は、「サンディ・デニー」の解説の一部です。
「トリビュート」を含む「サンディ・デニー」の記事については、「サンディ・デニー」の概要を参照ください。


トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 23:43 UTC 版)

THE NOVEMBERS」の記事における「トリビュート」の解説

NEVERMIND TRIBUTE』(2012年4月4日10Stay Away」で参加。 『dip tribute 〜9faces〜』(2012年6月6日03human flow」で参加。 『エレファントカシマシ カヴァーアルバム2 〜A Tribute to The Elephant Kashimashi〜』(2013年12月18日10月夜の散歩Chara × THE NOVEMBERS参加。 『hide TRIBUTE Rock SPIRITS-』(2013年12月18日08DOUBT」で参加。 『Yes, We Love butchers 〜Tribute to bloodthirsty butchersMumps』(2014年1月29日1011月」で参加。 『The Broccasion -music inspired by BACK DROP BOMB-』(2014年6月11日09「MASTADABESTAH」で参加。 『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』(2017年9月6日11「アンドロメタモルフォーゼ」で参加

※この「トリビュート」の解説は、「THE NOVEMBERS」の解説の一部です。
「トリビュート」を含む「THE NOVEMBERS」の記事については、「THE NOVEMBERS」の概要を参照ください。


トリビュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 17:56 UTC 版)

マイ・ウェイ」の記事における「トリビュート」の解説

マイ・ウェイ」はイギリスで最も葬儀演奏される曲である。 ドイツの元首相ゲアハルト・シュレーダーは、アンゲラ・メルケル首相就任前である彼にとって最後の軍の壮行で、この曲の演奏要請した

※この「トリビュート」の解説は、「マイ・ウェイ」の解説の一部です。
「トリビュート」を含む「マイ・ウェイ」の記事については、「マイ・ウェイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「トリビュート」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

トリビュートのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



トリビュートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトリビュート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのCOLOR (ロックバンド) (改訂履歴)、第50回アカデミー賞 (改訂履歴)、サンディ・デニー (改訂履歴)、THE NOVEMBERS (改訂履歴)、マイ・ウェイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS