シリコンサイクルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > シリコンサイクルの意味・解説 

シリコン‐サイクル【silicon cycle】

読み方:しりこんさいくる

半導体市場の好不況の波。


シリコンサイクル

半導体メモリのほかの用語一覧
技術・産業:  論理演算  正論理  ジョセフソン素子  シリコンサイクル  スループット  TTL  ダイサイズ

ムーアの法則

(シリコンサイクル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/22 02:32 UTC 版)

ムーアの法則(ムーアのほうそく、: Moore's law)とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。発表当時フェアチャイルドセミコンダクターに所属しており後に米インテル社の創業者のひとりとなるゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。


  1. ^ Cramming more components onto integrated circuits | 102770822 | Computer History Museum 2020年3月11日閲覧
  2. ^ Excerpts from A Conversation with Gordon Moore: Moore's Law (PDF)”. Intel Corporation. pp. 1 (2005年). 2012年10月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年3月2日閲覧。
  3. ^ NY Times article 2005年4月17日
  4. ^ 「ムーアの法則は終わった」、NVIDIAのCEOが言及 EEtimes Japan(2017年6月5日)2017年6月5日閲覧
  5. ^ この熱のために4.3GHz以上の速度で高信頼性のCPUを提供するのはほとんど不可能になった。
  6. ^ Manek Dubash (2005年4月13日). “Moore's Law is dead, says Gordon Moore”. Techworld. 2006年6月24日閲覧。
  7. ^ Ray Kurzweil (2001年3月7日). “The Law of Accelerating Returns”. KurzweilAI.net. 2010年6月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月24日閲覧。
  8. ^ Moore's Law at 40 - Happy birthday”. The Economist (2005年3月23日). 2006年6月24日閲覧。
  9. ^ 半導体開発の「ムーアの法則」は限界かウォール・ストリート・ジャーナル2015年4月18日
  10. ^ Matthew Broersma (2006年6月24日). “Intel, Aberdeen attack AMD speed ratings”. ZDNet UK. 2006年6月24日閲覧。
  11. ^ New life for Moores Law”. CNET News.com (2006年4月19日). 2012年7月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月24日閲覧。
  12. ^ Chilly chip shatters speed record”. BBC Online (2006年6月20日). 2006年6月24日閲覧。
  13. ^ Georgia Tech/IBM Announce New Chip Speed Record”. Georgia Institute of Technology (2006年6月20日). 2006年6月24日閲覧。


「ムーアの法則」の続きの解説一覧

シリコンサイクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 03:53 UTC 版)

Dynamic Random Access Memory」の記事における「シリコンサイクル」の解説

現在ではメモリ半導体メーカー各社は、パーソナルコンピュータ需要拡大する時期新しWindows OS製品登場するときなど)に合わせて量産体制拡大している。一方過去には「シリコンサイクル」と呼ばれるサイクルが、半導体業界景気の好不況循環主導してきた。パーソナルコンピュータ需要拡大等でメモリ製品不足すると、価格上昇するメモリ半導体メーカーは、上昇した価格旺盛なメモリ製品への需要に基づいて将来への投資といった経営判断下し生産設備への拡大投資決定する。このとき、1社が生産設備拡大を行うだけでなく、ほとんど全てのメモリメーカーが生産設備拡大するので、生産ライン完成して量産移行する頃には需要拡大は既に終わっており、各社生み出す大量のメモリ製品がほとんど同時期市場あふれて価格暴落するこういったサイクル過去に数回繰り返してきたため、日本の総合家電メーカーのように多くの企業は、度々訪れ莫大な赤字耐え切れず半導体ビジネスから撤退していった。このような経緯から、1990年代中期以降生き残ったDRAMメーカー各社は、過去の失敗参考に将来需要予測に対して細心の注意を払いながら設備投資行い、かつ価格操作供給コントロールを行うことで、シリコンサイクルが起こらないように努めてきた。

※この「シリコンサイクル」の解説は、「Dynamic Random Access Memory」の解説の一部です。
「シリコンサイクル」を含む「Dynamic Random Access Memory」の記事については、「Dynamic Random Access Memory」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シリコンサイクル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シリコンサイクル」の関連用語

シリコンサイクルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シリコンサイクルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシリコンサイクルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムーアの法則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのDynamic Random Access Memory (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS