地球温暖化に関する動きの歴史とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 地球温暖化に関する動きの歴史の意味・解説 

地球温暖化に関する動きの歴史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/26 08:57 UTC 版)

地球温暖化のリスクが一般に認知され始めたのは1980年代の末である。しかし地球温暖化に対する懐疑論や、緩和策の費用対効果を疑問視する意見などにより、実際に削減義務を伴う対策が始まるまでに多くの議論が行われた。 温暖化が「疑う余地がない」(AR4)とのコンセンサスを得て、対策の必要性が広く認識されるまでに約20年間の時間を要した。




  1. ^ 1-3.CO2の排出 CO2の削減 知ってますか 地球の変化
  2. ^ 地球温暖化研究の最前線 ~わかっていること、いないこと~ 原沢英夫、国立環境研究所 公開シンポジウム2004
  3. ^ 「地球温暖化」の歴史 深澤理郎、
  4. ^ パンスペルミア説を尋ねて 酒井均
  5. ^ 海洋酸性化の脅威 S.C.ドニー、日経サイエンス2006年6月号
  6. ^ Global cooling ウィキペディア英語版
  7. ^ 温室効果の基本 増田耕一、環境気象学、東京農工大学
  8. ^ Paul Erhlich on climate change in 1968
  9. ^ 「地球寒冷化」は地球温暖化と対比される中で生まれた用語であり、当初からこう呼ばれていたわけではなかった。
  10. ^ IPCC第三次評価報告書~第一作業部会報告書 気候変化2001 科学的根拠 政策決定者向けの要約(気象庁訳)
  11. ^ Position Statement(AAPG)
  12. ^ Petroleum Geologists Award to Novelist Crichton Is Inappropriate (AGU)
  13. ^ 参考:en:Scientific opinion on climate change
  14. ^ 『日本・世界の再生』・世界は今 地球温暖化防止とマーケット(その1) 江澤 誠,World Reader
  15. ^ 4.第1回締約国会議(COP1)ベルリン(ドイツ),5.第2回締約国会議(COP2)ジュネーブ(スイス) 気候フォーラム97 国際会議での各国の動きとNGOの動き
  16. ^ 主要排出国会議 2050年に半減目指す、日本案軸に検討へ (IZA、2007年9月29日の報道)
  17. ^ 読売新聞、2007年12月16日の社説
  18. ^ 毎日新聞、2007年12月15日の報道
  19. ^ 毎日新聞、2007年12月14日の報道(会議での演説において、アル・ゴアが母国である米国を「最大の障害」として批判した)
  20. ^ 読売新聞、2007年12月5日の報道(日本がNGO連合CANによる「化石賞」の上位を独占した)


「地球温暖化に関する動きの歴史」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地球温暖化に関する動きの歴史」の関連用語

地球温暖化に関する動きの歴史のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

山国川

オールド・アムステルダム

菱苦土石

大腿骨

道路橋床版防水工法

知床硫黄山

FM NEW 7

96式装輪装甲車





地球温暖化に関する動きの歴史のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地球温暖化に関する動きの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS