ゾウとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > ゾウの意味・解説 

ゾウ

作者マルセル・エーメ

収載図書おにごっこ物語改版
出版社岩波書店
刊行年月1988.2
シリーズ名岩波少年文庫


読み方:ゾウ(zou

所在 静岡県静岡市清水区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ゾウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/27 01:16 UTC 版)

ゾウ)は、哺乳綱ゾウ目(長鼻目)ゾウ科の総称である[2][3]




[ヘルプ]
  1. ^ a b -formes(型)と-morpha(形)の訳し分けは、日本哺乳類学会種名・標本検討委員会 目名問題検討作業部会による。分類階級を割り当てる場合は「ゾウ亜目」「ゾウ下目」等とするのが普通。
  2. ^ Shoshani, Jeheskel; et al. (2007), “A proboscidean from the late Oligocene of Eritrea, a “missing link” between early Elephantiformes and Elephantimorpha, and biogeographic implications”, PNAS 104 (4), http://www.pnas.org/content/103/46/17296.full.pdf 
  3. ^ 齋藤勝「ゾウ[リンク切れ] - Yahoo!百科事典
  4. ^ キサの語源については諸説がある。また秋田県には「象潟」(きさかた)という地名があるが平安時代までは「蚶方」と書かれていたので、象潟は後世の当て字である。
  5. ^ 亀井節夫 『日本に象がいたころ』 岩波新書 p95
  6. ^ Painting Elephant - YouTube
  7. ^ 「ファイト日本」子ゾウも被災者にエール”. 読売新聞 (2011年4月5日). 2011年8月3日閲覧。
  8. ^ Shoshani, Jeheskel (1998), “Elephantidae phylogeny: morphological versus molecular results”, Acta Theriologica, Suppl. 5: 89–122, http://rcin.org.pl/ibs/Content/12829/BI002_2613_Cz-40-2_Acta-T42-Supp5-89-122_o.pdf 
  9. ^ Thomas, Mark G.; et al. (2000), “Molecular and morphological evidence on the phylogeny of the Elephantidae”, Proc R Soc Lond B, doi:10.1098/rspb.2000.1310, http://abacus.gene.ucl.ac.uk/ziheng/pdf/2000ThomasRS2493.pdf 
  10. ^ a b Barriel, V.; et al. (1999), “Molecular phylogeny of Elephantidae. Extreme divergence of the extant forest African elephant”, C R Acad Sci III 322 (6): 447–54, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10457597 
  11. ^ Debruyne, Régis (2003), “Mitochondrial cytochrome b of the Lyakhov mammoth (Proboscidea, Mammalia): new data and phylogenetic analyses of Elephantidae”, Molecular Phylogenetics and Evolution 26 (3): 421–434, http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1055790302002920 
  12. ^ Rogaev, Evgeny I; et al. (2006), “Complete mitochondrial genome and phylogeny of Pleistocene mammoth Mammuthus primigenius”, PLoS biology 4, ISSN 1545-7885, http://www.plosbiology.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pbio.0040073 
  13. ^ Nadin, Rohland; et al. (2010), “Genomic DNA Sequences from Mastodon and Woolly Mammoth Reveal Deep Speciation of Forest and Savanna Elephants”, PLoS biology 8 (12), doi:10.1371/journal.pbio.1000564, PMID: 21203580, http://www.plosbiology.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pbio.1000564 
  14. ^ アフリカゾウは1種ではなく2種、遺伝子研究で判明 2010年12月22日 ロイター
  15. ^ 池谷和信編著 『ボツワナを知るための52章』 明石書店 2012年 42-43ページ
  16. ^ 「大自然が売りもの」根本利通/「タンザニアを知るための50章」p134-135 栗田和明・根本利通編著 明石書店 2006年7月10日初版第1刷
  17. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3049925 「モザンビークの野生ゾウ、密猟で半減」 AFPBB 2015年05月27日 2015年7月11日閲覧
  18. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.251
  19. ^ BBC News SCI-TECH Elephant birth first in USBBC News,2000年3月7日(英語)
  20. ^ 「宝石の写真図鑑」p. 146 キャリー・ホール著 日本ヴォーグ社 1996年3月1日第1刷
  21. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.252
  22. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.251
  23. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3052073 「ゾウのふんから集めた超高級コーヒー、そのお味は?タイ」 AFPBB 2015年06月18日 2015年7月12日閲覧
  24. ^ 「コロッセウムから読むローマ帝国」pp75-76 講談社選書メチエ 島田誠 1997年7月10日第1刷
  25. ^ 高根務『ガーナ 混乱と希望の国』p.146, アジア経済研究所、2003年11月7日 ISBN 978-4258051045
  26. ^ 『スーパービジュアル版早わかり日本史』108頁。
  27. ^ 藤田覚『大江戸世相夜話』(中央公論新社(中公新書)、2003年)126-130頁
  28. ^ サンスター文具 NEW アーム筆入



ゾウ

出典:『Wiktionary』 (2011/07/20 13:15 UTC 版)

名詞

ゾウ

  1. 哺乳類一種である学術的表記




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゾウ」の関連用語

ゾウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

田辺一郎

STS-32

ルドルフ・カラツィオラ

木和田川砂防五号堰堤

平型プラグ

木材チップ船

アイボリーマイカルタ

帯祝い





ゾウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゾウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのゾウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS